秋冬支度 / Preparing for Autumn and Winter

Japanese Title (邦題): 「秋冬支度」末尾に

 

Preparing for Autumn and Winter

Good morning to the World and Kanmon!

October of Kanmon area started with rain.

Recently, I feel like getting cooler and cooler with each rain.

So we are busy with preparing for Autumn and coming Winter.
As guests who visited here in extremely hot summer want to come again in Autumn or Winter, we are making efforts to meet their expectations.

autumnsky01

Anyway, we are expecting such a sunny day today, as we want to dry winter Futon under the sunlight.

Thank you and you have a nice day enjoying cool Autumn temperature.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

秋冬支度

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

関門の10月は雨で始まりました。

ここのところ、ひと雨ごとに寒くなる気がします。

「灯火」では秋冬支度に余念がありません。
この夏が異様に暑くて、その頃いらっしゃったゲストが秋冬涼しくなってから再訪問することを楽しみにしているので、期待に応えたい思いでいっぱいです。

autumnsky01

さぁ、冬用の布団を干したいので、こんな感じに晴れないかな?

それでは、どうぞ肌寒さを楽しむ、そんな素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com/index_jp.html )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

今はもう秋 誰もいない海、、、♪ / Nobody on the beach!

Japanese Title (邦題): 「今はもう秋 誰もいない海、、、♪」末尾に

 

Nobody on the beach!

Good morning to the World and Kanmon!

Beach of our hometown.

waita01

Not bad, isn’t it?

waita02

“Nobody on the beach. I feel it in the air, The summer’s out of reach.”

with BGM by Don Henley “The Boys of Summer”.

waita03

Thank you and you have a nice beach life, cause it is the beginning of Autumn.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

今はもう秋 誰もいない海、、、♪

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

我が郷土のビーチです。

waita01

♪ 今はもう秋 誰もいない海、、、♪

waita02

あ、BGM間違えました。

トワ・エ・モアでなく、

Don Henley の兄貴でお願いします。

「The Boys of Summer」

♪ Nobody on the road, Nobody on the beach.
I feel it in the air, The summer’s out of reach. ♪

なんたって、ウエストコーストですから、、、にっぽんのねっ!

waita03

それでは、どうぞこの時期だからこそ、素敵なビーチライフを。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

うれしいけれど、とても残念なこと!/ Happy but Sorry!

Japanese Title (邦題): 「うれしいけれど、とても残念なこと!」末尾に

 

Happy but Sorry!

Good morning to the World and Kanmon!

Feeling Happy, but sorry very much.
I sometimes feel like that here.

Surprisingly TOUKA sometimes get media interviews,
in spite of such a small inn we are.

Sure, it is very thankful for us, but
there is one thing we feel sorry about interviewing.

Whenever we got proposal of getting interview,
I propose back to the staff to stay in TOUKA before interview.
However it has never happened yet.

*What made you come back to hometown and open guesthouse?
*Why did you choose Komorie for the location?
*How you run this guesthouse in future?
They asked us similar questions most of the time.

There are answers here with out asking and they can feel them by staying one night here.

media01

It is my personal opinion that this is similar to
Grommet report without tasting the food,
Driving impression without driving the car, and
Refused man’s feeling without dating even one time.
I don’t think that this is my misunderstanding.

media03

media04

This is not like Peninsula or Hilton, and it costs like about 3,000JPY to stay one night. We are hoping the day will come that one media come to stay night(s) and make one short program, based on the feeling using all five senses during their stay here.

mellowsummer02

Thank you and you have a beneficial life, with understanding study and experience, not only by seeing its appearance, but by reflecting on the lessons well.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

うれしいけれど、とても残念なこと

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

うれしいけれど、すごく残念、、、
時折、そんな微妙な感覚を味わうことがあります。

驚くことに「灯火」はこんなにちいさい宿にもかかわらず、
まれにメディアの取材を受けることがあります。

それはとてもありがたいことなのですが、、、
一つだけとても残念なことがあります。

取材の話が出るたびに、当宿のことを正しく知っていただくためにも、一度泊まってみませんか、と提案しているのですが、未だかつて実現したことはありません。

*どういう想いで、Uターンして開業したのか、
*なぜ小森江という地を選んだのか、
*これからどういう宿にしていきたいのか、
聞かれる質問は、いつもほぼほぼ似かよっています。

けれども、ここに泊まっていただければ、これは聞かなくとも感じることのできることばかりです。

media01

自分が思うに、コレって、
食べることなく食レポされてる料理の気分 や
運転することなくドライブインプレッション書かれる車の気分 や
一度もデートすることなく見切られてしまう可哀想な男の気分、
に似ているなぁと感じるのは、
決して思い過ごしではないように思えて仕方ありません。

media03

media04

ペニンシュラやヒルトンならともかく、たかだか一泊3,000円程度の安宿。一度泊まってみて五感で感じる宿(宿主)の個性を素直に取材いただく機会が、この先いつか訪れることを祈願しています。

mellowsummer02

それでは、どうぞ学びや体験をうわべだけで理解するのではなく、しっかり噛み締めて飲み込む そんな身になる人生を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ