けっしてカジノではないっ!/ The Happiest Moment!

Japanese Title (邦題): 「けっしてカジノではないっ!」末尾に

 

The Happiest Moment!

Good morning to the World and Kanmon!

As our guests who check out yesterday left perfect wonderful smile, we want to share that with you.

The guests are two Korean guys.
They looked around Kokura, Mojiko, and Hakata and Holiday Monday, yesterday, was the last day of their 3-day-trip.

But they seemed nervous yesterday morning.
They came down to this reception, saying “we want your advice”.

According to them, they found out that one guy lost his wallet in Saturday midnight.
After check-out, they were planning to board on the flight 14:00.
There was not only cash, but also license and many credit cards in his lost wallet.

First of all, I made them to take it easy and hear the situation how he lost his wallet. I explained them that most possible place to get wallet returned is police and we went together to the Police Department Office in Moji quickly.

When we arrived at Police Department and started to explain “They are guests from Korea and yesterday night they lost …”, police officers said “That must be …”.

Yes, his lost wallet was already delivered to the police department!

wallet01

Guest’s face with full of worries changed to happy smily face immediately.

wallet02

They both kept saying each other “This is the Happiest Moment of this trip” and “Kitakyushu is the most wonderful place to visit.”

 

I have felt since I started this business.

What has kept fascinating foreign tourist heart in Japan is honest, faithful and heart-warming character of local people, as well as traditional sightseeing spots. When they really felt it through real experience, they got highest impression of Japan.
(In their case, it was more impressive than any Japanese grommet foods.)

Such precious experiences have been spread to the world through human relations with the power of internet/SNS. That information distributed to many people who have never been to Japan, stimulated their curiosity and made them to visit this country.

Sales point that any other country cannot imitate Japan is such “special commonsense and conscience of Japanese”. It never be the Casino which current government want to imitate from other countries.
(Casino is the system which makes more unhappy people than happy people. Why they want to establish new Casino law in Japan may be that his wife or their friends want to start Casino business in SAR.)

Thank you and you have a wonderful day, which resonates to your heart not to your money.

P.S. The guy who return his wallet in the picture was the policeman, who is in charge to instruct safety to us and the one of the big supporter of TOUKA.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

けっしてカジノではないっ!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

昨日チェックアウトされたゲストさんが、最高の笑顔を残していってくれたので、おすそ分けしたいと思います。

そのゲストはイケメン韓流男子 二人組。
小倉、門司港、博多と結構グルメな旅行をされたようで、昨日祝日の月曜日チェックアウトの朝を迎えられました。

ところが朝からそわそわした様子。
「相談があるんだけど」と受付にやって来ました。

聞けば、昨晩遅くに財布を落としたということに朝になって気付いたとのこと。
チェックアウト後、帰国のフライトは同日14:00。
財布の中には、現金だけでなく、免許やクレジットカードまで入っていたそうです。

まあ、落ち着いてとなだめてから、落とした状況を聞き、一番見つかる可能性が高いのが、門司警察署にいくことだろうと判断して、説明。すぐに二人と警察署に向かいました。

署内受付に「韓国人のゲストが昨日の深夜、、、」と話し始めたら、即「もしかしたら」との反応。

そう、財布は深夜のうちに警察に届けられていたのです!

wallet01

心配でたまらなかった彼らの表情は、みるみるうちに最高の笑顔に。

wallet02

口々に「今回の旅行で最高の瞬間だ!」「北九州は最高の旅行先!」と何度も言い合っていました。

 

さて、この仕事をしていて常々感じてます。

外国人観光客の心を捉えてやまないのは、伝統的な観光地のみならず、にっぽんの地方に住む人の律儀で誠実でまごころ溢れる国民性であり、実体験を通じてそれを垣間見た時に最高の感動を得ているということです。(彼らの場合、どんな日本グルメよりも感動したようです。)

こうした最高の体験は日々口コミ・ネットで拡散し、日本のイメージを高め、まだ日本に来たことのない人達の興味をそそり、結果としてさらなる観光客の来日につながっているようです。

他国には真似のできない集客の鍵は、そうした良質の「ニッポンの常識・良心」であって、けっして政府与党が強行採決しようとしている「ひと真似のカジノ」ではないということです。
(カジノは良い思いをする人以上に、後悔する人の割合が確実に多いシステム。もしかしたらご婦人かご友人が特区でカジノホテルを開業したがっている、ご子息をカジノで採用してもらいたいのかもしれませんね。)

それでは、どうぞ金銭ではなく、ココロに響く素敵な一日を!

P.S. ちなみに、なくした財布を手渡している警察官。たまたまですが、当宿「灯火」の安全・警備指導担当をしていただいているイケメン警察官です。

*本来、当宿はそれが本来の目的ではないことからゲスト画像は掲載しないのですが、旅行者と日本人にとって良いエピソードであることから、ゲストの承諾を得て掲載しました。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

こんなの見たことないっ!/ I’ve never seen this!

Japanese Title (邦題): 「こんなの見たことないっ!」末尾に

 

I’ve never seen this!

Good morning to the World and Kanmon!

First of all, I thank to my schoolmates from high school, team mates of East Japan Tsunami recovery volunteer, Yoga mates and motorcycle club mates and so on, who worried about TOUKA and me. Here I am informing of the safe of guesthouse and myself.

hazard11

The sound of rain got loud in early morning of Jul.6th. It was louder than my alarm clock. Sound of rain and firetrucks made me woke up.

After guests’ breakfast, I sent them off with warning them about hazardous rain and I drive my car to pick up my father who come out from hospital before lunch.

As route #3 was crowded with cars, I chose route #199 to Mojiko. From route #199, I could see several small landslide on the surface of the mountain.

hazard12

hazard13

After I picked up my father, I chose route #3 to go back his house, as I saw the opposite side was crowded. On the way back to DAIRI, I saw several places with covered by mud and rocks, such as Shirakizaki, Kuzuha.

hazard16

hazard15

hazard17

At the entrance of DAIRI area, “OOKAWA BASHI” I saw a big landslide and we have to drive two-way traffic in normal one-lane.

hazard18

hazard19

The road behind my parents house was like river with big rocks.

However, the most surprising thing that I saw was color of Kanmon strait. It was like mud and that made us think it was like a river. It was my first time to see such muddy strait since my childhood.

hazard20

After driving between Dairi area and Mojiko area, I noticed one thing. It is that the landslide points were almost same as the Hazard Map which local government made and distributed for us.

hazard00

What I want to share with you, readers of this article, is that you should check the hazard map of your area and consider how to evacuate from any hazards.

Furthermore, I want to mention about less concern about hazard of guests from foreign countries. I kept alarming them by SNS about hazardous rain, but they kept enjoy sightseeing even such emergent situation. As the result, the time they came back was after date was changed. They might run out battery of their phone and was in the traffic jam on route #3. I think it is not for their safety. If the city of Kitakyushu want to make itself grow with tourism, it should have the system to let foreign travelers know hazard information and guide for safety evacuation. Usually they are focusing to visit as many as spots in certain time of their schedule. We have to let them pay attention to the emergency.

Thank you and you have a safe and fun day.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

こんなの見たことないっ!

世界中に朝が、そして大雨の降った関門にもあさが来ました。
おはようございます。

まずは今回関門エリアを襲った豪雨について、ご心配していただいた同級生、バイク仲間、ヨガ仲間、震災ボランティアメンバー他に感謝すると同時に、とりあえず現時点では宿も自分自身も無事であることを報告いたします。

hazard11

6日金曜日未明からひどくなった雨音は、朝になって目覚ましよりも大きく、消防車の音も加わった時点で飛び起きる事になりました。

朝食後、くれぐれも気をつけて観光するようにとゲストを送り出した後、強烈な雨とサイレンの出かけるのは躊躇しましたが、白内障手術から退院する父を迎えに門司港へ。

hazard12

行きは国道3号は混雑していたので、国道199号を利用。途中山手を見上げると所々で小規模の土砂崩れしているのが確認できました。

hazard13

199号を小倉方面へ向かう反対車線はひどい混み様だったので、父をピックアップした後、帰りは3号線を使って実家のある大里地区へ戻りました。途中白木崎・葛葉あたりでは各所で瓦礫混じりの茶色い水が道路を覆っていて大変な状態でした。

hazard16

hazard15

hazard17

大里地区への玄関口「大川橋」付近では大森公園西側の斜面が大きく崩れていて反対車線を対面通行しており、渋滞になっていました。

hazard18

hazard19

実家の裏手の坂も水が川のように流れていて、大きな石がゴロゴロ。ひどい状態でした。

なかでも一番驚いたのが、海峡の色。どこもかしこも濃い土色に染まり、本当に川のように見えました。幼い頃までさかのぼってもこんな関門海峡を見たのは初めてです。

hazard20

今回たまたま大雨後に大里・門司港間を車で走り、気付いたことがあります。それは今回土砂災害の起こった箇所と行政が作成したハザードマップとがほぼ一致していること。ニュースで報道された関門トンネル上も奥田の土砂崩れ箇所もマップのとおりです。

hazard00

長くなりましたが、この記事を読んでいただいた方には、是非ご自身がお住いになっているエリアのハザードマップを確認し、災害時の対応について事前に考えてほしいと強く思いました。

最後に、、、観光にと出掛けていった外国人ゲスト達、水害リスクを何度もSNSで伝えているのに、緊迫感がまったくなく観光を続けたようで、7日に日付が変わっても戻ってきませんでした。ここから町を見下ろすと3号線も199号線も門司港・下関方面へはひどく渋滞していたので、それにハマり戻れずにいるのかもしれません。しかしあと少し雨が強ければ彼らは戻ってこれなかったかもしれません。もし北九州が観光都市を目指すのであれば、外国人観光客にも災害状況を多言語で的確に伝える方法を行政は考えるべきだと思います。ただでさえ限られた時間の中、出来るだけ観光地・ショッピングスポットを見て回ろうとしている彼らの注意を喚起する方法を。

それでは、どうぞ安全第一で楽しい一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

おかげさまで2周年!/ 2nd Anniversary!

Japanese Title (邦題): 「おかげさまで2周年!」末尾に

 

2nd Anniversary!

Good morning to the World and Kanmon!

As of next week, we will have 2nd Anniversary.

We thank to our guests, supporting people and neighbors who help us keep running this little guesthouse.

To celebrate our 2nd Anniversary, we will hold a open-house event here to enjoy breeze in Komorie and cool music. This is the invitation for the event.

flyer2018-03

We will continue making efforts to provide our guests “wonderful experience in small town of local area in Japan” with friendly style to this location/neighborhood.

Would you please come here to see a little strange hostel?

Under the lighthouse, which will guide safe course to all ships running Kanmon strait, we are running a little guesthouse, which will guide best and memorable Kanmon trip at the timing of guests’ visit and provide comfortable atmosphere of this town, Komorie. Please come to see us here.

Thank you and you have a nice day and wonderful trip.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

おかげさまで2周年!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

おかげさまで、このたび当宿も開業して2周年を迎えることとなりました。

これもゲストの皆さんをはじめ、地域の方々のご理解・ご協力あってのことと感謝の気持ちでいっぱいです。

この2周年を記念し、当宿を開放して、ご近所さん・お世話になった皆様と一緒に小森江の風・素敵な音楽と戯れる会を催しますのでご案内いたします。

flyer2018-03

巷では民泊新法(住宅宿泊事業法)の施行に際して、宿泊(観光)業界が揺れているようです。 当宿としてはこれからも変わることなく「地域に溶け込む」スタイルで、ちいさい宿ながらの良さを活かし、ゲストのみなさんに「にっぽんの地方のちいさい町の魅力」を存分に体験していただく工夫を続けていくつもりです。

ちょっと変わった宿のスタイル、一度見に来てみませんか?

関門海峡を行き交うすべての船に、安全な航行の道筋を示す灯台(導灯)の下で、世界中からやってくる旅人に、この町の気持良さと、その時々で一番楽しく思い出に残る我が町関門の旅を提案・発信することをウリにしている宿いかがでしょう?

それでは、どうぞ素敵な旅、素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ