けっしてカジノではないっ!/ The Happiest Moment!

Japanese Title (邦題): 「けっしてカジノではないっ!」末尾に

 

The Happiest Moment!

Good morning to the World and Kanmon!

As our guests who check out yesterday left perfect wonderful smile, we want to share that with you.

The guests are two Korean guys.
They looked around Kokura, Mojiko, and Hakata and Holiday Monday, yesterday, was the last day of their 3-day-trip.

But they seemed nervous yesterday morning.
They came down to this reception, saying “we want your advice”.

According to them, they found out that one guy lost his wallet in Saturday midnight.
After check-out, they were planning to board on the flight 14:00.
There was not only cash, but also license and many credit cards in his lost wallet.

First of all, I made them to take it easy and hear the situation how he lost his wallet. I explained them that most possible place to get wallet returned is police and we went together to the Police Department Office in Moji quickly.

When we arrived at Police Department and started to explain “They are guests from Korea and yesterday night they lost …”, police officers said “That must be …”.

Yes, his lost wallet was already delivered to the police department!

wallet01

Guest’s face with full of worries changed to happy smily face immediately.

wallet02

They both kept saying each other “This is the Happiest Moment of this trip” and “Kitakyushu is the most wonderful place to visit.”

 

I have felt since I started this business.

What has kept fascinating foreign tourist heart in Japan is honest, faithful and heart-warming character of local people, as well as traditional sightseeing spots. When they really felt it through real experience, they got highest impression of Japan.
(In their case, it was more impressive than any Japanese grommet foods.)

Such precious experiences have been spread to the world through human relations with the power of internet/SNS. That information distributed to many people who have never been to Japan, stimulated their curiosity and made them to visit this country.

Sales point that any other country cannot imitate Japan is such “special commonsense and conscience of Japanese”. It never be the Casino which current government want to imitate from other countries.
(Casino is the system which makes more unhappy people than happy people. Why they want to establish new Casino law in Japan may be that his wife or their friends want to start Casino business in SAR.)

Thank you and you have a wonderful day, which resonates to your heart not to your money.

P.S. The guy who return his wallet in the picture was the policeman, who is in charge to instruct safety to us and the one of the big supporter of TOUKA.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

けっしてカジノではないっ!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

昨日チェックアウトされたゲストさんが、最高の笑顔を残していってくれたので、おすそ分けしたいと思います。

そのゲストはイケメン韓流男子 二人組。
小倉、門司港、博多と結構グルメな旅行をされたようで、昨日祝日の月曜日チェックアウトの朝を迎えられました。

ところが朝からそわそわした様子。
「相談があるんだけど」と受付にやって来ました。

聞けば、昨晩遅くに財布を落としたということに朝になって気付いたとのこと。
チェックアウト後、帰国のフライトは同日14:00。
財布の中には、現金だけでなく、免許やクレジットカードまで入っていたそうです。

まあ、落ち着いてとなだめてから、落とした状況を聞き、一番見つかる可能性が高いのが、門司警察署にいくことだろうと判断して、説明。すぐに二人と警察署に向かいました。

署内受付に「韓国人のゲストが昨日の深夜、、、」と話し始めたら、即「もしかしたら」との反応。

そう、財布は深夜のうちに警察に届けられていたのです!

wallet01

心配でたまらなかった彼らの表情は、みるみるうちに最高の笑顔に。

wallet02

口々に「今回の旅行で最高の瞬間だ!」「北九州は最高の旅行先!」と何度も言い合っていました。

 

さて、この仕事をしていて常々感じてます。

外国人観光客の心を捉えてやまないのは、伝統的な観光地のみならず、にっぽんの地方に住む人の律儀で誠実でまごころ溢れる国民性であり、実体験を通じてそれを垣間見た時に最高の感動を得ているということです。(彼らの場合、どんな日本グルメよりも感動したようです。)

こうした最高の体験は日々口コミ・ネットで拡散し、日本のイメージを高め、まだ日本に来たことのない人達の興味をそそり、結果としてさらなる観光客の来日につながっているようです。

他国には真似のできない集客の鍵は、そうした良質の「ニッポンの常識・良心」であって、けっして政府与党が強行採決しようとしている「ひと真似のカジノ」ではないということです。
(カジノは良い思いをする人以上に、後悔する人の割合が確実に多いシステム。もしかしたらご婦人かご友人が特区でカジノホテルを開業したがっている、ご子息をカジノで採用してもらいたいのかもしれませんね。)

それでは、どうぞ金銭ではなく、ココロに響く素敵な一日を!

P.S. ちなみに、なくした財布を手渡している警察官。たまたまですが、当宿「灯火」の安全・警備指導担当をしていただいているイケメン警察官です。

*本来、当宿はそれが本来の目的ではないことからゲスト画像は掲載しないのですが、旅行者と日本人にとって良いエピソードであることから、ゲストの承諾を得て掲載しました。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

たとえ生活がダウンシフトしても、お金をかけるモノ!/ Important Gear to travel/live in Kanmon!

Japanese Title (邦題): 「たとえ生活がダウンシフトしても、お金をかけるモノ!」末尾に

 

Important Gear to travel/live in Kanmon!

Good morning to the World and Kanmon!

Since the beginning of spring this year, there has been severe changes in temperature in Japan.

More warm days than cold days and summer shorts are necessary for us in TOUKA.

Foot gear must be:

flipflops01

Yes, flip-flops!*
(*They are called as beach sandals in Japan.)

It is very convenient for us to wear flip-flops when we cleaning guesthouse and drying our futons for the next guests.

Yes, this is our COOL BIZ in TOUKA.
I keep wearing them as our formal setting, even when I first welcome our guests for check-in.

But you had better not to wear cheap sandals.
This flip-flops cost more than leather shoes which young business men.

In the coming season, flip-flops may be good for our guests who walk around sightseeing spots, such as seaside Mojiko and Shimonoseki.

We want our guests to bring their favorite flip-flops in their luggages.

Thank you and you have a nice comfortable day, keeping your feet cool.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

たとえ生活がダウンシフトしても、お金をかけるモノ!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

日本ではこの春から気温の乱高下が続いています。

どちらかといえば、気温の高い日の方が多くて、灯火ではすでに半ズボンが欠かせません。

では、足元は、、、

flipflops01

やっぱりビーチサンダル、ビーサンです。

ゲストが出かけている間に、掃除や布団干しで屋内外を行ったり来たりするので、手軽に脱ぎ履きできるビーサンが重宝です。

そう、コレが「灯火」のクールビズ!
ゲストを迎える時にも必ず着用している正装です。

でも、安物のビーサンはいけません。
コレでもその辺の若いサラリーマンが履いている革靴よりはすると思います。

ゲストがメインの観光地となる門司港や下関を歩きまわるのも、これからのシーズンはビーサンが一番適しているかもしれません。

「灯火」をご利用される皆さんには、是非、荷物にお気に入りのビーサンを忍ばせていらしてほしいですね

それではどうぞ、足元涼しく、快適で素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

掲げてみました!/ The Style of Japanese Tradition!

Japanese Title (邦題): 「掲げてみました!」末尾に

 

The Style of Japanese Tradition!

Good morning to the World and Kanmon!

Since we started this business, “Guesthouse”.

I have thought of Japan more than ever before.

For example, we have adopt custom and life style into our OMOTENASHI (hospitality).

showaday01

It is not only for our guests,

but also for ourselves to recover our soul as Japanese in mind

and not to loose it from now on.

Thank you and you have a nice day in the style of natural Japanese.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

掲げてみました!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

宿屋を始めて、海外からのゲストを迎えるようになってから、、、

むしろ日本のことをより考えるようになりました。

例えば、おもてなしに日本人らしい習慣や生活様式を取り入れるなど。

showaday01

自分の心の中にある「日本人らしさ」を取り戻し、

失なうことのないように。

それでは、どうぞ日本人らしい素敵な一日を!

(P.S. 旗日は振替休日の月曜ではなくて、祝日当日の日曜です。)

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ