Potential of this Area!

Japanese Title (邦題): 「そのポテンシャルに気付く・気づかない?」末尾

 

Good morning to the World and Kanmon!

A TV news caught my mind.

It is about one big IT company decided to build new IT center in Kitakyushu. I recognize the potential of this area by that.

“As of today, three data centers have been established in this city. City officer commented that local government keep attracting IT company with low ratio of disaster risk.” (announced by anchor of TV news)

This means that companies are admitting low disaster risk of this area.

I also found that most of 20 ordinance-designated cities are within within 100km from nuclear power plants in radius except here and Yokohama. When we talk about disaster, we should consider not only natural disaster risk, but also man-made disaster risk.

City officers who visited TOUKA informed me of increasing vacant houses, because of low birthrate and longevity in this area. As Kitakyushu was the first industrialized area in Japan, it is advanced about aged society.

Actually, I found so many reasonable houses both for sale and for lease around here.

So, it is getting easier to migrate to this area, with keeping low disaster rate and high comfortability of living.

It is good time to migrate, isn’t it? Good time may be short until rich people in neighbor counties noticed about those.

Thank you and you have safe living days!

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

「そのポテンシャルに気付く・気づかない?」

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。 おはようございます。

実家に寄った際に流れていたテレビ。 あるニュースに目が留まりました。

北九州市のIT企業誘致が成功したというニュースでしたが、その話を聞きながら、この地域の魅力を再認識しています。

「大手IT企業のグループ会社などによる3つのデータセンターが進出しています。北九州市は災害が少ないというメリットを活かし、地方創生の実現に向けてIT分野でもさらに企業誘致をすすめていきたいとしています。」(ニュースキャスターのアナウンス)

つまり産業界が、この地域の災害リスクの低さを認めているということです。

災害リスクというと、この国特有の自然災害リスクがまず気になりますが、先の教訓から原発等の取り返しのつかない人災リスクも忘れてはいけません。

興味が湧いたので調べたところ、全国に20ある政令指定都市のうち原発の100km圏内に入っていないのはココと横浜ぐらいのようです。自然災害のリスクが低い上に、原発放射能のリスクも低いことが魅力的に映るのは自分くらいでしょうか?

また当宿を訪れる地方行政を担う役所の人達の話では都市型の少子高齢化の先進地域のため、空き家が増えているそうで、調べると確かに不動産は賃貸・売買問わず、良質・お手頃の物件がたくさん市場に出ています。

災害リスクの低いことや住みよさはそのまま、移り住みやすさが上昇している感覚です。

U・Iターンするのに悪くないタイミングだと思いますが、どうでしょう? 近隣国の富裕層が目をつけて値が上がる前にね。

それではどうぞ安心して生活できる日々をお過ごしください。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

Another Fear of 3.5m (10ft) high!

Japanese Title (邦題): 「もう一つの恐怖 〜 3.5mの脅威!」末尾に

 

Good morning to the World and Kanmon!

We really concern about safety for both our guests and ourselves.

There is another Big Risk in Japan. That comes with the Earthquake.

Yes, “TSUNAMI.”

tsunami01

According to our local government, maximum hight of Tsunami (if Nankai Trough Earthquake happens) will be 3.5m(= about 10ft) in Kitakyushu.

It is quite lower than that of East Japan Earthquake, but Tsunami’s power is unbelievable. Even the hight of 3.5m, it is enough to take a lot of people’s lives. And if Tsunami comes against strong tide of straits, hight will be upper than the estimate. (based on my surf theory)

tsunami03

(Above: Sign of Tsunami reach point is telling thirty seven (37) meter (120ft). On the way to Miyako, Sanriku. by my bicycle 2014.)

I heard so many times about the power and tragedy of Tsunami during volunteer to support TOHOKU(=East Japan) 2011 & 2012, and bicycle trips to whole SANRIKU Road 2013 & 2014.

We cannot prevent Tsunami from attacking Japan. But we can feel safe in TOUKA, because it stands on the upland of Kanmon area (approx, 35m above sea level, as we mentioned before). We stock enough water and food for sale and they can be the emergent food if Tsunami attacks this area.

tsunami02  tsunami04

(Above left: Ootsuchi town office after Tsunami, Iwate, Tohoku.  Above right: In Kesennuma, 1F of all building were washed out.  Both pics from Bicycle memorial trip in SANRIKU 2013 & 2014.)

There is no perfect preparation but we are pretty equipped for such disaster. We really want our guest to feel safe even with the night Tsunami.

So you have a nice day!

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

「もう一つの恐怖 〜 3.5mの脅威!」

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。 おはようございます。

繰り返しますが、安全・安心は「灯火」最大の関心事です。
日本には他にも大きなリスクがあります。 それもそれは地震と伴にやってきます。

そう、津波です。

tsunami01

福岡県によると、南海トラフ地震が起きた場合の北九州を襲う津波の可能性は、最大3.5mということです。 3.5mというと東日本のそれと比較して極めて低いですが、何人もの命を奪うのに十分なエネルギーを持っています。

tsunami03
(↑自転車で走った三陸では津波到達 海抜37mという標識が各所にあり驚きます。)

それにもし津波が海峡の強い潮流に逆らって入ってきたら、その高さは想定を間違いなく上回るでしょう。(宿主個人のサーフ理論=河口波の津波応用に基づいてます。)

tsunami02  tsunami04

(↑左:東日本大震災で深刻な津波被害を受けた大槌町役場。 右:気仙沼では海から離れた建物でも1階部分が全て洗い流されていました。いずれも 2013 & 2014年の三陸追悼自転車旅にて)

繰り返し訪問した東北支援のボランティアや、2年に分けて走破した三陸海岸チャリンコの旅を通して、津波の起こしたパワーや悲劇を何度も見て・聞いてきました。

非力な人間は津波を止めることはできません。けれども「灯火」にいれば安心だと思います。 既述したとおり「灯火」は海抜35mの高台に立っているし、販売用にストックしている水・食糧はそのまま非常用に転用できるように考慮しています。

自然災害の備えに完璧はありませんが、灯火ではそれなりの準備を整えているので、たとえ夜の津波が来ても、ゲストの皆さんには安心して過ごしていただけると考えています。

それでは、どうぞ良い一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

Biggest Fear in Japan!

Japanese Title (邦題): 「日本を旅する上での 最大の脅威!」末尾に

 

Good morning to the World and Kanmon!

Our concern is guests’ safety all the time.

When we traveling around strange country, we usually check possible risks in advance against our safety .

How about Japan?

I hope foreigners traveling around Japan feel safe with low crime rate and native people’s friendly atmosphere. But there is a big risk that Japanese people cannot do anything to prevent it.

It is “the EARTHQUAKE.”

Even Japanese people cannot predict where and when the next big one will occur.

There is very interesting pictures. Only 13 days prior to the first strike of Kumamoto Earthquake two months ago, quite interesting TV program was broadcasted by NHK (Japanese public TV service).

earthquake01(*Pink circle is the location of TOUKA.  No historical earthquake here.)

Because, it was just after signing on the contract of using TOUKA’s building, I saw the program carefully and keep it in my memory. I also took some pictures from the TV screen.

earthquake02(*Pink circle is the location of TOUKA.  No active land activity here.)

I can tell now that there were many information to alert the possibility of the next earthquake.

I memorized it because those pictures told us less possibility to have big one near TOUKA, Kanmon area. I cannot say Never but I can believe very Low Possibility.

What do you think with seeing these pictures?

You have a nice day today! Hope we all don’t have a big earthquake today.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

「日本を旅する上での 最大の脅威!」

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。 おはようございます。

安全・安心は常に「灯火」の最大の関心です。

普通、人が初めての国を旅する際、安全を脅かす様なリスクは事前にチェックすると思います。

日本を旅する場合はどうでしょう?

きっと低い犯罪率に裏付けされる治安や人々のフレンドリーな性格については安心するでしょう。 けれど この国には日本人がどうがんばっても払拭できない大きなリスクがあります。

それは「地震」。
日本人でさえ次の大きな地震がいつどこで起きるか分からない状態です。

ここに面白い絵があります。 2ヶ月前、最初の熊本地震が発生するたった13日前、とても興味深い番組がNHKで放送されていました。

earthquake01(↑ピンクの円が「灯火」のある場所です。歴史的にも地震の少ない場所です。)

その時の画像がこれです。ちょうど「灯火」の建物を使用する契約をしたばかりだったので、この番組を注意深く見たこともあり、すごく記憶に残っています。 同時にテレビの画像も写メしました。

earthquake02

(↑ピンクの円が「灯火」のある場所です。活発な地殻活動もなさそうです。)

今だから言えますが、この絵は(熊本地震を含む)次の巨大地震がどこで起きるか警告していたように思います。
自分はこの絵から「灯火」のある関門で地震の発生する確率は低いと直感したことを記憶しています。 決してとはいえませんが、自分の記憶からもかなり確率は低いと感じています。

この絵を見て、他の人はどう感じるでしょうか?
(良心的なNHKは 熊本地震発生後この番組のことはあまり言及しないみたいです。)

それでは、どうぞ良い一日を! 本当に地震起きないといいですよね。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )