娘世代、孫娘世代、、、/ Daughter’s Generation, Grand-Daughter’s Generation

Japanese Title (邦題): 「娘世代、孫娘世代、、、」末尾に

 

Daughter’s Generation, Grand-Daughter’s Generation

Good morning to the World and Kanmon!

End of my stay in Tokyo, December 2017.

The food to conclude my stay was early “TOSHIKOSHI SOBA*”.
(*Japanese Buckwheat Noodle: traditional food to celebrate passing a
year )

yusui01

As our house in Tokyo locates in the town famous for Soba making, we visited favorite Soba restaurant where my daughter worked as part-time job in her high school time.

Even we are living apart from each other, I’ve tried to function myself as the last safety net for my daughter. Also I am making effort to communicate with my grand-daughter through serious babysitting at most wanted timing. Because I now understand that these experiences do work for my current job as a guesthouse host.

Now, majority of TOUKA’s guests are those in their twenties or thirties. My daughter’s age is just in middle of their standard deviation. Of course, quite more girls than boys. As a single father who grew one daughter in earnest, our guests are group of people, I’ve been accustomed with to talk various serious topics (education, job, family, boy-friend, love, marriage, having baby, etc).

However, teenagers start using TOUKA lately. Our guests are getting younger and younger.

So, my grand-daughter will work for me to broad my mind with keeping natural but serious relationship with her.

comment01

Let me focus on making a relaxing guesthouse as grandpa’s house!
(OK! Age of my grand-daughter match this perfectly, don’t it?)

Thank you and you have sustainable and wonderful days, with your precious family.

P.S. Not like a spouse, I am recognizing that family who is led by the blood is pretty different from those who is not. Even we seems to be making quarrel on the surface, but we are connecting each other by invisible lead.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

娘世代、孫娘世代、、、

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

2017年12月の東京。

東京を発つ日、〆は一足早い「年越しそば」。

yusui01

元々都内でもお蕎麦で有名な町に住んでいるので、娘が高校時代にバイトしていた行きつけ・お気に入りのお店へみんなで一緒に。

離れて生活していても、娘にとっての最後のセーフティーネットとして機能しながら、孫娘とも一番必要とされる時にガチンコの子守りで触れ合うことで今やマブダチ(?)。この心掛けこそが今の仕事に活かされることが分かってきました。

現在「灯火」を利用していただいているゲストさん達は20代〜30代が中心。娘の歳は標準偏差のど真ん中!もちろん女子率高いです。娘とガチンコで付き合ってきたシングルファーザーにはのぞむところの世代です。

ところが最近では10代のひとり旅のゲストもチラホラと。ドンドンと若年化しています。

そ・こ・で、孫娘とも真剣に付き合っていくことで、自分自身の懐(守備範囲)を拡げることができる。

comment01

目指せ!25年後には「おじいちゃんち」のように寛げる宿。
(ほぅら、孫娘の歳がドンピシャでしょ!)

それでは、どうぞかけがえのない家族とサスティナブルで素敵な日々を!

P.S. 表面的には喧嘩して口を利かないことはあっても、どこか必ず通じているし、配偶者とは異なり、やっぱり血の繋がった家族は最高だなと実感しました。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

シンパパの味、ふたたび!/ The Taste of a Single Father!

Japanese Title (邦題): 「シンパパの味、ふたたび!」末尾に

 

The Taste of a Single Father!

Good morning to the World and Kanmon!

During I was in Tokyo, I did various “things to do” there.
But meeting with business consultant is not the most important item.

I had two items of “First Priority”.

*One is to deliver smiles to the children, who are living away from their parents.

and

*Another one is this!

curry02

To support my daughter with taking care grand-daughter during her busiest time because of her job‐change starting this December.

After seeing my daughter busy working and house keeping, I decided to help her by cooking Curry Rice, which I had made for her during my single father time. I tried to use same material and recipe and cook my original immediately.

curry01

My daughter remember those days eating my curry rice. Her husband also enjoyed the taste which grow my daughter, who is his wife now. Another pot of curry was prepared for grand-daughter with milk and fruit jam as Kid’s Curry. She also enjoyed it and ate it up immediately.

Father’s Taste become Grand-pa’s Taste now.

I recognized that the hardest 12 years of my life as single-father was the task given to me for happy today.

Occasionally, there was a news broadcasted on Saturday noon TV that the life of single-parent’s family is still pretty severe in Japan, according to the research done by ministry of welfare.

singlemom01

Family income of Single-mother is half of the average in Japan
(NHK Dec.16)

I know with my experience that single-parent’s family is really hard living in this society in terms of money and time. However as an experienced single-father, I hope these single-parents will get over current situation, thinking that hardness now is for future happy life of them and their children. The time will come after kids will become independent. Please take care for both physical and mental health until the timing.

Thank you and you will have double happy future (for you and your children).

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

P.S. Per request from guests, guests can cook curry rice here and we help shopping materials and cooking at our kitchen. Don’t you try to cook soul food of Japan?

 

シンパパの味、ふたたび!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

今回の東京訪問。滞在中に色々な用事を済ませましたが、決してビジネスコンサルとの会合が一番の用事ではありません。

第一優先はふたつ。

*訳あって親と同居できない子供達に笑顔を届けること、と

*そしてもう一つは、コレっ!

curry02

景気回復の波に乗って、転職。12月から新しい職場勤めを始めた娘の手助けにと愛孫の育児(子守り)サポートです。

転職に際して、日本ではまだまだ本人に求められる労力は尋常でなく、あらたな人間関係(上司・同僚・顧客)の構築からひと通り落ち着くまで、仕事にも仕事以外にもどうしても時間が取られてしまうようです。

歓迎の懇親会・導入時研修から、この時期特有の忘年会まで、さすがに着任早々の会社・職場では育児時間通りに退社が出来るはずはありません。

多忙な娘夫婦を見るに見かねて、腕まくり、シングルファーザー時代のソウルフード(?)、カレーライスを作ることにしました。

curry01

出来るだけ当時の材料・プロセスを忠実に、チャッチャとカレーライスを作ったのでした。

親父の味を懐かしがる娘はもとより、その日は少しだけ早めに帰ってきた娘婿も「娘(彼にとっては妻)を育てたカレー」を喜んで食べてくれました。孫にはミルクとフルーツジャムを入れたお子様カレーが好評で、あっという間に平らげてしまいました。

親父の味が、いまや爺の味に、、、

シングルファーザーとして苦労した12年間(小学生の途中 〜 大学)はこんな風に楽しめる「今」のために与えられた試練だったんだなぁ、としみじみ実感。

折しも土曜のお昼、テレビで「ひとり親世帯」の生活が極めて大変だということが厚生労働省の調査であらためて分かった、という旨のニュースが流れていました。

singlemom01

母子家庭の平均年収、子どもいる全世帯平均の半分 (NHK 12月16日)

ひとり親の皆さんは、お金や時の面で本当に大変でしょう。けれど、それも子供達が一人前になった後の素敵で充実した人生につながる試練だと前向きに考え、健康だけには気をつけて乗り切ってほしいと願います。

それでは、どうぞ今の辛さが倍返しでしあわせに変わる素敵な未来を!
(子供達にも、ご自身にも、、、)

P.S. ひとり親の忙しさにひと息つきたい時は、当宿を是非トライください。歴史の勉強にもなる関門は安価で子供が喜ぶアトラクションの多いエリアです。ひとり親OB・シングル爺として、がんばっているパパ・ママを応援したく、宿としても「ひとり親家族」の宿泊には多少なりともディスカウントしたいと思います。ただそうしたニーズがあるかどうかもわからないので、仕組みとしていくらにするか等は決まっておらず、どうぞその旨ご相談いただいた上で、ご予約下さい。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com/index_jp.html )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

働きたい人には 今世紀最大のチャンス!/ For whom want to work in a company in Japan!

Japanese Title (邦題): 「働きたい人には 今世紀最大のチャンス!」末尾に

 

For whom want to work in a company in Japan!

Good morning to the World, Tokyo and Kanmon!

shinmaru01

When I visit Tokyo, center of Japan, I try to do as many “things to do” as possible.

One of them is the meeting with my Business Consultant.
He let me use efficient office in Marunouchi, consult various issues, and get useful information. He is a reliable supporter for TOUKA.

As his floor is also taking care job placement for business careers, he always updates me with brand-new situation of Japanese labor market. Though I have already installed my own business, information about latest labor condition in Japanese economy is very interesting for me.

According to him, recent labor market demands not only new graduates but also careers very much. As the proof, staffs in his company keep resigning, because demand of consulting for job placement became lower and lower and everyone don’t need to ask his company. Same time, company which laying off employee decreasing very much.

shinmaru03

It is really good chance who want to to work in a company (change job/company).

When I looked down the town in Tokyo, I can see a huge construction site for another high building in Marunouchi area. Tokyo seems to be busy even after Tokyo Olympic, as I don’t think the building can be completed before 2020.

shinmaru02

According to him, some company start re-hiring employee, once they laid-off. So he recommended me to try to apply to the company I have resigned 3 years ago.

For me? No way!
It is too interesting for me to meet with travelers from various countries. It is hard to manage a little guesthouse in local non-sightseeing spot, from the business point of view. However this experience is quite useful for the rest of my life to live happy.

Thank you and you have a nice day fulfilled with precious experiences.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

働きたい人には 今世紀最大のチャンス!

世界中に朝が、そして関門、東京にもあさが来ました。
おはようございます。

shinmaru01

たまに日本の首都、東京へ行く際には、自分はできるだけたくさんの用事やリサーチを済ませるようにしています。

その一つがビジネスコンサルトとのミーティング。
丸の内のオフィスを自由に使わせてくれるだけでなく、個別に色々なことを聞いたり相談できる「灯火」にとって非常にありがたい存在です。

彼のフロアはビジネスキャリア向けの再就職斡旋も担当していて、日本の労働市場の最新情報にも触れることが出来るので、独立しておきながら、そんな話題にも興味深く耳を立ててしまいます。

彼によると、最近の労働市場は、新卒のみならず、転職組にとっても「売り手市場」だそうです。その証拠に、仕事を斡旋する部署では「斡旋需要の低下」(=いまや欲しがる企業に自分で売り込める)により、仕事が減り、部署のスタッフが事業を見切ってどんどん離職しているそうです。(さすがは転職のプロ)

shinmaru03

まさに企業人として働きたい人には 今世紀最大のチャンス!

そんなオフィスから街を見下ろすと、そこには建設中の高層ビル。今この状態でオリンピックまでに完成するとは思えず、東京はポスト・オリンピックでも経済成長が活発だと見越しているようです。

shinmaru02

彼の最新情報では、退職した企業に「出戻る」事例も出てきているそうで、自分にもそれをチャレンジしてみてはと勧めてくれました。

ただ、自分の働いていた会社は人事政策・経営戦略の優れた企業で、たとえ600人の募集に対し、希望退職者が1000人を越えていても、人件費削減メリットをしっかり経営パフォーマンスに反映し、決して人員不足など引き起こすことのない会社です。
さらに、晴れて自由業となった自分自身もまた、ここ「灯火」での出会い・人との繋がりや関門ライフを満喫しているのに、何を好んでまた「就社・囚社」するでしょう。今は正直、ビジネス的には大変ですが、その大変さもサラリーマン時代のそれとは異なり未来の肥やしになると確信持てる経験ばかりです。

それでは、どうぞ貴重な経験に満ちた素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com/index_jp.html )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ