旅人も癒やす町宿!/ Guesthouse to heal yourself!

Japanese Title (邦題): 「旅人も癒やす町宿!」末尾に

 

Guesthouse to heal yourself!

Good morning to the World and Kanmon!

I’ve noticed, when I looked back guests’ record.

We have not get certain type of guests who may be seen recent style guesthouse since we started TOUKA.

The type of people is neither certain nationality,
nor color of skin.

They are “Party People”!
(From my experience, there seems to be party type owner and staff in some guesthouse and people spend exciting time every night.)

Party people are not bad, but guests using TOUKA are polite and have high level communication skill and strong interest about Japan.

No matter age, gender, race.

We’ve found out after talking with them a while, there are some guests who decided to visit here around turning point of their life.

And they enjoy relaxed here and check-out with big smile.

nipponmaru30

nipponmaru31

In the night, they enjoy looking down the light of running big boat.
In the morning, they are waked up by horn from ships.

2lighthouses02

This place may have power to heal the exhausted people and hurt mind.

2lighthouses01

There may be something important for them at the point where two lighthouses beam their light.

Thank you and you have a mindful nice day.

P.S. As a lighthouse keeper which stands at the difficult stage of their life, I cannot help praying for their happy future.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

旅人も癒やす町宿!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

これまでの宿帳をめくっていて気づいたのですが、、、

「灯火」には、最近のゲストハウスで見かけるある人種がほとんど来ません。

その人種とは、、、国籍でも、肌の色でもなく、、、

パーリーピーポー!
(自分の体験から、オーナーやスタッフがパーリーピーポーで夜な夜な盛り上がる宿もあるようです。)

パーリーピーポーも決して悪くないのですが、ウチに来てくれるゲストの大半は、とても礼儀正しくて、コミュニケーションスキルが高く、日本に対する感心もとても高い、そんな人たちです。

年齢はあまり関係ないようです。

話してみると分かるのですが、結構人生の転機を前後にして訪れるゲストが少なくありません。

そしてここでのひとときをリラックスして過ごし、笑顔で帰っていかれる。

nipponmaru30

nipponmaru31

夜は、滑るように海峡を進む船の灯りをぼんやりと眺めたり、
朝は、汽笛の音を目覚まし代わりに目が覚めたり、、、

2lighthouses02

ここは疲れた人や心が傷ついた人を癒やし、元気にする町として機能しているようです。

2lighthouses01

二本の灯台が照らす先には、ゲストにとって大切なものが示されているのかもしれません。

それでは、どうぞマインドフルで素敵な一日を!

P.S. 関門にある海峡、人生の難所に立つ灯台守として、彼らの幸せな未来を祈らずにはいられません。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

究極、、、お金か?時間か?!/ Money or Time, which is more precious?!

Japanese Title (邦題):「究極、、、お金か?時間か?!」末尾に

 

Money or Time, which is more precious?!

Good morning to the World and Kanmon!

Someone says that managing guesthouse makes big money.

In the first grade sightseeing spot (such as Kyoto, Tokyo) and second grade (such as Fukuoka), guesthouses may be busy earning big money. Modern and big sized guesthouses may also make money.

However, this guesthouse is not!

Then, why guesthouse in Komorie?

It is because we think it is more precious to have wonderful time here.
So far, we are happy being here and hoping to share it with our guests.

goldsunset01

It was clear and cool day yesterday all over Japan.
We hope to keep having such wonderful days.

Thank you and you have a high quality nice day.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

究極、、、お金か?時間か?!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

宿屋って儲かっていると思われている方が時々いらっしゃいます。

たしかに一流、二流ぐらいまでの観光地や、大型の近代的な施設では笑いが止まらない状況なのかもしれません。正直、ウチはかなり厳しいです。

ではなんで宿屋を?

それは素敵な時間を持てることの方が大切だと考えたからです。
で、今のところ楽しくやってます。こんな時間をゲストともシェアしたいですね。

goldsunset01

昨日の日本は全国的にカラッと晴れてとても気持ち良い一日でした。
昨日のような日が続くといいですね。

それでは、どうぞ上質の素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

インバウンド拡大に潜むリスク!/ Yellow Cab in Japan!

Japanese Title (邦題): 「インバウンド拡大に潜むリスク!」末尾に

 

Yellow Cab in Japan!

Good morning to the World and Kanmon!

As our home town is making effort to be better sightseeing spot, I have a little worry about one aspect.

I am afraid about one particular race.

It may disappoint you, but the race is not Chinese.

It is Western People, unexpectedly.

And the risk doesn’t exist on them.
They are just traveling with their own style.
The risk exists on us, Japanese people who are living in this town.

A guest from the Western Country, stayed in TOUKA was a party-like character. So conversation with him about his travel experiences was quite interesting for me but I felt worry about his impressions of Japanese girls in this town.

According to him, girls around here were “sociable, kind, KAWAII(pretty)”. Up to these points, they are OK for me but “Too Sociable, Too Kind” made me feel worry. Many girls were floating on air, when they talked with him speaking a little Japanese.

In these days, even in such a rural town, many tourists from Hong Kong, Taiwan, Korea, China etc. walking for sightseeing. So people are getting accustomed to foreigners who doesn’t look like GAIJIN. However blond, white, Caucasian is still new here, and young girls tend to show their excess hospitality way beyond global standard. It is almost crossing red line.

ycab03

This phenomenon will be seen not only this town, but also other rural/local cities in Japan. So I start raising an alert on this.

Thank you and you have a nice, balanced and safe day.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

インバウンド拡大に潜むリスク!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

郷土が観光地化するにあたって、一つ懸念事項があります。

ある特定の人種に対する不安です。

期待ハズレで申し訳ありませんが、中国人ではありません。

その対象は意外や(?)、欧米人です。

では、その欧米人にリスクがあるのかというと、そうではありません。
彼らは彼らのスタイルで旅行を楽しんでいるだけです。

リスクはこの地に住んでおもてなしする側に潜んでいます。

過日「灯火」に滞在していただいた「欧米人」ゲストさん。
欧米にありがちな、パーティ大好き人種だったようで、彼の会話・旅行談は非常に楽しいものでした。ただ、彼の持っていた当地の若い娘についての印象には、ある種の危機感を感じました。

彼に教えてもらった(?)この地の女の子たちは「社交的で、優しくて、可愛い」というところまではいいのですが、「超社交的で、優しすぎ」というのが気になったのです。どうも彼が片言の日本語で話しかけると舞い上がってしまうようなのです。

最近では、こんな地方都市でも香港・台湾・韓国・中国他からの観光客が増えていて、パッと見でガイジンでないアジア系にはみな結構慣れてきたようです。ところが金髪・コケイジャンのガイジンとなると、まだまだ免疫が足りないようで、若い娘たちは国際水準を遥かに超えるおもてなしをしがちな状況です。その様子はレッドゾーンすれすれ。

おそらく今後ココだけでなく、日本全国の「地方」で似たようなことが起こる可能性があるため、現時点で日本人のひとりとして、娘を育て上げたシングルファーザーとして、灯台下から警鐘を鳴らしておきたいと思います。

それでは、どうぞバランスのとれた、安全で、素敵な「お・も・て・な・し」を!

ycab03

P.S. 特に年頃のお嬢さんをもつ親御さんには、気をつけてほしいです。問題が起こった後で、ガイジンとの異性関係は想定していなかったと嘆いてもアトの祭り。恋愛後進国のこの国の実情は、慣れていないどころか、相手が日本人だとしても、男の良し悪しを見る目をもたない女性が少なくありません。自分が学生だった頃、欧米で揶揄された「イエローキャブ」という表現に、すごくガッカリしたことを思い出します。あれから「日本女性」は変わったのでしょうか? オリンピックを前に、運転慣れしていない黄色いタクシーがこの国の中を走る日が来ないことを望んでやみません。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ