発展途上の町、成熟した街、衰退するまち!/ Developing town, Mature town and Declining town!

Japanese Title (邦題):「発展途上の町、成熟した街、衰退するまち」末尾に

 

Developing town, Mature town and Declining town!

Good morning to the World and Kanmon!

There were a lot of finding during I walked around the biggest town in Fukuoka pref.

I originally have an idea of criteria about developing level of town. Such as:

A. Rural country: There is no Starbucks Coffee shop
B. Urban city: There is/are one or more Starbucks Coffee shop(s).

In the sailing boat I used be join as a clue, there is another clue who is taking care Starbucks’ marketing strategy. As he informed us of his idea, I’ve admired about their criterial of opening new shop. This time, I slightly changed my indicator of developing level. Such as:

1. Rural town:
There is no Starbucks Coffee shop yet.
2. Normal Commercial town:
There is Starbucks Coffee shops just for drinking coffee
Majority of guests take away.)
3. Mature town, which grow furthermore:
There is/are one or more Starbucks Coffee shop(s).
They are corroborate with high sense culture of nature.
(Majority of guests stay and enjoy its atmosphere.)
4. Declining town:
There is no plan of opening Starbucks Coffee shop.
There will never be the plan in future.

The Starbucks shop I saw in the city this time was like these.

ropponmatsu01

ropponmatsu02

ropponmatsu03

The advanced shop looks like a library.
(Weekday afternoon, women staying there has spreading high class atmosphere.)

It is not inferior to the real Starbucks in a library.

takeo04

takeo03

(above: One of the most famous Starbucks shop in Japan.)

In the mature city, Fukuoka, there is also a Starbucks Coffee shop in a park with a lot of nature.

oohori03

 

By the way, we locates in the town, which has no future planning of Starbucks’ opening its shop.

But unfortunately, our coffee is quite better than their coffee.
(There is individual variation in impressions)

Plus there is nice wind blowing here, which never blows around their shops. There is neither stressful smell from dull color faced women and men.

Thank you and you have a nice day in the town which suits you best.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

発展途上の町、成熟した街、衰退するまち

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

九州最大の街に出かけていくと色々な気付きがありました。

元々、自分の中では「まちの発展度合い」の見える化指標としてある基準を持っていました。

A:田舎 =スタバがない
B:都会 =スタバがある

以前に乗っていた船のクルーにスタバのマーケターがいて、よく話を聞いていたので、まちをみるスタバの目(出店基準)には一目置いていましたが、今回最新の店舗を見て、自分の中の指標が次のように変わりました。

1:田舎町=
まだスタバがない
2:とりあえず商業地=
とりあえずコーヒーを飲むためのスタバがある
(顧客の主流はテイクアウト客)
3:今後さらに発展する街=
文化発信拠点もしくは自然と融合したスタバがある
(顧客の主流は店内滞在型)
4:衰退していく町=
スタバの出店計画すらない(将来的にもない)

今回、成熟した町、福岡市で見たスタバはこんな街にあります。

ropponmatsu01

ropponmatsu02

ropponmatsu03

「六本松九大跡地に開業、JR九州が発表」
その最先端の店舗は、まるで図書館のような雰囲気でした。
(平日のお昼下がり、そこに集う女性達は自らハイクラスのオーラを発していました。)

優しい陽の光と本に囲まれた店内は、実際に図書館内にあるスタバと比べても遜色がありません。

takeo04

takeo03

(上:日本でも有名な図書館にあるスタバです。)

すぐ近くの公園には、自然たっぷりの中で営業するスタバもあり、羨ましいばかりです。

oohori03

 

さて、当宿は「スタバの出店計画のない土地」のゲストハウスですが、残念ながらコーヒーはスタバよりも旨いです。
(*感想には個人差がございます。)

そして、上記2・3のまちにはない良い風が吹いてます。「くすんだ顔色をしたストレス臭」もありません。

それでは、どうぞ自分自身に合ったまちで素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

もしやココはっ、、、もはやココは杭州?!/ Is this Oohori Park? Really?!

Japanese Title (邦題): 「もしやココはっ、、、もはやココは杭州?!」末尾に

 

Is this Oohori Park? Really?!

Good morning to the World and Kanmon!

To enjoy just one bowl of Ramen, I visited the capital of Fukuoka.

As there is a big park near the Ramen shop, I took a walk around the pond.

oohori01

And I found out that there is a big difference from the time I visited there long time ago.

What is different??

It is not cleaner condition of the park.

It is not the museum under construction.

It is the People. There are so many people who don’t speak HAKATA-BEN Japanese.

oohori02

There are foreign tourists increasing in Kitakyushu, but that in Fukuoka is way over than I imagined.

That is a big chance for hostel business in Fukuoka and I envy the owners of guesthouses there.

Thank you and you have a nice day, with bunch of foreign people around you.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

もしやココはっ、、、もはやココは杭州?!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

はるばるラーメン目当てに訪れた県庁所在地。

ラーメン店のすぐ近くに大きな公園があったので散歩してみると、、、

oohori01

その昔、この公園に訪れた時と大きく違うことに気付きました。

なにが違うか、、、

以前よりずっとキレイに整備されていることではありません。

工事中の美術館でもありません。

それは、、、湖畔で聞く「言葉」です。

oohori02

そこで聞かれるのは、もはや博多弁ではなく、ボリューム・マックスの外国語ばかりでした。

北九州も海外からの旅行客が増えていますが、そんな比ではありません。

インバウンドに支えられている当宿ではありますが、すこし怖くなりました。

それでは、どうぞ自分自身のアイデンティティをしっかりと持って素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

片道2時間半かけて食べに行く一杯!/ Worth to spend 2.5hours for one way to eat it!

Japanese Title (邦題): 「片道2時間半かけて食べに行く一杯!」末尾に

 

Worth to spend 2.5hours for one way to eat it!

Good morning to the World and Kanmon!

I got JR Pass “Seishun 18 ticket” from one of our guests.

The ticket was valid till yesterday, I wondered I should go somewhere or abandon to go anywhere. In such time, I saw a bowl of tasty Ramen on TV screen.

The TV program was the story of one guy open Fukushima style SHOYU (soy sauce) soup Ramen shop at Fukuoka where so many Kyushu style TONKOTSU (pork bone sauce) soup Ramen shops are competing.

“Ramen Crazy”

The life of owner who spend whole his time and power to create one bowl of Ramen he can be satisfied.

tora00

As I believe that I should taste it now, I jumped on Kagoshima line train with “Seishun 18 ticket” in my hand.

tora01

tora02

tora03

There was so many people made a line in front of his Fukuoka branch even before its business time. It seems the TV program made many people think as myself. As I talked with a senior couple in front of me about recent Fukuoka and its ramen situation, I felt the time was not long but it took 40min to get the wonderful Ramen.

tora04

tora05

tora06

I am not a gourmet, so I don’t report about the food. But I could feel the owners hospitality through one bowl of Ramen

Thank you and you have a nice day to provide your something for someone else.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

片道2時間半かけて食べに行く一杯!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

ゲストさんにいただいた青春18切符。

昨日までの期限だったので、どうしようか、使うの諦めようかと悩んでいた時に、ふとテレビに映っていた旨そうなラーメンが目に留まりました。

豚骨激戦区の博多に、あえて福島系の醤油ラーメン店を出店させたという話。

「ラーメンバカ」

一杯のラーメンに情熱を注いできた店主のストーリー。

これは行くしかないな、と青春18切符を握りしめ、鹿児島本線に飛び乗りました。

tora00

tora01

そのお店の福岡分店では開店前から長蛇の列、、、

tora02

tora03

前日のテレビ効果が大きかったらしいです。自分の前に並ぶナイスグレーのカップルと最近の博多事情・ラーメン事情などを話しているとアッという間に感じましたが、正確には40分待って、こだわりの一杯と出会うことができました。

tora04

tora05

tora06

自分はグルメではないので、食レポはしませんが、こだわりにこだわった「おもてなし」を一杯のラーメンを通して感じることが出来て、良い勉強になったと思います。
(豚骨ラーメン目当てに訪れるゲストに紹介することはないと思いますが、、、)

それでは、どうぞこだわりの「何か」を誰かに提供してみる素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ