こんなアトラクションどうでしょう?!/ How about this kind of Attraction?!

Japanese Title (邦題): 「こんなアトラクションどうでしょう?!」末尾に

 

How about this kind of Attraction?!

Good morning to the World and Kanmon!

Since we started this service, moon take-away has gotten good reputation.

20180430moon01

Full moon of course, guests like crescent moon too.

20180430moon02(Pictures are full moon on April 30 night, early morning of May.1.)

Thank you and you have a nice and fulfilled day,

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

こんなアトラクションどうでしょう?!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

始めて以来、結構好評の月のお持ち帰り。

20180430moon01

満月はもちろん、結構三日月も人気です。

20180430moon02(画像は4/30深夜、5/1未明の満月です。)

それでは、どうぞまん丸に満たされる素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

女と男とを「シッカリつなぎ留める」のに、超オススメ!/ Most Recommended Valentine Gift! To Hold F & M tight.

Japanese Title (邦題): 「 女と男とを「シッカリつなぎ留める」のに、超オススメ!」末尾に

 

Most Recommended Valentine Gift! To Hold F & M tight.

Good morning to the World and Kanmon! (PG16)

It is the St. Valentine’s Day, today.

We talked with guests about the day.

boltchoco00

According to them, Valentine’s Day’s custom in Korea is very similar to that in Japan. Girls give gift (chocolate) to boys. On the contrary, that of China is similar to the U.S.. Mainly Boys give gift (flower or sweet) to girls.
(The reason why Korean one is similar to Japanese one may be the existence of one big sweets company. Or may be because of Confucian teach.)

As I am curious about difference of Valentines day custom in Asian countries, since I was shocked seeing bunch of flowers with big balloons sent from males to females during my staying in the U.S..

Nowadays, even in Japan, running the top against international Valentine day standard, boys start utilizing Valentine day under social advancement of women. But unfortunately (for both), attractive men in both income and personality have reduced to quite few. Girls have no longer interests in boys and started buying chocolate for their female friends or for themselves.

By the way, there is super recommended gift here in Kitakyushu, for such Valentine Day.

Actually, there have been the sweet souvenir, but I have never touch/eat it, because we only give them to someone not for ourselves. But since my friend bought one for me and I see/eat it, I keep recommending our guests when they ask us advice for finding souvenir.

boltchoco01

Bolt and Nut are OSU and MESU in JIS standard. They are called as Male and Female in International ANSI standard. This chocolate hold both quite tight. Don’t you think that this is perfect gift for the Valentine Day?

boltchoco02

How about this “Chocolate Bolt” for both male and female to hold your parter’s heart?
( Sorry for the people who are transgender yet. The company must develop “Full Thread” chocolate for diversity. No, you should not search the word.)

Thank you and you have a nice day, with your perfect partner or soul mate.

P.S. For the people who don’t have real partner, it may be a good idea to use this Chocolate Bolt instead of “Pocky Game”.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

女と男とを「シッカリつなぎ留める」のに、超オススメ!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。 (以下、PG16)

今日は St. Valentine’s Day 。

バレンタイン・デーについて、ゲストとそれぞれのお国事情が話題になりました。

boltchoco00

それによると東アジアでの扱いは、韓国は日本と同じく「女が男にチョコ等のプレゼントを渡す日」となっていて、中国では比較的アメリカに近く「どちらかと言えば、男が女にプレゼントする日」という扱いのようです。
(韓国と日本とが、世界基準?とは逆行していて似ているのは、ある巨大お菓子会社の存在かもしれません。もしかしたらある時期両国で尊重された「儒教」の存在のせいかもしれません。)

こんな話題になったのも、海外駐在時代、日本の慣行と、アメリカでのそれとがあまりにも違っていたので、アジアではどうなのかなと興味があったからです。

国際標準に逆行して突っ走ってきた日本も、女性の社会進出で今や事態一変。つなぎ止める手段として、男がバレンタインを利用する時代になりそうな感があります。ただ不幸なことに、収入面でも、人間性でも「魅力ある男性」が減ったことで、女性視線で「友に」「自分に」贈るスタイルも増えてきているようです。

さて、そんなバレンタインに超オススメのチョコレートがここ北九州にあります。

実は以前からあったのですが、地元のお土産品を自分が食べることが無く、買うことはあっても実物に触れることがありませんでした。最近、後輩が買ってきてくれたことで、その実物に感動、今やゲストにもイチ推しで勧めています。

boltchoco01

「ボルト」と「ナット」、日本製造業界(JIS基準)では「オス」と「メス」、国際的に見ても(ANSI基準)「Male」と「Female」、、、その両方を「シッカリと結合する」チョコレート!まさにバレンタインにピッタリのギフトでは?

boltchoco02

男性にも、女性にも、パートナーの心を「しっかりつなぎ止める」小道具としていかがでしょう?
(トランスジェンダーの方にはスミマセン。チョコメーカーさんは多様性に対応して「全ネジ」チョコを開発すべきでしょう。あ、くれぐれも検索しないように。)

それでは、どうぞ世界にひとりのパートナー・ソウルメイトと素敵な一日を!

P.S. パートナー不在の人には、バレンタインの恋人探しのイベントの際、「ポッキーゲーム」の代わりにも使えるかもしれません。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

こんなお土産もらうと うれしいよねっ!/ Special Souvenir (OMIYAGE) of Surprise!

Japanese Title (邦題): 「こんなお土産もらうと、うれしいよねっ!」末尾に

 

Special Souvenir (OMIYAGE) of Surprise!

Good morning to the World and Kanmon!

It is NOW, starting of OBON holidays, in Japan.

With the word of “OBON holidays”,
Japanese imagine going back to hometown, which is “KISEI”.
With the word of “KISEI”,
Japanese imagine “OMIYAGE” ( = souvenir, gift )
Yes, this article is about “OMIYAGE”.

There is special OMIYAGE which surprised me a lot.

We aren’t surprising at “What kind of OMIYAGE”, but
We are surprising at “Who bring these OMIYAGE”.

Our guests came to stay here, have brought OMIYAGE to us.
( Photo is a part of that. )

omiyage01

I could not imagine that hostel is getting OMIYAGE,
before we opened TOUKA here.

I am not bragging about getting there OMIYAGE.
I want to announce to our future guest
not to think bringing OMIYAGE here.

In past, we received these OMIYAGE with feeling of thanks.
Because our precious guest brought them here crossing boarder line.
But we cannot consume this many only in TOUKA.
So we have shared these with neighbor people,
to whom we/guests made trouble with
from whom we/guests got supported to recover troubles.

Now I am preparing to pack some of them to share
“happy feeling” of our guests to the earthquake victims in TOHOKU,
with whom I have been contacting since the Great East Japan Earthquake.

We are really appreciating to the warm hearts of our guests.
Again, we thank to the hearts.

By the way, I have tried some of OMIYAGE here.
It is dangerous taste for me to eat more cups of rice with these.

omiyage02

With remembering the faces and kind heart of the guest,
I am eating and packing them to share their kindness.

Thank you and you have a nice day of going hometown, with fine OMIYAGE in your hands.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

こんなお土産もらうと、うれしいよね!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

さあ、日本ではお盆休みの始まりです。

お盆といえば、帰省。
帰省といえば、お土産。
そう、そんな「お土産」の話です。

実は、、、「もらって驚くお土産」があるんです。

「どんな」お土産かを驚くのではなく、、、
「誰に」もらうかを驚くお土産です。

なんと「灯火」に泊まりに来ているゲストの皆さんからお土産をいただくのです。
(画像にあるものはごく一部です。)

omiyage01

宿屋を始めるまでは、お土産を持って帰っていただくことはあっても、
お客様からお土産をいただくことなど、想像すらしていませんでした。

自慢しているのではありません。
ウチのようなゲストハウスに泊まりに来るのに、
どうぞお気遣いなくとお伝えしたいのです。
この記事を見られた未来のゲストさんはどうぞ気にしないでください。

で、お土産ですが、わざわざ国境を越えて持ってきていただくので、
本当に有難くいただいているのですが、
ここだけでは消費しきれないので、
宿屋を営むなかで、ご迷惑をかけたりすることのあった地域の人に
お裾分けするようにしています。
また東日本大震災以来、お付き合いのある被災地のお年寄りにも
ゲストの皆さんからのエネルギー・元気のお裾分けをしようと準備中です。

お土産を持ってきていただくなど、本当にありがとうございました。
この場を借りて、あらためてお礼申し上げます。

で、お土産、、、ココでいただくこともあるわけですが、
ゲストハウス食材としては、かなりヤバいです。
これだけで何杯もいけそうです。

omiyage02

いただいた方のお顔やまごころを思い出しながら、
ほおばったり、お裾分けにと詰めたりしています。

それでは、どうぞお土産を手に、楽しい帰省、素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ