ただいま人生復習中!/ The Unfinished Study of my Life!

Japanese Title (邦題): 「ただいま人生復習中!」末尾に

 

The Unfinished Study of my Life!

Good morning to the World and Kanmon!

A little after this new year, I received a wonderful OTOSHIDAMA ( = new year gift in Japan).

showaofkitakyushu01

Now I am studying my hometown history again with the book. (“Showa era of Kitakyushu”)

I’ve kept saying this is my hometown, because I was born in this town, however honestly speaking, I am feeling that there are so many things which I didn’t know.

When I think twice about it, I’ve realized that I had lived here only 1/3 of my life (furthermore, half of the period was the time before I reached the age of discretion.)

Fortunately this job should based on the knowledge about the history of this town. I really appreciate to have the opportunity to study it again at my age.
This is similar feeling as I found real value of Kyoto, when I traveled again in this age to the Kyoto, I had visited once in a study trip of my schooldays.

By the way, the person who sent me this book is one of my friends from university. We had studied together in same seminar. He is the person who has a talent to prepare perfect gift, the person really want, on the perfect timing.

He keeps doing it by putting himself in his/her shoes. I respect him and want to be the person like him.

Thank you and you have a wonderful day after studying history and people’s way of feeling.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

ただいま人生復習中!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

今年、お正月に少し遅れて、すごいお年玉が届きました。

showaofkitakyushu01

いただいた本を通して、今、故郷の歴史を学び直しています。

自分が生まれた町だから「故郷だ」と言ってはいますが、実のところ、知らないこと多いなぁとつくづく感じさせられます。よく考えてみると、人生の1/3しか住んでいなかった場所(しかも、その半分は物心が付く前の期間)なんですね。

幸いなことに、今生業にしているおもてなしは、この町のことを知らないと薄っぺらな対応しかできない仕事です。この歳で郷土のことを復習する機会を持てたことに心から感謝しています。

この感覚、修学旅行で行った京都へ大人になって再び訪れて、初めて本当の良さに気付く感覚に似ています。

ところで、この本の送り主は大学のゼミの仲間。
彼はいつも絶妙のタイミングで相手が一番よろこぶプレゼントを送るすごい才能の持ち主です。

相手の気持ちになってタイムリーに行動を起こす、、、見習わなきゃと思います。

それでは、歴史や人の気持ちを学んで、素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

オチとみるか、教訓と考えるか?/ Is it just punchline of the episode or important lesson to learn?

Japanese Title (邦題): 「オチとみるか、教訓と考えるか?」末尾に

 

Is it just punchline of the episode or important lesson to learn?

Good morning to the World and Kanmon!

This is about special bus pass “Kitakyushu City Pass” for tourists from Korea.

Our guests tried to utilize the passes, but the guests ABANDONed to use them up finally. It seems the guests decided not to use after comparing convenience and trip schedule. They found that they can’t solve a problem without making some critical sacrifice.

Seller of the pass might not care about how users feel when they use the pass and used them up or not. But if I put myself in guest’s shoes, I feel some kind of trouble to be solved in this episode.

*Should seller think about any improvement about service contents?
*Doesn’t local government think about convenience of tourists who visit this town all the way from foreign countries.
*What do we want them to spread through internet or not spread?

I believe we have to decide what we should do now considering how we want to be 5 years later.
The hint/solution is in the neighbor city surprisingly. I wonder if we could notice it or we pretend not to notice it. I cannot help feeling that we are now in the face of doubts about the attitudes for hospitality.

citypass01

One man’s fault is another’s lesson.

This guesthouse “TOUKA” has been thinking of our style be be reviewed by our guests “Quite better than we expected”. So we keep recommending/advising really good spots and convenient service to our guests.

Thank you and you have a wonderful day, by adopting only good thing/idea into your life.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

オチとみるか、教訓と考えるか?

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

外国人向けにプロモーション価格で発行されているバスのKitakyushu City Pass

一生懸命活用していたゲストが、最終日になって使い切るのを諦めてしまいました。
ご自身の旅程と使い勝手とを天秤にかけた結果、やはり背に腹は代えられない状況に追い込まれたのだと思います。

売る側はユーザーの使い切る・切らないには関係なく、売上は立っているので問題視しないのかもしれません。けれども、そのメリットを期待して購入したお客様の立場になると、満足度という視点から疑問が残る現象だと感じました。

・発売元として、提供するサービス内容を再検討する必要はないのか?
・北九州市として、はるばるこの街を訪ねてくれた/くれる旅行客に対して、このままで良いと考えるのか?
・極度のネット社会の中で何を拡散されたいのか、もしくは拡散されると困るのか?

私達は地域として5年後のあるべき「おもてなし」を描いて、今なにをすべきかを考え対応することが鍵だと思います。
意外にも、その答えが「隣り街」にあるのに気付くのか、もしくは気付かないふりをするのか、我が街の姿勢が問われている気がして仕方がありません。

citypass01(↑まちがい探し: 上記は失敗例と成功例です。どこが間違っているでしょう?)

人の振り見て我が振り直せ!
開業以来ずっと「期待していたよりも、ずっと良かったよ」と言っていただけるおもてなしを目標にしている当宿「灯火」は、これからも本当に良いスポット・便利なサービスだけをお客様に勧めていきたいと思います。

それでは、どうぞ世の中に存在する良いものだけを取り入れてオンリーワンの素敵な一日を!

★P.S. 模範解答はこちらへ:
インバウンド拡大を目指す地方都市が最初に導入すべきインフラ整備
( やっぱり連名の一番上が鍵を握っているのかな? )

<主:英 / 従:日> #北九州シティパス, #バスサービス, #共通パス, #改善点, #地方自治体の役割, #よりよい方法を他に見習う, #リーダーシップ, #仲介役, #宿泊, #灯火, #関門, #下関, #門司, #門司港

あぁ残念。でもこれイイね!/ It’s too bad. But I like it!

Japanese Title (邦題): 「あぁ残念。でもこれイイね!」末尾に

 

It’s too bad. But I like it!

Good morning to the World and Kanmon!

It is unfortunate that I didn’t know that useful information.

I found very interesting TV program by chance. It is the program of E-TV (Educational TV). It is to introduce useful English phrases to communicate with foreign guests in a guesthouse.

basicenglish01

The program seemed to start on April last year. I missed to watch 3/4 of its episodes.

As educational TV program, they will broadcast few times. I decided to check my English phrases with this program during the time guests will be out.

I recommend this program to all Japanese including the person who don’t work in tourism industry. Because no one can stop GAIJIN coming into our country. Don’t you prepare for it?

Thank you and you have a nice day, communicating with various people.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

あぁ残念。でもこれイイね!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

これまで知らなかったのが残念なお話!

普段見ない教育テレビを見ると、ゲストハウスでよく使われる英会話の慣用句をおもてなし英語として紹介している番組がありました。

basicenglish01

4月からやってたみたいなので、すでに3/4は見逃してしまいましたが、、、

教育番組らしく再放送も充実しているみたいなので、ゲストの外出中など居ない時にこれで自分のおもてなし英語力をチェックしようと思います。

ゲストハウスに縁のない方も、これから日本に押し寄せるガイジン旅行者は止めることができないので、今のうちに準備しませんか?

それでは、楽しいコミュニケーションで素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ