こんなの見たことないっ!/ I’ve never seen this!

Japanese Title (邦題): 「こんなの見たことないっ!」末尾に

 

I’ve never seen this!

Good morning to the World and Kanmon!

First of all, I thank to my schoolmates from high school, team mates of East Japan Tsunami recovery volunteer, Yoga mates and motorcycle club mates and so on, who worried about TOUKA and me. Here I am informing of the safe of guesthouse and myself.

hazard11

The sound of rain got loud in early morning of Jul.6th. It was louder than my alarm clock. Sound of rain and firetrucks made me woke up.

After guests’ breakfast, I sent them off with warning them about hazardous rain and I drive my car to pick up my father who come out from hospital before lunch.

As route #3 was crowded with cars, I chose route #199 to Mojiko. From route #199, I could see several small landslide on the surface of the mountain.

hazard12

hazard13

After I picked up my father, I chose route #3 to go back his house, as I saw the opposite side was crowded. On the way back to DAIRI, I saw several places with covered by mud and rocks, such as Shirakizaki, Kuzuha.

hazard16

hazard15

hazard17

At the entrance of DAIRI area, “OOKAWA BASHI” I saw a big landslide and we have to drive two-way traffic in normal one-lane.

hazard18

hazard19

The road behind my parents house was like river with big rocks.

However, the most surprising thing that I saw was color of Kanmon strait. It was like mud and that made us think it was like a river. It was my first time to see such muddy strait since my childhood.

hazard20

After driving between Dairi area and Mojiko area, I noticed one thing. It is that the landslide points were almost same as the Hazard Map which local government made and distributed for us.

hazard00

What I want to share with you, readers of this article, is that you should check the hazard map of your area and consider how to evacuate from any hazards.

Furthermore, I want to mention about less concern about hazard of guests from foreign countries. I kept alarming them by SNS about hazardous rain, but they kept enjoy sightseeing even such emergent situation. As the result, the time they came back was after date was changed. They might run out battery of their phone and was in the traffic jam on route #3. I think it is not for their safety. If the city of Kitakyushu want to make itself grow with tourism, it should have the system to let foreign travelers know hazard information and guide for safety evacuation. Usually they are focusing to visit as many as spots in certain time of their schedule. We have to let them pay attention to the emergency.

Thank you and you have a safe and fun day.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

こんなの見たことないっ!

世界中に朝が、そして大雨の降った関門にもあさが来ました。
おはようございます。

まずは今回関門エリアを襲った豪雨について、ご心配していただいた同級生、バイク仲間、ヨガ仲間、震災ボランティアメンバー他に感謝すると同時に、とりあえず現時点では宿も自分自身も無事であることを報告いたします。

hazard11

6日金曜日未明からひどくなった雨音は、朝になって目覚ましよりも大きく、消防車の音も加わった時点で飛び起きる事になりました。

朝食後、くれぐれも気をつけて観光するようにとゲストを送り出した後、強烈な雨とサイレンの出かけるのは躊躇しましたが、白内障手術から退院する父を迎えに門司港へ。

hazard12

行きは国道3号は混雑していたので、国道199号を利用。途中山手を見上げると所々で小規模の土砂崩れしているのが確認できました。

hazard13

199号を小倉方面へ向かう反対車線はひどい混み様だったので、父をピックアップした後、帰りは3号線を使って実家のある大里地区へ戻りました。途中白木崎・葛葉あたりでは各所で瓦礫混じりの茶色い水が道路を覆っていて大変な状態でした。

hazard16

hazard15

hazard17

大里地区への玄関口「大川橋」付近では大森公園西側の斜面が大きく崩れていて反対車線を対面通行しており、渋滞になっていました。

hazard18

hazard19

実家の裏手の坂も水が川のように流れていて、大きな石がゴロゴロ。ひどい状態でした。

なかでも一番驚いたのが、海峡の色。どこもかしこも濃い土色に染まり、本当に川のように見えました。幼い頃までさかのぼってもこんな関門海峡を見たのは初めてです。

hazard20

今回たまたま大雨後に大里・門司港間を車で走り、気付いたことがあります。それは今回土砂災害の起こった箇所と行政が作成したハザードマップとがほぼ一致していること。ニュースで報道された関門トンネル上も奥田の土砂崩れ箇所もマップのとおりです。

hazard00

長くなりましたが、この記事を読んでいただいた方には、是非ご自身がお住いになっているエリアのハザードマップを確認し、災害時の対応について事前に考えてほしいと強く思いました。

最後に、、、観光にと出掛けていった外国人ゲスト達、水害リスクを何度もSNSで伝えているのに、緊迫感がまったくなく観光を続けたようで、7日に日付が変わっても戻ってきませんでした。ここから町を見下ろすと3号線も199号線も門司港・下関方面へはひどく渋滞していたので、それにハマり戻れずにいるのかもしれません。しかしあと少し雨が強ければ彼らは戻ってこれなかったかもしれません。もし北九州が観光都市を目指すのであれば、外国人観光客にも災害状況を多言語で的確に伝える方法を行政は考えるべきだと思います。ただでさえ限られた時間の中、出来るだけ観光地・ショッピングスポットを見て回ろうとしている彼らの注意を喚起する方法を。

それでは、どうぞ安全第一で楽しい一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

最初の犠牲者!/ The First Victim!

Japanese Title (邦題): 「最初の犠牲者!」末尾に

 

The First Victim!

Good morning to the World and Kanmon!

There was the first victim on Sunday, caused by JR timetable revision.

The victim: Korean, Male, Age = 30s.

He came by the morning flight and arrived at Kokura station 10:30.

He came to TOUKA to leave his baggage without listening our advice of going straight to sightseeing spot. It was after 11:00.

Yes, he wanted to go to Karato Market for sushi, as we guessed. But there is few train in that time since Saturday.

jr05

He had not only the risk of no chance taking pictures of photogenic displayed sushi, but also the risk* that he cannot eat sushi, because of sold-out, if he arrive there afternoon.
(*Lately, many guests complained “Too many people”, “No sushi in afternoon”.)

This time, TOUKA gave him special advice, however

JR Kyushu new timetable will continue for a year. They may reduce more train, if they will change again.

As we cannot make special advice for all guest in future, we decided to create our own “contingency plan”*. (*I used to be a professional of closing any troubles and have to utilize the skill.)

Tourism is the last resort of Japanese domestic economy. Damage caused by timetable revision may be small for individual guest level, but so many guests will suffer this trouble in public transportation. Bad rumor spread fast and less tourists interested in traveling northern Kyushu area. They already complaint about expensive price of JR tickets.

Thank you and you have a nice day, flexible toward any risks.

P.S. If local government have money to pay individual students loan, how about taking care for All tourists’ comfort transportation who will visit our city?

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

最初の犠牲者!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

この土曜日からの改正に、最初の犠牲者が出てしまいました。

犠牲者は、、、韓国人男性、30代。

日曜朝の便で到着し、小倉駅に10時半到着。
こちらからの観光スポット直行のアドバイスは聞かずに、荷物を預けに「灯火」に到着したのは11時を過ぎてから。

さあ、下関の唐戸市場に行こうとするも電車は極めて少ない。

jr05

このままではお昼前に市場に着くことはできず、フォトジェニックに陳列された寿司の写真どころか、売り切れも必須*!
(*最近、お昼頃出かけると食べたいネタが売り切れてたとゲストからの苦情も多い人気市場です。)

今回は「灯火」なりの特別なアドバイスをしましたが、、、

電車のダイヤはこの先一年変わるはずもなく、もし変わったとしても減便へ向かう方向性まで変えられません。

いつも「灯火」スペシャルアドバイスが出来るわけではないので、「灯火」独自のcontingency plan*を作成することにしました。(*サラリーマン時代にはリスクマネジメント専門、トラブル・クローザーですから、、、こんな時こそ活かさないとね。)

ツーリズムは沈みゆく日本(国内)経済のラストリゾート。今回のダイヤ改正、一人あたりの被害は軽度でも、何人もが犠牲になると公共交通機関に対する評価が下がり、観光客の足が遠退きます。ウワサはすぐに広がります。旅慣れたゲストの間での他国との料金比較による日本の公共交通機関の評価は低いことを知っている人は少ないようですが、、、

それでは、どうぞどんなリスクにもフレキシブルに素敵な一日を!

P.S. 学生「個人」のローンを立て替わる金銭的余裕があるのなら、当市を訪問する観光客全員のためになんとかしませんか?北橋さんっ!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

やってはいけないこと二つ!/ The Two Things you should not do!

Japanese Title (邦題): 「やってはいけないこと二つ!」末尾に

 

The Two Things you should not do!

Good morning to the World and Kanmon!

The guest came from the country of everlasting summer.

sum11

He is a repeating user of TOUKA.
He planned to stay long this time as long as last time.

However he met with a unexpected trouble in his third day.

He lost his passport during his sightseeing around Kanmon area.

He was cycling on the rental bicycle.
As weather and temperature was not stable, he put his jacket from/into his daypack many time. He say that he might drop his passport that time.

On behalf of him, I made phone call to police department of both side of strait. But no good news from them yet.

So he decided to visit the consulate and request them issuing passport again. And h de checked out in a hurry. He went to ferry terminal to board on the boat to OSAKA.

On the way back from police department, he seemed to be exhausted and disappointed.
And he said that he learned a lot from this trouble, and pay extra attention.

As a manager of an hostel, I want all guests learned from his this trouble.

1. Never throw passport into bag/daypack. To keep it inside pocket of the bag carefully.

2. Never put passport, cash and other important item in same pouch.
(He lost everything, because he put them all together in his pouch.)

He could arrange his schedule even after this trouble, because his schedule was flexible.
But if he is traveling with FIX air ticket, it can be very critical.

We planned to go out together to see the illumination event (but he couldn’t).
I want to dedicate a song played at mini concert in the event area to him.

candlenight11

“You don’t need to be depressed, because there is both good day and bad day. Let’s be in happy mood!”

Thank you and you have a nice day, without repeating the same mistake.

P.S. Before 1.5 years since we opened TOUKA, we started to have repeater guests. We have appreciated this situation very much. We really hoping that he will come and stay here again.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

やってはいけないこと二つ!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

そのゲストさんは常夏の国からいらっしゃいました。

sum11

リピーターさんで、前回もそして今回も長期滞在の予定でした。

ところが今回重大なトラブルが彼を襲ったのです。

なんと関門エリアを観光中にパスポートを落としてしまったのです。

レンタサイクルで海峡の両岸をサイクリングしていたのですが、不安定な天候・気温にデイパックから何度も上着を出し入れした際、落としたのではないかと言ってました。

両岸の警察署に問い合わせてみましたが、現時点でまだ見つかったという連絡は入っていません。

結局、彼は再発行のために領事館へ行くことにして、急遽チェックアウト。その日のフェリーで大阪に向かったのでした。

付き添って行った警察署からの帰り、落ち込んだ表情で彼は言いました。今回のトラブルに反省して、次回からは注意すると、、、

宿主として、ゲストの皆さん全員に彼の失敗から学んで欲しいと思います。

1.  パスポートなど貴重品はカバンに投げ込まない。カバンの内ポケットなど他の荷物と分けて入れておく。

2. パスポートは現金や他の貴重品とは一緒に保管しない。
(彼はまとまったお金と一緒にポーチに入れていて、全て紛失したのでした。)

彼の場合、今回帰りの便を決めていなかったので、予定を調整できたのですが、FIXチケットで観光している場合だと致命的です。

本来は彼を連れて行く予定だったイルミネーション点灯式。
そこでのミニコンサートで唄われていた曲を彼に捧げたいと思います。

candlenight11

「人生なんて良い時も悪い時もあるんだから♫ 落ち込んでばかりないで、明るくいきましょう♫」

それでは、どうぞ失敗を二度繰り返さない素敵な一日を!

 

P.S. 開業一年半経たずして、リピーターのゲストさんも増えてきました。本当に有難いことだと思います。感謝! これに懲りずに彼にもまた来てほしいですね。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ