ゲストハウス一番の悩み / Biggest headache of this guesthouse

Japanese Title (邦題): 「ゲストハウス一番の悩み」末尾に

 

Biggest headache of this guesthouse

Good morning to the World and Kanmon!

Guesthouse TOUKA is one of the smallest guesthouses in Japan but we have a problem.

It is volume of “Plastic garbage”.

Travelers tend to make more garbage during their trip, after guests stay, specially after group guests, they left big garbage. As the result. it gets hard for us to take out the trashes on garbage collection day. So we have tried one idea since 2 years ago.

It is the idea that we keep our staffs’ plastic garbage clean and neat and see what our guests do with seeing it.

Exif_JPEG_PICTURE

It means we rinse and dry plastic garbage like photo, and pile and compress them by size and put in trash box neatly.

plasticgbg02

Some guests who noticed the condition have usually asked us the right way to trust their garbage and we ask them just rinse their garbage.

There are a few guests who don’t mind it and trash them all with leftovers. But it is ok, cleaning guests’ garbage is our job. We take care of them and make them neat before taking out. As we think spontaneous notice and action are important, we never force them to do it.

Because I came back from Tama area in Tokyo, famous for strict rule to separate trash, I have no problem to do so. And I know that we can make our garbage compact and no need to worry about the smell. (Our plastic garbage may be the most compact and heaviest in this area. smile)

Coincidentally, I saw one TV program yesterday which is about plastic garbage as ecological problem.

“How should we accomplish recycling plastic garbage” NHK

Exif_JPEG_PICTURE

Plastic garbage seems to be not only our problem but also nationwide problem now.

Exif_JPEG_PICTURE

We want to have more strict separating rule considering high efficient recycling. Specially we want our government to set regulation about shape and size of plastic trays for easy piling and compressing. In the TV program, caster mentioned that we should have more capability to recycling. But we believe that our consciousness of creating minimum garbage is much more important.

Thank you and you have a nice day, being more eco-friendly.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

ゲストハウス一番の悩み

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

当宿「灯火」は日本でも最小クラスのゲストハウスですが、ちょっとした悩みがあります。

それは「プラスチックごみ」の量。

旅する人はどうしてもゴミが増えてしまうようで、グループの滞在後には大量のゴミが残ります。
結果、ゴミ収集日には大仕事になってしまうので、二年前からあるトライアルをしてきました。

それは、まずスタッフの出すゴミをキレイにして、それを見たゲストがどう対応するかをみてみようという試みです。

Exif_JPEG_PICTURE

つまり画像のようにすすいで乾かしたプラゴミを、出来るだけきれいに重ねてカサを減らし、ブラゴミ箱に入れておくという取り組みです。

plasticgbg02

これに気付くゲストさんは、どう処理すればよいかを尋ねてくれるので、水ですすぐことだけお願いして協力してもらってきました。

なかには無造作に残飯もそのままに捨ててしまう方もいましたが、それはそれ、宿屋の仕事としてキレイに分別してゴミ出します。気付きが大事なので、決して強要はしません。

宿主はもともとゴミ分別の厳しい東京多摩地区に住んでいたので、分別は苦ではないし、キレイに揃えることでカサも減り、ごみ捨てが楽になります。匂いも気にすることがなくなります。(その結果、おそらく地区で一番詰まっていて重いプラごみかも。笑)

こんな取り組みをしていたら、テレビでプラスチックごみが問題になっていると特集していました。

クローズアップ現代+「プラごみリサイクルどう実現?」NHK

Exif_JPEG_PICTURE

ちいさなゲストハウスの問題だと思っていたら、日本全体の問題でもあるみたいです。

Exif_JPEG_PICTURE

当宿としては、もう少し再生を意識して、分別を細かくしてもらえるとうれしいぐらいです。プラスチック容器の規格化してもらえると重ねやすくて有り難いです。番組では再生処理能力の向上が必要と言っていましたが、もっと重要なのは「ゴミを出す側の意識」なのではないでしょうか。

それでは、環境にも優しい素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

共通項 / Common criteria

Japanese Title (邦題): 「共通項」末尾に

 

Common criteria

Good morning to the World and Kanmon!

In my recent traveling, I have been in to one thing.

It is ”MICHI NO EKI (roadside station)”.

“MICHI NO EKI” is one of relatively new Japanese cultures. I try to visit “MICHI NO EKI” in each area. But I don’t make schedule to visit certain “MICHI NO EKI” in advance. I just choose one from some in the area whenever I feel that I want to visit. It is random selection and very fun all the time.

It is very interesting that randomly selected one is often better than one with good reputation in guidebooks.

My criteria of good and bad is “comfortable or not”.

As I am not interested in souvenirs and agricultural products in “MICHI NO EKI”, I care over all atmosphere and

the Restroom.

During the trip this time, I found a “comfortable MICHI NO EKI”.

roadsidestation01

roadsidestation06

roadsidestation02

Among its facilities, restroom was very good. It was very clean and designed user‐friendly.

roadsidestation03

roadsidestation04

And they adopted our honorable Kitakyushu Brand “TOTO”.

roadsidestation05

TOUKA also adopted “TOTO” and we know how good it is. This comfort is common in both “MICHI NO EKI” and accommodation.

There are many other “MICHI NO EKI” at the roadside in all over Japan. So I am excited to visit them and learn from them.

Thank you and you have a nice day, having lots of learning.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

共通項

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

最近旅していて、ハマっているものがあります。

それは「道の駅」。

「道の駅」は比較的最近出来た日本独自の文化のひとつです。雑誌や口コミ等の評判を見て訪問するのではなく、地図アプリでこの辺に「道の駅」ないかなぁ、と思って行ってみる、いわば行きあたりばったりの訪問が楽しくて仕方ありません。

面白いのは、前評判よりも行きあたりばったりで訪問するところのほうが良かったりすることです。

何をもって「良い」といっているのか、といえば、、、

それは「心地よいかどうか」。

自分の場合、あまりお土産や農産品にはあまり興味がなくて、それらについての良し悪しの優先順位は低くて、気にするのは「全体の雰囲気」と、、、

「トイレ」

今回の旅の中でも、意外なところに「心地よい 道の駅」を見つけることができました。

roadsidestation01

roadsidestation06

roadsidestation02

施設の中でも「トイレ」は抜群でした。使いやすさに清潔なところ。

roadsidestation03

roadsidestation04

そして、やっぱり「北九州ブランド」!

roadsidestation05
(ウォシュレットはもちろん、ココは便座クリーナーやタイル張りも良いですね。)

灯火でも全面的に採用していますが、やっぱりイイです。こうした心地よさは「道の駅」も「宿屋」も共通だと実感します。

日本のロードサイドにはまだまだ「未知の道の駅」がたくさんあって、将来訪問・勉強させていただくのが楽しみです。

それでは、学びの多い素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

一息ついて、、、/ Have a break!

Japanese Title (邦題): 「一息ついて、、、」末尾に

 

Have a break!

Good morning to the World and Kanmon!

Since the new year eve, we have been unstable emotionally in Japan.

Now is the time to take a break in our each favorite place.

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Thank you and you have a nice day with a cup of fresh brewed coffee.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

一息ついて、、、

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

日本では、なんだか大晦日からずっと気分が滅入っているような感じがしています。

私たち日本人には、きっとここらでホッと一息する時間が必要なんでしょう。それもお気に入りの場所で、、、

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

それでは、挽きたて・淹れたてのコーヒーと素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )