東京は終わった!次はこっちだぁ!/ The Tokyo got finished! Next Turn will be Ours

Japanese Title (邦題): 「東京は終わった!次はこっちだぁ!」末尾に

 

The Tokyo got finished! Next Turn will be Ours

Good morning to the World and Kanmon!

According to the TV news, renovation around Tokyo Station got completed this week.

“Tokyo Station Marunouchi Plaza was completed after 3 years renovation”

Next completion will be renovation of station and surrounded area in our home town. Our station was first built in same year as Tokyo station, a few months earlier than Tokyo.

mojikost01

It was wrapped by cheap white cardboard box now, though,
(According to recent rumor, it is planned to be completed in autumn next year. Is it REALLY??)

Take a good look at our home town now.
Time of local Japan will come soon!

Thank you and you have a TAISHO Romantic nice day.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

東京は終わった!次はこっちだぁ!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

東京駅では駅舎のみならず、周辺の再開発も完了したそうです。
かなりスッキリしてます。普通見れない角度から見てきました。

「東京駅丸の内広場が完成 3年がかりで整備」
(NHK 12月7日 17時43分)

次は大正時代、東京駅と同年、東京駅よりも数か月前に作られた我が郷土の駅とその周辺がきれいになる番です。

mojikost01

今は安っぽい白い段ボール箱に入れられてますが、、、
(最新の「噂」では、来年の秋に再開発完了?だそうです。)

見てろ東京、次は地方の時代だぁ!

それでは、どうぞ大正ロマンの素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com/index_jp.html )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

年下なのに先にお化粧直し、よりキレイに!/ Heritage stations built in same year!

Japanese Title (邦題): 「年下なのに先にお化粧直し、よりキレイに!」末尾に

 

Heritage stations built in same year!

Good morning to the World and Kanmon!

The two were born in same year.

They were born in two successive fiscal years, as Japanese fiscal year starts April.

Older one is living in this town, and younger one is living in the middle of Tokyo.

Yes, older one is Mojiko station, and younger one in Tokyo station.

So when I visit Tokyo recently, I’ve tried to check Tokyo station every time.

Tokyo station was finished its restoration already in 2012, but it was only building and surrounded space has still in redevelopment.

station04

We can see the difference between photo of May and Oct, this time. Whole front yard and aisle were under construction in May, but central part was completed this time and the area was opened to public. There are construction in front of east gate still. And it takes pretty long time to completed, because Tokyo station is the main entrance of this country.

station05

On the other hand, restoration schedule of Mojiko station was extended and it is scheduled to finish in fall next year.

By the way, it was just several years ago that I knew these two stations were originally build in same year, 1914.

Although Mojiko station is the nearest station from my alma mater,
nevertheless we went Tokyo station on a school trip of our high school to Tokyo,

it is very unfortunate that we don’t know the relation of two heritage stations after the STUDY trip.

If I were a teacher of the high school and with students in school trip, I did talk about two stations and year of original build for the students to memorize in their mind.

So now, I keep talking to our guests for their good memories,
such as story of “Ganryu-jima Island”,
role of our “Lighthouse” for strait’s safety,
tragedy related “the sky above Kitakyushu” and so on.

Thank you and you have a priceless day, memorizing all things, you see, you touch and you hear.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

年下なのに先にお化粧直し、よりキレイに!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

その二つは同い年生まれ。

1月生まれと12月生まれなので、学年でいえば一年違いの年子(としご)の姉妹。

上の子はわが町に、下の子は東京の真ん中に。

そう、門司港駅(1月)と東京駅(12月)のことです。
そんなわけで最近上京(?)する際には、必ず下の子を見に行くようにしています。

東京駅は既に2012年に復原工事を完了していますが、どうもそれは建物だけで、周辺部分の整備はまだまだ現在進行形です。

station04

5月と今回の画像を比較すると分かりますが、5月は前庭が全面的に改修中だったのが、今回は中央口から正面にかけて工事完了したようで一般に開放されています。丸の内北口前を残し、だいぶきれいになりました。我が国を代表する玄関口だけに結構時間がかかりますね。

station05

対して、門司港駅の復原工事完了は大幅に予定が遅れ、来年秋になるとのこと。

さて、どちらも1914年(大正3年)に完成した歴史的にも観光的にも価値のある駅舎ですが、そのことを知ったのはここ5年ぐらいのことです。

門司港駅は母校である高校の最寄り駅だったのにもかかわらず、

その高校の修学旅行の行き先が東京で、東京駅を利用したにもかかわらず、

残念ですよね、「修学」旅行だったのに、、、

その頃のことを思います。
もし自分が母校の先生で、生徒を引率する立場だったなら、「皇居」のあと「東京駅」では、名誉ある郷土の駅と関連付けて、この話を生徒たちの心に残るように話すでしょう。

今、そんな思いで「灯火」のこと、窓から見える「巌流島」のこと、「灯火の灯台」がどれだけ海峡の安全航海に大切かということ、灯台から望む「1945年(昭和20年)8月9日の北九州の空」のこと、などをゲストの思いでに残るようにお話しています。

それでは、どうぞ目で見る、耳で聞く、手で触れるひとつ一つが思い出に残るようなプライス・レスな一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

関門スタイル・小森江スタイル!/ Kanmon Style * Komorie Style!

Japanese Title (邦題): 「関門スタイル・小森江スタイル!」末尾に

 

Kanmon Style * Komorie Style!

Good morning to the World and Kanmon!

In hostel business,
we try not to mind, but cannot help minding about

“Review” and “Reputation”.

Generally, reputation of TOUKA is not bad but
sometimes guests mentioned about

“Location”.

As a manager of this hostel, I think that location is attractive
but never be disadvantage.

So I tried to comment back with explanation of this area.

< TOUKA’s comment back about location >
Mojiko used to be one of the three biggest ports (Yokohama, Kobe and Moji) in Japan.
That time, huge number of people were working in the port of Moji ( = Mojiko ).
Among those people, successful, busy and wealthy businessmen wanted to take rest/healing, not in Mojiko but in the place not so far from Mojiko, where they could look down beautiful view of Kanmon straits in quite atmosphere. That is HERE, hill side of Komorie.

There used to be villas and cottages here that time and some old/gorgeous Japanese villas still remain in this neighbor of TOUKA.
That is the reason why we have wonderful Harbor view and guests can feel healing in this place.

It takes 7min walk FROM Komorie station and 6min walk TO Komorie station.
(Platform of Komorie station can be seen from our guest room.)

It depends on the guest to feel whether 7min is convenient or not, and the heights is worth to come/see this view or not.
If not, this is not the place, the guest should come and stay. If you are interested in staying such unique place historically/geographically, please try/come (again) here.
<end of comment.>

We comment back like above, for the future guests who concern about location.

We have never promote, but there is one keyword in reservation request from guests recently.

It is “Healing”.

As I described in the comment above, there have been healing effect in this area.
Because there is really such a villa in this neighbor of TOUKA.

villa01

We are making effort to maximizing the effect to heal our guests, and hoping the day will come, that the guests come here with main purpose of visiting here, Komorie.

Please try this quite atmosphere, watching ships goes by.

villa02
(Huge passenger ship : Aug 15, 2017)

villa03
(Longest ever 320m cargo ship: Aug 15, 2017)

Thank you and you have a nice and energetic day, after getting enough healing.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

関門スタイル・小森江スタイル!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

客商売をやっていると、
気にしないつもりで、どうしても気にしてしまうのが、、、

、、、評判や評価

総じて「灯火」の評判・評価は悪くないのですが、
時折、引っかかるのが、、、

、、、「ロケーション」

宿主である自分は、
このロケーションは魅力でこそあれ、
決して欠点ではないと思っているので、
ロケーションを酷評いただく方には、この地を解説する様にしました。

=== <日本語では解説していないので簡訳のみ> ===
かつて門司港は日本の三大港のひとつと呼ばれた賑やかな町。

そんな港町で成功し、財を成した風流人が別荘を建てた場所、
それが小森江の、このあたりの高台です。

ビジネスエリアにほど近くそれでいて町の喧騒から離れられる。
静かな環境下、風光明媚な地形と海峡を行き交う船を見下ろし、
しばらくそんなふうに過ごして、明日への英気を養う。
彼等はそんな生活を送っていたのだろうと想像しています。

そんな土地だからこそ、
いるだけで癒やしを感じていただけるのかもしれません。

そんな土地に駅ができ、アクセスも駅から7分ほど。
このアクセスを遠いと感じるかどうかは、利用いただく方が、
この環境に価値を見いだせるかどうかによると考えています。

静かに寛げる環境に価値はない、街の喧騒が何よりという人には、
そもそもこの宿が適切でないのだと思います。

歴史的・地理的にユニークな当地にご興味がおありであれば、
是非とも、このリラックスした雰囲気を試してもらいたいです。
============================

以上、
ゲストのコメントをみて、アクセスを気にされる未来のゲストに向けて発信しています。

実際にその当時の建物が、すぐご近所に現存しているので、本当にこの土地の保養効果は今に始まったわけではないようです。

villa01

軽井沢に遊びに来る人が「もっと東京に近ければ良いのに」と言わないように、ここでも街や観光地との絶妙な距離感を楽しんでいただけたらと思います。
(門司港・下関・小倉というそれぞれが半日で観光できるスポットの中心にあることもウリなので)

この春先から、ゲストからの宿泊予約のメッセージの中にあるキーワードが増えてきました。

そのキーワードとは「ヒーリング」。

実は感じてはいたものの、その言葉をコピーに売り込んだことはありません。

是非とも観光地でも商業地でもない小森江という土地の持つ独特の歴史と趣きや、
なによりも、ココにいるだけで自然に感じる癒やしのパワーを味わいにきて欲しいなぁと感じています。

そのうちに、ここ小森江で泊まることを一番の目的に、わざわざ北九州にやってくる、そんなゲストが来るようになる日を夢見て、日々精進しています。

その当時の風流人が眺めた、帆掛け舟・伝馬船・蒸気船にうって変わり、現在行き交う船はずいぶん大きくなりました。そんな船をのんびり見下ろしながら寛ぐ、そんな滞在はいかがでしょうか。

villa02*巨大な豪華客船(2017年8月15日)

villa03*これまで見た中で最長320mの貨物船(2017年8月15日)

それでは、どうぞ鋭気を十分養った後のエネルギッシュで素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ