さらに上から目線でも、、、やっぱり美しい!/ More Beautiful from the sky!

Japanese Title (邦題): 「さらに上から目線でも、、、やっぱり美しい!」末尾に

 

More Beautiful from the sky!

Good morning to the World and Kanmon!

I usually update articles with the view from backyard mountain.

frommtn01

It looks more beautiful from much higher position than the mountain.
We can find out the landscape of Kanmon is quite unique.

fromair02

There are sea, mountain, islands, valley and there are straits!

fromair01

However, only human beings are reducing here, in my hometown.
(If we think about only the aspect of nature, reducing population may be good for it.)

It is really nice place where compact city and country side are mixing.

Don’t you come and stay here?
(Don’t you come home with different view point from that of childhood?)

Thank you and you have a nice day, keeping your nostalgic hometown in your heart.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

さらに上から目線でも、、、やっぱり美しい!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

いつもは裏山から望む海峡をアップしていますが、、、

frommtn01

さらに上から見下ろすと、より地形の美しさが際立ちます。

fromair02

海あり、山あり、島あり、谷あり、、、そして海峡あり!

fromair01

だけど、人だけが減っている我が故郷です。
(自然のことだけ考えると、人口が減るのは悪くないのかも。)

都会(コンパクトな)と、田舎とが絶妙に共存している素敵なところです。

一度来てみませんか?
(一度そんな目で帰省してみませんか?)

それでは、どうぞ心の中に懐かしい故郷を抱いて素敵な一日を!
(もしかしたら、記憶にあるものよりもずっと美しいかもしれませんよ。)

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

こころ やすらぐ風景 / Scenery of Japanese peaceful mind

Japanese Title (邦題): 「こころ やすらぐ風景」末尾に

 

Scenery of Japanese peaceful mind

Good morning to the World and Kanmon!

ricefield03

It is the harvest season, Autumn in Japan.
Rice grows well without damage of typhoon and be ready to be harvested.

ricefield04

It is the scenery which makes Japanese to have our original peaceful mind.
This is another aspect of our home town, city of Kitakyushu, known as industrial city.

As this town has various aspects, you may have fun if you go around the town without having any destination.

One scenery you came across may create relief from stressful life.
This local town have such good but hidden effect.

Thank you and you have a nice day relief yourself.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

こころ やすらぐ風景

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

ricefield03

実りの秋、台風の被害からも免れて、いよいよ収穫です。

ricefield04

日本人なら分かる、心の原風景。
これもまた工業都市 わが町「北九州」の一面です。

この町には色々な顔があるので、たまに迷いながら巡ってみるのも悪くありません。 ふと見つける光景が、意外と「こころ」に効くローカルタウンです。

それでは、たまにはホッとひといき素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

子供にやさしい町 〜 やっぱイイとこだわぁ! / Town for the Kids, easy to be grown up!

Japanese Title (邦題): 「子供にやさしい町 〜 やっぱイイとこだわぁ!」末尾に

 

Town for the Kids, easy to be grown up!

Good morning to the World and Kanmon!

I could not post this article, because my heart stayed in recent several days,
but there was very happy news here last week.

The news was that City of Kitakyushu decided to support children in orphanage to be able to stay there until the age of 22.

スクリーンショット 2017-03-12 10.42.06

It is not here Kitakyushu, but I have been supporting orphanage in Tokyo for 17 years and I have felt sorry about this limitation of 18 years old. (Kids have to leave orphanage at the age of 18.) Because I have seen the kids become gloomy all the time after being high school students, even if they were active and cheerful in their elementary and junior high school period. Children in orphanage never inferior to the kids in normal family, they rather be kind to others and sometimes have better sense and imagination than rich kids who with smart phone every time, I know.

cake01

cake02

cake03
(pictures: decoration cakes they made.)

I have thought that this age limitation should be extended but it cannot be done by the individual power. So event members and I worried endlessly about this topic during our review meeting. The news my home town has tackled with this issue and find a way for the kids made me become fraught with emotion.

The man who announce this decision was the mayor but there must be so many people who have been working for this decision.

The local area, tackling hidden issues to bottom-up children’s welfare is the place which is really thinking about whole children. So I believe that city of Kitakyushu will be the place of more easy to study and the town kids can keep their dreams.

And I pray for this movement spreading to Tokyo and entire this country.

Thank you and you have wonderful future with a lot of smiles dreaming kids will make.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

子供にやさしい町 〜 やっぱ良いとこだわぁ!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

ここ数日の間、心は北の港町にあったので、記事に出来ませんでしたが、実は先週とてもうれしいニュースが報道されていました。

なんと、北九州市は養護施設で生活する子供達に、22歳までの住まいを用意する決断をしたようです。

スクリーンショット 2017-03-12 10.42.06

児童養護施設22歳まで延長(NHK 3月09日 12時20分)

ココではありませんが、自分は東京で17年間児童養護施設の支援を続けていて、この「18歳の壁」が残念で仕方ありませんでした。 小中学と明るかった子供達が進級して、高校生になると同時に年々暗くなっていく姿をこの目で見てきました。施設にいるからといって、決してそれぞれの子供の能力は劣ってはおらず、むしろ同世代よりも優しかったり、スマホ片手に裕福な暮らしをしている子達より、発想やセンス・イマジネーションの面で光る子供が多いというのが実感です。

cake01

cake02

cake03
(画像は彼等の作ってきたケーキ)

この「壁」なんとか出来ないものかと思いながら、個人としてはなんともし難い問題なので、共に支援するメンバーと悶々としていたのですが、このニュースで少なくとも我が故郷はこの高い壁に正面から向き合っていることが分かり、胸が熱くなりました。

方針を発表しているのは市長ですが、きっと本事案については、役所内外に多くの推進者がいたからこそ実現したに違いありません。

こうした児童福祉のボトムアップに取り組む地域こそ、真に子供のことを考えている場所でしょう。
これからさらに全ての子供にとって学びやすく、夢を持ち続けることができる街になるだろうと信じてやみません。

そしてさらにこの取組が東京や全国に波及することを祈ります。

それでは、どうぞ夢見る子供達の笑顔にあふれる素敵な未来を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ