この町で夢を!/ Try Your Dream in This Town!

Japanese Title (邦題): 「この町で夢を!」末尾に

 

Try Your Dream in This Town!

Good morning to the World and Kanmon!

Last week, one young guest stayed in this guesthouse.

She was a teenager university student and came this town to confirm her dream and future job.

The reason why she came here is so this town.

Her dream is “MOVIE” (film making).

It was not confirmed yet, but she’s dreaming to work in the movie industry. She came to this town to join as an extra, and try to feel the atmosphere of making a film on the real location.

I thought that extras of films are structured by only local time-rich people. I was surprised to know that people who have concrete objective came to this town from other places in Japan.

By the way, filming schedule of last week was :
*Meeting Place : somewhere in Moji
*Meeting Time : 7:00am
*Finish time : Sunset

The place was so remote area and it seemed very difficult for her to show up there at 7 o’clock on time.

I wanted to bring her there, but I couldn’t. Because there were other guests staying in TOUKA.

However, one of our supporters volunteered to drive her there.

When she came back here, her face were full off satisfaction. She could not only feel the atmosphere as an extra, but also have a chance with movie staffs about film making.

TOUKA want to keep supporting dreaming young people like her, as the city of Kitakyushu is supporting film making.

movie01

By the way, it seems that my old elementary school also supporting film making.

Thank you and you have a happy life, keep having dream in your mind.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

この町で夢を!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

先週からこの週末にかけて、1人の若いゲストが当宿を利用されました。

まだ10代の若いゲストは大阪の大学生で、自分の夢・進路を確認するためにこの町にやってきたのです。

その理由が、とてもこの町らしいのです。

そう、彼女の夢は映画、、、

まだ漠然ながら、映画の世界で働くことを夢見ていて、まずはエキストラに応募し、制作現場を肌で感じてみようとこの町にやってきたのでした。

これまで、エキストラと言えば、地元のタイムリッチな人が参加するものだとばかり思っていましたが、こうした目的を持って遠くからわざわざ参加する人がいることを知り、驚きました。

さて、今回のエキストラは、、、
集合場所: 門司区某所。
集合時間: 7時。
撮影時間: 日没まで。
集合場所がとても辺鄙なところで、遠くからはるばるやってきて足のない旅行者には参加が難しい条件です。

他にもゲストがいるので、自分が送り届けるのは無理でしたが、当宿のサポーターの中から送ってくれる人が見つかり、無事現場へ送り届けることができました。

夜中、撮影現場から戻ってきた彼女の表情は、とても晴れ晴れとしていて、充実感に満ちていました。現場の雰囲気を味わえただけでなく、映画制作スタッフとも話をすることができたようで、素敵な経験がたくさんできたようです。

「灯火」はこれからも夢に向かって進む若者をサポートをしていきたいと考えています。

movie01

ちなみに、わが母校も、この町での映画制作をサポートをしているようです。

それでは、いくつになっても夢を追い続ける素敵な人生を。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

大自然のゆりかごで育つ 〜 ふるさと “新” 探訪!/ New wonder spot of Kitakyushu! (Glow under the Sea)

Japanese Title (邦題): 「大自然のゆりかごで育つ 〜 ふるさと “新” 探訪!」末尾に

 

New wonder spot of Kitakyushu! (Glow under the Sea)

Good morning to the World and Kanmon!

About the wonderful spot of hometown (continued from previous article).

Answer is: Yes, it is under the sea!

tanbou01kaki-01

Let’s pan up the camera to above the water and we can see rafts of ocean farming.

tanbou01kaki-02

What are cultivated here?

Special Oysters are!
The oysters cultivated here are called with the brand, “BUZEN HITOTSUBU”.
These rafts are for the farming of them.
Then where these rafts are?

tanbou01kaki-03

They are on the ocean close to our Airport.
Most of tourists from overseas who is increasing recently see this rafts on the way from airport to downtown Kitakyushu.

tanbou01kaki-04

It is not bad to see airport and bridge from one of the rafts floating on the sea.

tanbou01kaki-05

Around this Golden Week, a leader of fishermen corp brought me to his raft to watch his last seeding of oysters.

tanbou01kaki-00

According to him, night view of airplane taking off from airport is very very beautiful.

I hope that I can see it someday.
I thought so on the way back to small port watching airport and cement quarries, once main industry of this area.

tanbou01kaki-06

tanbou01kaki-07

By the way, season of Kitakyushu’s speciality “BUZEN HITOTSUBU Oysters” is winter, middle of December to end of March. Specially best season is between January and February.

Please come here and try some!

Thank you and you have a nice day, imagining tasty harvest in next winter.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

大自然のゆりかごで育つ 〜 ふるさと “新” 探訪!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。
昨日掲載した ふるさとの素敵スポットについて、、、

そうです、その通り、海の中です。

tanbou01kaki-01

少し海面にカメラをあげてみると、、、

tanbou01kaki-02

ここは筏(いかだ)の上。
何のための筏かというと、、、

ご当地イチオシの名産品「豊前一粒牡蠣」の養殖筏なんです。

でその、筏がどこにあるかですが、、、

tanbou01kaki-03

空港に程近い海の上です。

最近急増している海外からの旅行客のほとんどは、空港からバスに乗りこの橋を渡る時に、ここに並ぶ筏を見ているだろうと思います。

tanbou01kaki-04

tanbou01kaki-05

そんな観光客とは反対に、海から空港や連絡橋を眺めるのも悪くはないです。

GWに前後して、今期最後のタネ牡蠣つけを、親同士が知り合いの漁協長さんに頼んで見学させてもらいました。

tanbou01kaki-00

聞くところによると、夜の景色、飛び立つ飛行と空港がキラキラするのが、もっと素敵だそうです。

そのうち一度ぐらいは見に来れるかなぁ。

tanbou01kaki-06

tanbou01kaki-07

筏から、港へ戻る間、空港や、かつて栄えたセメント採石場をぼんやり眺めながらそんなことを考えていました。

尚、北九州の逸品「豊前一粒かき」の旬は冬!
12月の中旬以降3月頃迄。ベストシーズンは1月後半から2月です。

それでは、今からおいしい冬の収穫を想像して、ワクワクする一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

ふるさと “新” 探訪!〜 さて、ここはどこ?!/ Where am I? New wonder spot of Kitakyushu!

Japanese Title (邦題): 「ふるさと “新” 探訪!〜 さて、ここはどこ?!」末尾に

 

Where am I? New wonder spot of Kitakyushu!

Good morning to the World and Kanmon!

From a little guesthouse under a little lighthouse where overlooks Kanmon straits,
I am presenting charm points of this area which never posted on any guidebooks
by utilizing free time during hostel business.

First of all, this area is my home town.
We call “U-turn” in Japan for who coming back to start new life.

I have once left my hometown and lived in Tokyo, other city and overseas.
From the view point of person who have experience to live outside of hometown, this area has a lot of wonderful charming points in very small area.

I always have big findings whenever I visited the places I have never been in my childhood or the places I have visited long, long time ago.
(Those places may be boring for my old friends who have stayed here long time.)
Now, I am living with full of excitement.
Yes, excitement but different from that of Tokyo.

The place I am introducing today is:
Famous spot where many people know.
Most of tourists from overseas who travel this area see this place and some of them take pictures of this spot.
However not many people, even local people do not go this spot.

I could visit here because I am U-turn not I-turn.

tanbou01kaki-01

So, guess WHERE is this?  (Quiz style, this time.)

The person, who can find where, must be an authority of Kitakyushu.

Thank you and you have a nice day, with new findings in daily life.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

ふるさと “新”探訪!〜 さて、ここはどこ?!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

海峡を望む、灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」 より、
宿屋業の空き時間を活用し、ガイドブックには載っていないこの地域の魅力をお届けしています。

まず、この土地は、自分のふるさとです。つまりUターン。

一度は故郷を捨てながら、東京や海外から戻ってきた人間の視点で見ると、
実はここは「素敵な魅力」が集積している場所だと感じずにはいれません。

子供の頃には行ったことのなかった場所やずいぶん昔に行ったことのある場所を実際に訪れてみると、なにかしら大きな発見があります。
(ここにずっといる幼なじみ達にはつまらない話題かもしれませんが、)
東京とは違う意味の刺激に満ちた日々を過ごしています。

さて、今回お届けするのは、かなり有名な地元の名所です。
ここに観光にやって来る外国人もかなりの確率で見て、写真に撮る人もいるほどですが、
地元に住んでる人でも、ほとんど行くことのない素敵な場所です。

Iターンではなく、Uターンだからこそ 探訪できる場所。

tanbou01kaki-01

さて、「ここはどこでしょう?」

今回はクイズ形式です。分かる方はかなりの北九州通ですね。

それでは、日常の中に新たな発見がある、どうぞそんな素敵な一日を!
灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ