途中立ち寄り!/ On the way to the destination!

Japanese Title (邦題): 「途中立ち寄り!」末尾に

 

On the way to the destination!

Good morning to the World and Kanmon!

The repeater guest checked out.

His first stay was about 2 years ago. We talked about his unique part time job, traveling, and favorite beer and laughed each other a lot.

For two years since last time, he has thought about his future job and dreams. As the result, he decided to be an exchange student and come to Japan. This time, he visited here on the way to the school.

He will go into an university in Tokyo after check-out. He said that he will come TOUKA again to report us his latest situation. We are already looking forward to seeing him.

Slowly but steadily, the guests, who drop by here repeatedly on the way of their life, are increasing among our guests. Because we started this business with final goal to make this guesthouse such place, we were happy to meet with the guest like him.

Can TOUKA be the light of the life?

guide01

We want to be the light which show the timing of veering as well as the direction to go, like this lighthouse.

Thank you and you have a nice day on the way to the goal of your life.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

途中立ち寄り!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

リピーターのゲストさんがチェックアウトしました。

前回のご利用は二年前。その時にはユニークなアルバイトや旅行のこと、ビールの話題で盛り上がりました。

あれから二年の間に、どんな仕事をしたいかや、将来の夢などを考えたそうです。その結果、日本に留学することを決めて、その引っ越しの途中で「灯火」に立ち寄ってくれました。

チェックアウト後には東京の大学へ向かうとのこと、お見送りの時には「またここに近況報告に来ます」と言ってくれ、すでに次また会うのがとても楽しみで仕方ありません。

少しづつ、でも、着実に、、、人生の途中にこの宿に立ち寄ってくれるゲストが増えています。そういう場所にしたいと考えてこの地で開業したので、正直とてもうれしい状況です。

 

「灯火」は人生の針路を示す目印になれていますか?

guide01

「灯火」は、この灯台のように、針路だけでなく、いつ変針すべきかをも示す存在でありたいと思います。

それでは、どうぞ人生の目標に向かう途中で素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

大瀬戸第三号導燈 / OOSETO Third Leading Lights

Japanese Title (邦題): 「大瀬戸第三号導燈」末尾に

 

OOSETO Third Leading Lights

Good morning to the World and Kanmon!

I have uploading articles about “Lighthouse Anniversary”.

This place is “A little guesthouse under a little lighthouse”.
So I am writing an article about (our?) lighthouse.

Official name of TOUKA’s Lighthouse is “Rear Light of OOSETO Third Leading Lights”

lighthouse31

Along the Kanmon strait, one of the busiest sea routes in Japan, this lighthouse lead ships to correct direction with showing biggest port angle (53°) in this strait. Even local residents may not know this lighthouse but one of the biggest number of people from the sea watching this lighthouse.

I don’t disagree that is because I put this lighthouse on the trademark of TOUKA, that I really love watching this light house keep facing ahead to SW (239°). It is also brave that this lighthouse keep watching the strait 24h a day without blinking.

This lighthouse is not famous as the Hesaki Lighthouse but very hard worker. How about coming here to watch this hard working lighthouse on the 150th anniversary?
(As of Oct.16, we only have vacancy in Female only dorm on Nov.1. But we have vacancy on the previous day Oct.30 and Japanese TATAMI room is available which has both lighthouse view and Kanmon Harbor view.)

lighthouse32

Thank you and you have a nice day led by the light showing you the right direction of wonderful life/future.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

大瀬戸第三号導燈

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

来る150年目の「灯台記念日」にフォーカスして、記事を掲載していますが、、、

当宿は「灯台下の小さいゲストハウス 灯火」です。
もちろん、ウチ(?)の灯台についての記事もあげておこうと思います。

さて「灯火」の灯台ですが、正式名称は「大瀬戸第三号導燈 後燈」です。

lighthouse31

国内でも有数の混雑航路、関門海峡にあって、航路上もっとも変針角の大きい「取り舵53°」を正しくガイドする灯台です。地元の人でも知る人の少ない灯台ですが、実は昼夜を問わず「(海から)見られている度」は間違いなく国内有数の灯台のひとつだと確信しています。

当宿のトレードマークにも採用している灯台だからということは否定しませんが、この丘の上の灯台の凛々しい立ち姿には每日惚れぼれします。あわせて、導灯だけに二十四時間、瞬きもせず南西239°の海峡を照らし続ける姿は健気の一言に尽きます。

同じ区内にある前述の「部崎の灯台」ほどの知名度はありませんが、「休むことなく縁の下で働く灯台」。記念すべき150年目の「灯台の日」に一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?
(*11月1日夜はすでに海外からのお客様の予約があり、女性専用のお部屋しか空きがありません。その前夜(10/31)から「灯台記念日」の11月1日朝の滞在であれば、横になって窓からこの灯台を見ることのできる畳の和室が空いています。また北東側の窓は関門海峡のハーバービューです。)

lighthouse32

それでは、人生の航路を示す灯りに導かれてどうぞ素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

旅人も癒やす町宿!/ Guesthouse to heal yourself!

Japanese Title (邦題): 「旅人も癒やす町宿!」末尾に

 

Guesthouse to heal yourself!

Good morning to the World and Kanmon!

I’ve noticed, when I looked back guests’ record.

We have not get certain type of guests who may be seen recent style guesthouse since we started TOUKA.

The type of people is neither certain nationality,
nor color of skin.

They are “Party People”!
(From my experience, there seems to be party type owner and staff in some guesthouse and people spend exciting time every night.)

Party people are not bad, but guests using TOUKA are polite and have high level communication skill and strong interest about Japan.

No matter age, gender, race.

We’ve found out after talking with them a while, there are some guests who decided to visit here around turning point of their life.

And they enjoy relaxed here and check-out with big smile.

nipponmaru30

nipponmaru31

In the night, they enjoy looking down the light of running big boat.
In the morning, they are waked up by horn from ships.

2lighthouses02

This place may have power to heal the exhausted people and hurt mind.

2lighthouses01

There may be something important for them at the point where two lighthouses beam their light.

Thank you and you have a mindful nice day.

P.S. As a lighthouse keeper which stands at the difficult stage of their life, I cannot help praying for their happy future.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

旅人も癒やす町宿!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

これまでの宿帳をめくっていて気づいたのですが、、、

「灯火」には、最近のゲストハウスで見かけるある人種がほとんど来ません。

その人種とは、、、国籍でも、肌の色でもなく、、、

パーリーピーポー!
(自分の体験から、オーナーやスタッフがパーリーピーポーで夜な夜な盛り上がる宿もあるようです。)

パーリーピーポーも決して悪くないのですが、ウチに来てくれるゲストの大半は、とても礼儀正しくて、コミュニケーションスキルが高く、日本に対する感心もとても高い、そんな人たちです。

年齢はあまり関係ないようです。

話してみると分かるのですが、結構人生の転機を前後にして訪れるゲストが少なくありません。

そしてここでのひとときをリラックスして過ごし、笑顔で帰っていかれる。

nipponmaru30

nipponmaru31

夜は、滑るように海峡を進む船の灯りをぼんやりと眺めたり、
朝は、汽笛の音を目覚まし代わりに目が覚めたり、、、

2lighthouses02

ここは疲れた人や心が傷ついた人を癒やし、元気にする町として機能しているようです。

2lighthouses01

二本の灯台が照らす先には、ゲストにとって大切なものが示されているのかもしれません。

それでは、どうぞマインドフルで素敵な一日を!

P.S. 関門にある海峡、人生の難所に立つ灯台守として、彼らの幸せな未来を祈らずにはいられません。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ