いつ来るの? イマでしょう!/ When will you come? It must be NOW!

Japanese Title (邦題): 「いつ来るの? イマでしょう!」末尾に

 

When will you come? It must be NOW!

Good morning to the World and Kanmon!

It is the best time now in the center area of this city.
Within 25 min after leaving here, you are under SAKURA flowers looking up white castle.

2018sakura13

2018sakura15

2018sakura14

(The best time will be after Friday around here, we guess.)

2018sakura16

Thank you and you have a nice day at best place everyday.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

いつ来るの? イマでしょう!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

さあ、当市中心部は今が最高です。
ここから25分ほどで桜の中からお城を見上げているあなたがいます。

2018sakura13

2018sakura15

2018sakura14

(このあたり当宿周辺はこの金曜日頃からが見頃でしょう。)

2018sakura16

それでは、日々最高の場所でどうぞ素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

とかく人を評価できる立場ではありませんが、、/ I am not a person who can evaluate others, but

Japanese Title (邦題): 「とかく人を評価できる立場ではありませんが、、」末尾に

 

I am not a person who can evaluate others, but

Good morning to the World and Kanmon!

I went to see the movie “Goodbye Elegy” at the theater which are one of the location of the movie.

oosugiren13

This movie hasn’t gotten good sales record and reputation but it is worth interesting and full of findings for me. That is my impression of this movie.

oosugiren10

However, my points of interest may be a little different from general audience of the movie.

Different (special) point:
– Same as author, the main stage is my hometown too.
– As the main character, old mother/parents living there.
– Once left from hometown, I lived in Tokyo and U.S. as author.
– I also have long experience of supporting orphans house as the partner role.
– There is a movie director in friend/classmate.

With considering such special background, my impression about the location setting of the movie is:

oosugiren11

*Good Point:
– Taking care not to take too common places in scenes, such as Mojiko Retro area and Kokura station.

*Piteous Point:
– Most of all locations were used already in other TV dramas and movies and there is a big risk of feeling strange deja vu in watching the movie.

oosugiren12

As I felt, my friend, classmate, OB/OG of my high school can feel similar nostalgia by every scene of this movie. It might be a good idea to watch this movie before coming back this home town to attend high school reunion. This can be a guide video of hometown rather than a movie.

Anyway, I like his straight role play of Ren Oosugi in this movie. I believe he has unfinished business as he was so talented. I pray that his soul may rest in peace.

Thank you and you have a nice day like movie scene.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

とかく人を評価できる立場ではありませんが、、

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

名優 大杉漣の遺作「グッバイエレジー」をそのロケ地にもなった映画館で見てきました。

oosugiren13

こちらの作品、興行成績や評論を見る限りそれほど芳しい評価は得ていないようですが、自分的にはとても興味深く・気付きも多い作品だったというのが率直な感想です。

oosugiren10

ただ 何故興味深いかは、映画の観客として少し特殊かもしれません。

特殊な理由:
・作者同様、舞台が自分の故郷でもあること
・主人公同様、その故郷に老いた親が生活していること
・ロケ地に自分が学生だった頃、そしてUターン後の今慣れ親しむ場所が多いこと
・一度は故郷を離れ、東京や米国に出ており、作者の気持ちがわかること
・長年児童養護施設を支えているので、相手役にも感情移入できること
・友人/クラスメイトに映画監督がいること

そうした特殊事情もあわせて、ロケ地を中心に感想を上げると、、、
(ストーリーやカメラワークについての評価は専門家に任せます。)

oosugiren11

評価したいこと:
・門司港レトロや小倉駅などの一般的でいわゆる俗的な場所が写り込まない様に意識されていたこと。

イマイチだったこと:
・既に他の映画やドラマでも使いまわされているロケ地が多く、新鮮味がありませんでした。もう少しディープなロケ地も使用しないと、作品に変な既視感を感じるリスクがあるように思いました。

oosugiren12

この映画、自分が興味を持てたように、故郷を離れた同級生や、高校の先輩・後輩はきっと同様の共感を持つだろうと思います。折しも同窓会などの開催される時期、こちらの映画を通して「故郷を復習」した上で、帰省してみてはいかがでしょう。大杉漣さんの人柄も出ている演技には好感を持ちました。演技派だっただけに、やり残したことや未練も多いと思います。心からご冥福をお祈りします。

それでは、どうぞ映画のような素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

想いと空気に浸れる街!/ Deep in melancholic mood!

Japanese Title (邦題): 「想いと空気に浸れる街!」末尾に

 

Deep in melancholic mood!

Good morning to the World and Kanmon!

On Tuesday, with cold rain,
Guest said that he will visit Hiroshima and come back late.

So I decided to go to watch memorial screenings of the actor who passed away last month.

oosugiren05

In spite of short notice and weekday event, there were full of people in the theater.

oosugiren06

Most of them are aged people and some have difficulty walk up/down the stairs to/from their seats. There also was a accident one of them fall down making big sound. The situation was miniature of the city and made me remind the old actress playing mother of main character of the movie.

The movie seemed to be played twice that day and I saw the first play, thinking of our guest’s coming back to the guesthouse. Between two plays, memorial ceremony for the actor was held by the lady owner of the theater. The theater was one of the locations of the movie, she was model of one character and she played as an extra in the movie. So audiences can see her strong passion about this movie and the actor. She also showed us special moving picture of him owned by the theater. I think it was really good ceremony.

oosugiren09

So many TV cameras in the theater made us understand strong interest as the city which want to be Japanese Hollywood.

About the movie “Goodbye Elegy” itself, there was both bad and good reputation. But I could see many interesting scene, shot and location from the resident’s point of view. I will report them later in different article.

oosugiren04

This time, I visited the theater to participate in his memorial event, but I also recognized the value of the theater “SHOWA-KAN”. I believe it is better legacy than both Mojiko Retro and World heritages of the buildings in Meiji era. We could really feel retro and melancholic air in the theater.

oosugiren07

I visited again this time after decades of blank. I want to recommend people who never visit there and who haven’t be there for long time to visit the theater. The actor’s playing movies will be played in the middle of May.

Thank you and you have a melancholic nice day sometimes in your life.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

想いと空気に浸る!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

冷たい雨の火曜日、、、
前述したとおり、お隣の県内一円で開催中の人気アニメのミステリーツアーのイベントに出かけたゲストのお戻りが遅くなるとのことだったので、、、

行ってきました「名優を偲ぶ特別上映会」!

oosugiren05

短時間の告知、平日の開催にもかかわらず、館内は観客でいっぱい。

その殆どはお年寄りで、多くは客席の階段昇降もおぼつかないほど、上段席では大きな音を立てて転倒される方もいたり主催者がおろおろするほどでした。どちらを向いてもお年寄りの、当市の縮図のような館内で、作品内、主人公の母役を演じていた佐々木すみ江さんを彷彿させられました。

作品は2度上映されたようで、自分はゲストの宿へのお戻りも考慮して初回を鑑賞。幕間には「大杉漣さんを偲ぶ会」も催されました。作品ストーリーの伏線となっている映画館であり、脇役を超える配役でエキストラ出演されていた「館主の想い」の詰まった会でした。館秘蔵・門外不出の舞台挨拶画像も偲ぶ想いをさらに膨らませ、とても感慨深く・気付きも多いイベントでした。

oosugiren06

oosugiren09

当日、館内にはマスコミのカメラもたくさん入っていて、日本のハリウッド(?)北九州の関心の高さを体感することができました。

遺作となった作品「グッバイエレジー」について、評価は賛否分かれているようですが、自分としては興味深い部分が随所にあり、そのことは後日あらためて記事にしたいと思います。

oosugiren04

今回、追悼イベントで利用しましたが、明治の産業遺産よりも、門司港「レトロ」よりも、レトロと哀愁とに浸れる空間、小倉「昭和館」、大切にしたい昭和遺産だと再認識しました。

oosugiren07

利用したことのない方、自分のようにウン十年前に利用して以来行っていない方、是非足をお運びください。5月中旬には大杉漣さんの追悼特集上映キャンペーンも開催されるそうです。

それでは、どうぞたまには思い出に浸る素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ