再会・思い出 / Reunion – Memory

Japanese Title (邦題): 「再会・思い出」末尾に

 

Reunion – Memory

Good morning to the World and Kanmon!

I was watching TV casually. The program was to visit abroad to find unique recipe which has never been to Japan yet. The country the buyer visited was Bulgaria.

In that program, Bulgarian local products were introduced by her. One of them was hand-mail pottery made in a small town, “Troyan Pottery”. They have unique pattern as their character.

I looked at our dining table and find similar plate like that in the TV program.

troyan01

And I remember that the plate was the gift from our guest, who is a pro cameraman traveling around the world and that he told that he bought it in Bulgaria.

Unexpectedly I remembered him who stay here more than one year ago. He was the guest from the most exciting place in Asia now. And I wonder if he is doing well under the situation, his country is in the middle of chaos.

OK, let’s send a message to him by e-mail.

Thank you and you have a nice day enjoying with past memory.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

再会・思い出

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

何気なくテレビを見ていました。まだ日本にない料理のレシピを海外に買い付けに行くという趣向の番組でした。そのバイヤーが訪れた国はブルガリア。

番組の途中で、ブルガリアの名産品の紹介がありました。そこで紹介されたのは、ある町で手作りで作られている焼き物「トロヤン焼き」。なんとも個性的な模様が特徴だそうです。

ふと、ダイニングに飾っている小皿を見ると、今テレビに映っていた器にそっくり。

troyan01

そういえばこの皿は世界を飛び回っているカメラマンが、当宿に滞在した時にお土産としてくれたもの。たしかブルガリアで買ったものだと言っていたことを思い出しました。

ふとしたことで一年以上も前に利用していただいたゲストのことを思い出しました。彼は今アジアで一番ホットな国からのゲスト。国が揺れている中でどうしているか気になり始めました。

そうだ、メールしてみよう!

それでは、たまには思い出にひたる素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

新しいのがお好き?/ Some Like It New?

Japanese Title (邦題): 「新しいのがお好き?」末尾に

 

Some Like It New?

Good morning to the World and Kanmon!

There are various type of guests use this guesthouse.

We are not the guesthouse which only let guests into our guest rooms after check-in and clean guest rooms after their check-out simply by the manual like immigration officers. As a result, we keep having new and exciting findings all the time.

I have written some articles about our guests who came from foreign countries, and we can have more unique findings, if we try to have longer and wider outlooks.

For example, passports!
There are two passports on attached photos and both of them have comparably new designed covers.

passportnz  passporthkproc

Interesting finding was that there is big difference between two passport holders. It is whether people who hold them have a good feeling about new passport (design) or not.

Now I want to propose new design to the Japanese passport in this timing of new era “Reiwa”. New and cool design (government), majority of its citizens like/are proud of.

Thank you and you have a cool and wonderful day.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

新しいのがお好き?

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

ゲストハウスという場所はいろいろな人が行き来します。

当宿は、ただ受付でチェックイン後にお部屋に通し、チェックアウトした後に掃除をして一連の業務がお終いという具合に、まるで入国審査官のように、単純・マニュアルチックにゲストに接する宿ではないので、新鮮かつ驚きの発見に日々遭遇します。

これまでも海外からいらっしゃるゲストについて記事にしました。お一人おひとりをみても個性的でとてもユニークですが、視点を点ではなく線や面で捉えるとまた非常にユニークな気付きがあります。

たとえばパスポート、、、
最近気づいたのですが、画像に挙げた二つのパスポートはどちらも比較的最近、表紙のデザインが変わっています。

passportnz  passporthkproc

興味深いのは、そのパスポートが発行される国民がその新しいデザインを好むか好まないかで、この二つについていえば、それぞれで大きく異なります。

新しい年号「令和」となった日本も、そろそろ粋な表紙デザインに変更してはどうかとつくづく思う今日このごろです。もちろんそれを持つ国民が大好きで誇りを持てるデザイン(政府)に。

それでは、どうぞ粋で素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

あつい夏、にっぽんの夏!/ Which summer is hotter?!

Japanese Title (邦題): 「あつい夏、にっぽんの夏!」末尾に

 

Which summer is hotter?!

Good morning to the World and Kanmon!

I wrote comment on last article that we are supporting Hong Kong citizen. But it means that we are supporting Hong Kong citizen to obtain their rights and freedom and we never ever support any violences and vandalisms.

TV news in Japan broadcasted about huge demonstration in Hong Kong. Hong Kong is really hot now. It is too hot that we are worrying now that violent power may suppress them finally.

By the way, Hong Kong is hot but here is also very hot.
“Kanmon strait Fireworks Festival” was held here yesterday, Aug 13th.

kanmonfire2019-01

Additional trains were scheduled to run to Mojiko. So trains departed from Komorie station every 10min, but all vehicles were full of people who want to see fireworks. They are almost like rush hour Chuo line trains in Tokyo.

kanmonfire2019-02

Fireworks launched from both side of the strait were amazing! We could enjoy big wonderful fireworks even from this Komorie, though it is a little far from festival area.

kanmonfire2019-03

kanmonfire2019-04(These pictures were taken by my digital camera, but the real ones were way more beautiful and much more powerful than these.)

As there was less wind last night, smokes remains in the sky and that disturb the next fireworks.

However I thought that we are lucky that is a just a smoke, not tear gas in the air. Is that only me who thought like that?

Incidentally, we are having our guests from two countries (areas) which are pressured by the big Asian country.

kanmonfire2019-05

Anyway, it also looked beautiful from Komorie that pleasure boats suddenly rushed to their home ports just after the show of fireworks.

Thank you and you have a non-violent wonderful day.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

あつい夏、にっぽんの夏!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

前の記事で香港市民を支援するコメントを掲載しましたが、、、
それは香港市民が権利と自由を勝ち取ることを支援するという意味で、
暴力的・破壊的行為を支援しているわけではありません。

昨日のニュースでも報じられていましたが、香港はとても熱くなっていますね。あまり熱くなりすぎて、最終的に暴力で鎮圧されてしまうことを心から危惧しています。

熱いといえば、香港ほどではないですが、関門もとても暑い/熱いです。
昨日8月13日には「関門海峡花火大会」が開催されました。

kanmonfire2019-01

門司港に向かう電車は増便され、ほぼ10分起きに小森江駅を出発していきますが、どの車両も満員です。まるで東京の中央線の通勤ラッシュのようでした。

kanmonfire2019-02

海峡の両岸から打ち上げられる花火は今年も壮観で、少し離れてはいますが、小森江からも大きく綺麗な花火を眺めることが出来ました。

kanmonfire2019-03

kanmonfire2019-04(デジカメで撮った画像よりも実際はもっと綺麗で、ずっと迫力があります。)

昨日は風がなくて、煙が空に残るのがイマイチでしたが、、、

あの煙が催涙ガスでなくて良かった、と思ったのは自分だけでしょうか?

ちなみに、花火目的で今いらっしゃっているのは、彼の国から猛烈にプレッシャーをかけられている二カ国(二箇所)からのゲストさんたちです。

kanmonfire2019-05

とにかく、花火直後の蜘蛛の子を散らすよう離散するプレジャーボートまできれいに見える小森江での花火鑑賞でした。

それでは、どうぞ非暴力で素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ