遠い記憶を呼び起こす!/ Memories of long time ago!

Japanese Title (邦題): 「遠い記憶を呼び起こす!」末尾に

 

 

Memories of long time ago!

Good morning to the World and Kanmon!

I remember one thing, when I saw TV program telling us about Leading Lighthouse in Kanmon Strait.

It seems TOUKA’s Lighthouse, “OOSETO Leading Lighthouses No.3”, used to locate at different place from now.

I found it in Memorial Trollies which used to run this town long time ago.

trolly01

In this spring, I had a chance to walk in the memorial trolly exhibited in Mojiko Retro area.
There are several pictures of trollies running in this town posted.

In the one of the pictures, I found a lighthouse. It is in front of Moji Hospital.
Now there is a pharmacy there but lighthouse.

trolly02

I said long time ago, but I used the trolly to commute to my high school. So I remembered the lighthouse vaguely.

Together with the lighthouse, I remembered one beautiful high school girl in the trolly I saw every morning. She wore uniform of another high school (used to be female only school) in same town. The way she stood in the trolly was really nice with skinny body line, which we could not see in my school. (Body line was created by the uniform, I believe (not to be blamed by my classmates).)

trolly03

There are no longer trollies, my alma mater and her alma mater in this town.

This fact makes me feel sad about my home town.

Thank you and you keep nice and precious memories in your mind forever.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

遠い記憶を呼び起こす!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

テレビで関門海峡の安全を守る灯台のことが取り上げられたので思い出しました。

当宿「灯火」の灯台である「大瀬戸 第三号導燈」は昔、別の場所にあったようです。

それを知ったのは、昔この地を走っていた路面電車の記念展示車両の中。

trolly01

この春、不定期に開放されているこの車両に入ることができたのです。
そこに掲示されていた、路面電車がまだ走っていた頃の数枚の写真。

その写真の中に灯台が写っていたのです。門司病院の前です。

trolly02

現在その場所には薬局が建っていて、灯台はありません。

昔とはいっても、実は自分が高校生だった頃。この路面電車を通学のため利用していて、おぼろげにこの灯台のことを思い出しました。

さらに灯台と一緒に、路面電車でいつも見かけていた、隣の高校(元女子校)の制服を着た年上の女子高生のキレイな立ち姿も思い出しました。
(自分の高校では見ることのない、キレイなボティラインのひと(女性)でした。ちなみにボディラインは制服の仕業ということにしておきます。クラスメイトのためにも、、、笑)

trolly03

今では路面電車も、自分の母校も、そのキレイな女学生の通っていた高校もありません。

そう思うとすこし哀しい我が故郷です。

それでは、どうぞ素敵な思い出をず〜っと胸に!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

ブラタモリ #108 下関!/ BURA-TAMORI #108 Shimonoseki!

Japanese Title (邦題): 「ブラタモリ #108 下関!」末尾に

 

BURA-TAMORI #108 Shimonoseki!

Good morning to the World and Kanmon!

Could you see the NHK’s TV Program “BURA-TAMORI” last night?

NHK is broadcasting program about this area two weeks in a row.
(It was postponed from last week due to the rain disaster.)
Program this week was about the other side, Shimonoseki.

It was a good study to know the roots of Kanmon straits we can see in front of this place.
It was useful for us to understand this place geologically and geopolitically.

And 5 pairs of lighthouses introduced as the key of safe cruise through the strait.
Yes, one of them is the lighthouse of this guesthouse TOUKA.

touka21

touka22

Official name of the lighthouse is “Rear light of OOSETO Leading Lighthouses No.3”!

touka23

The lighthouses, from the national road Seaside 199.(Pic)

touka24

The lighthouses, from MIKUNI world stadium Kitakyushu.(Pic)

touka25

The TV talent TAMORI could not see but it is amazing watching huge passenger cruiser is coming straight to this place.

touka26
(Picture is Diamond Princess)

I believe that there is no other guesthouse/hotel stands under leading lighthouse of the strait.

Would you come here to see big ship coming toward yourself and experience deep sleep under soft light from leading lighthouse.

This is the report from TOUKA who want to be the guesthouse, welcoming travelers come toward happy life.

Thank you and you have a nice day, straight to safe/happy life.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

ブラタモリ #108 下関

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

みなさん見られました? NHKの番組「ブラタモリ」!

今週と来週、二週に渡って関門海峡特集です。
(先週分が大雨の緊急放送のため延期されました。)
今週は対岸の「下関」について。

眼の前に広がる関門海峡のルーツが分かってスゴく勉強になりました。
地質学・地勢学的に故郷を見たことがない自分にはとてもタメになりました。

そして、海峡の安全航行の要と紹介されていた5組の導灯(灯台)。
そう当宿「灯火」の灯台もその一つです。

touka21

touka22

正式名称は「大瀬戸 第三号導燈 後燈」です!

touka23

第三号導灯をシーサイド国道199号から見ると(画像)。

touka24

航路の先にある「ミクニワールドスタジアム北九州」から見ると(画像)。

touka25

タモリさんは見れませんでしたが、この灯台に向かって大型船が真っ直ぐに向かってくるのは結構迫力です。

touka26
(画像は大型客船 ダイヤモンド・プリンセス)

おそらく海峡の導灯に立つ宿は「灯火」以外、他にはないと思います。

是非一度、向かってくる大型船を見に、灯台の優しい灯りの下でぐっすり眠りに、ココに来てみませんか。

以上、旅人が真っ直ぐに向かってくるのを迎える宿になりたい「灯火」からでした。

さあ、来週はこちら側「門司」について!
「灯火」の眼下にある(見えない)関門トンネルについて掘り下げる?ようです。

それでは、どうぞ真っ直ぐ安全にそして素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

旅人も癒やす町宿!/ Guesthouse to heal yourself!

Japanese Title (邦題): 「旅人も癒やす町宿!」末尾に

 

Guesthouse to heal yourself!

Good morning to the World and Kanmon!

I’ve noticed, when I looked back guests’ record.

We have not get certain type of guests who may be seen recent style guesthouse since we started TOUKA.

The type of people is neither certain nationality,
nor color of skin.

They are “Party People”!
(From my experience, there seems to be party type owner and staff in some guesthouse and people spend exciting time every night.)

Party people are not bad, but guests using TOUKA are polite and have high level communication skill and strong interest about Japan.

No matter age, gender, race.

We’ve found out after talking with them a while, there are some guests who decided to visit here around turning point of their life.

And they enjoy relaxed here and check-out with big smile.

nipponmaru30

nipponmaru31

In the night, they enjoy looking down the light of running big boat.
In the morning, they are waked up by horn from ships.

2lighthouses02

This place may have power to heal the exhausted people and hurt mind.

2lighthouses01

There may be something important for them at the point where two lighthouses beam their light.

Thank you and you have a mindful nice day.

P.S. As a lighthouse keeper which stands at the difficult stage of their life, I cannot help praying for their happy future.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

旅人も癒やす町宿!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

これまでの宿帳をめくっていて気づいたのですが、、、

「灯火」には、最近のゲストハウスで見かけるある人種がほとんど来ません。

その人種とは、、、国籍でも、肌の色でもなく、、、

パーリーピーポー!
(自分の体験から、オーナーやスタッフがパーリーピーポーで夜な夜な盛り上がる宿もあるようです。)

パーリーピーポーも決して悪くないのですが、ウチに来てくれるゲストの大半は、とても礼儀正しくて、コミュニケーションスキルが高く、日本に対する感心もとても高い、そんな人たちです。

年齢はあまり関係ないようです。

話してみると分かるのですが、結構人生の転機を前後にして訪れるゲストが少なくありません。

そしてここでのひとときをリラックスして過ごし、笑顔で帰っていかれる。

nipponmaru30

nipponmaru31

夜は、滑るように海峡を進む船の灯りをぼんやりと眺めたり、
朝は、汽笛の音を目覚まし代わりに目が覚めたり、、、

2lighthouses02

ここは疲れた人や心が傷ついた人を癒やし、元気にする町として機能しているようです。

2lighthouses01

二本の灯台が照らす先には、ゲストにとって大切なものが示されているのかもしれません。

それでは、どうぞマインドフルで素敵な一日を!

P.S. 関門にある海峡、人生の難所に立つ灯台守として、彼らの幸せな未来を祈らずにはいられません。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ