冬はほんとにご用心!/ Be really careful in winter!

apanese Title (邦題): 「冬はほんとにご用心!」末尾に

 

Be really careful in winter!

Good morning to the World and Kanmon!

The big fire happened near this guesthouse Thursday morning was extinguished without critical damage to other houses by fire spread.

There was no big affect to this guesthouse on Thursday but internet was down on Friday.

Exif_JPEG_PICTURE

I traced the optical cable and found out it goes just in front of the burned out house.

Exif_JPEG_PICTURE

Cable film is melted down there. Around the house, a street lamp and rain gutter of the house in the other side was melted. Lot number display is also charred.

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

I asked the recovery plan of internet by phone and she answered that it may take whole 3days holidays or a whole week. She also taught me that our guesthouse is not only affected information trouble caused by the fire.

So let us make our guest informed of our internet down condition. Thank you for your understanding of our situation in advance.

We were relieved with seeing no fire spread to this guesthouse at first, but now we realized the fear and impact of fire and that some of them are invisible.

So please please be really careful with the fire.

Thank you and you have a nice day with extra care about closing up and fire.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

冬はほんとにご用心!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

木曜朝に「灯火」の近所で起きた大きな火事。
風が弱かったこともあって、町内に延焼することなく鎮火しました。

当宿でも大きな影響なく、胸をなでおろしたのですが、金曜日になってネットの回線がダウンしてしまいました。

Exif_JPEG_PICTURE

光回線の電線を辿っていくと、火災現場の前を通る様になっていて、そこで被膜が溶け落ちている状態でした。

Exif_JPEG_PICTURE

現場周辺では、私道をはさんで向かいの街灯や家の雨樋も溶け落ちている状態で、地番表示までもが真っ黒です。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

電話で回線の復旧を確認したところ、影響はこの地区いたるところに及んでいて、修復は連休明け、もしかすると一週間程度かかるかもしれないとのことでした。

という理由で、当宿からのインターネットによる連絡等が遅れることになる可能性がありますことを事前にお伝えし、ご理解・ご了承のほどどうぞよろしくお願いします。

延焼は最小限で済んだようでホッとしましたが、実は目には見えない被害は大きく、火災の怖さ・影響を再認識しました。

どうぞ皆さま、冬の火災にはほんとにほんとにご用心!

それでは、戸締まり用心・火の用心で素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

今できること、最善のこと!/ What we can do now, the best things we can do now!

Japanese Title (邦題): 「今できること、最善のこと!」末尾に

 

What we can do now, the best things we can do now!

Good morning to the World and Kanmon!

In the previous article, we introduced our remote office where is very safe from infection.
(Just in case, it is only the shop in our town. Other shops have full of young generation who has/scatter the virus.)

As we are in hostel industry, we are very nervous about infection presentation.

Now there is no use of cluster prevention, because there are community acquired infections everywhere in Japan. The person you just pass by might be infected. Nobody know it. The Japanese government, who never use the word “Second Wave”, has been negative to strengthen the ability of testing. And we are thinking it is because they want to hide the true number of infected people in this country.

Dr. Nishiura, a professor of Kyoto Univ. (former Hokkaido Univ.) famous for his theory “80 percent reduction of contacting with people is effective”, taught us that Avoiding Three Cs is no longer effective in Japan. It was effective only for the time of a few infected people. (Lately we are not seeing him as well as our prime minister. 80 percent theory may not be favorable any more to the government.)

So we think that the only way to protect ourselves is to avoid contacting with other people as much as possible. Specially be careful not to contact young generation and not to visit the place they gather.

As a conclusion, we decided to operate this guesthouse with limited one group of guests a day. It is to avoid the risk of guest to guest contact/infection.

Usually we entertain all guests staying in one night with petit fireworks festival, SENKO HANABI night. It is very unfortunate to both our guests and us.

senko01

But we have a strong will not to have any infection in this guesthouse, so we keep the operation with limited one group of guests a day whole this year.

This is our new protocol with COVID-19 virus in this country.

Thank you and you have a nice day with effective your new protocol.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

今できること、最善のこと!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

前回の記事の中で、感染予防に最適なリモートオフィスを紹介しましたが、、、
(念のため、それはわが町の店舗だけです。他店にはウイルスを拡散する世代が大勢です。)

宿泊業という職種から、感染対策については少し神経質になってしまいます。

もはやクラスター対策の効果がないほど、「市中感染」が広がっています。町ですれ違う人が感染者かもしれません。第二波とは絶対に言わない日本政府が、同じく検査体制の拡充に積極的でないのは、真の国内感染者数を見たくないからではないかと最近考えるようになりました。

自他共に認める8割オジサン西浦教授(なんと北大から京大に移籍されているようです)によると、「三密を避ける」はすでに感染拡大抑制の有効な方法ではなくなっているそうです。三密回避は感染者が少ない時に限った有効手段だったそうです。(そういえば、首相同様、西浦教授も最近見なくなりましたね。人とのコンタクトを8割削減するとなにか都合が悪いのでしょうか?)

そうなると、もう自衛するしかなくて「他人との接触を極力避ける」しかないということだと考えています。特にウイルスキャリアーの可能性が高い「若い世代」が集まる場所には行かないことでしょう。

当宿でも7月から「一日一組限定」で予約をとることにしており、ゲスト間・ゲスト同士のコンタクトによる感染リスクを回避しています。

本来であればこの時期は、たまたま同じ日に泊まっているゲストで「線香花火大会」などして、楽しい夏の一夜を過ごすシーズンなのにとても残念です。

senko01

けれども、当宿が原因で感染が広まることだけは避けたく、今年いっぱいは「一日一組限定」オペレーションを継続する予定です。

これが「灯火」が掲げ・実践する「With Corona」のニュー・プロトコル(新様式)です。

それでは、有効な新様式で素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

静に、おごそかに / With Flowers

Japanese Title (邦題): 「静に、おごそかに」末尾に

 

With Flowers

Good morning to the World and Kanmon!

This month is the fourth anniversary month of this guesthouse “TOUKA”. Unfortunately we could not hold any events, because of COVID-19 infection. However it is heart warming month with flowers from supporters and guests.

flower01

flower02

We are feeling that community acquired infection is getting common starting from urban area in current Japan, with listening news and infection status.

We could not imagine what will happen on us and what kind of world we will be in. But we will keep continuing this business as long and we will be able to, because this is our lifework we have felt for this four years.

We have appreciated and will expect your patronage towards this guesthouse.

Thank you and you have thin but calm, long and nice days.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

静に、おごそかに

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

当宿「灯火」の4周年月間、、、感染リスクを考慮してイベント等は開催できませんでしたが、支援者やゲストからお花をいただくなど、心温まるひと月でした。

flower01

flower02

ニュースや感染者数の報道に触れるにつけ、日本国内では都市部から市中感染が蔓延してきた感のある新型コロナウイルスです。

これからどんな事が起こるのか、どんな世界になるのか、想像もつきませんが、この4年、ことあるごとに天職だなぁと実感しているこの稼業です。やれるところまで続けてみようと考えています。

これからもどうぞご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

それでは、細く、静かに、そして永く、素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )