街中に震撼! 市役所は大わらわ!/ Shock around this town! City government is busy to take care!

Japanese Title (邦題): 「街中に震撼! 市役所は大わらわ!」末尾に

 

Shock around this town! City government is busy to take care!

Good morning to the World and Kanmon!

I mentioned it in an article “closure of department store”.

According to the officer, it has been the big topic now all over this city and many people in local government are concerning very much about this issue.

colet02

To abandon the shop in front of the station and to keep the original store located near river. I wonder if their decision is right or not. Because our guest said “We went to the department store in front of the station”, not that near the river. Foreign travelers are mainly using COLET. (I may also run to internet shopping.)

Is it only me, who felt weird with the president’s smiling face of the department store and the reason of closing, he mentioned?

スクリーンショット 2018-08-09 1.03.35

“Shrinking market by aging population” is the reason of closing, but most of all shops are concerning the issue in this town. The biggest player said so and more shops may make similar decision everywhere.

Can the city of Kitakyushu stop this negative spiral?

Thank you and you have a nice day, strong in aging population, strong in depopulation.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

街中に震撼!! 市役所は大わらわ!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

先週、サラッと記事にした「駅前デパートの閉鎖予告」。

実は街中で対応に困っているそうです。

市役所も寝耳に水だったようで、駅前玄関の空き家化に大わらわになっているとここに来た役所の人が教えてくれました。

colet02

駅前を捨てて、川岸を取る、、、お城に近いだけに本丸なのかもしれませんが、うちのゲストから聞くのは「駅前のデパートに行った」という話ばかり。これからさらなる拡大が予測されるインバウンド対応は本店では出来ないのに大丈夫でしょうか?(自分もさらにネット通販に走りそうです。)

ニュースで見た社長会見のふくみ笑いと、その撤退理由に不吉なものを感じたのは自分だけでしょうか?

スクリーンショット 2018-08-09 1.03.35

「少子高齢化に伴って市場が縮小する」ことが閉店理由とのこと、この街においては誰もがその課題に立ち向かっているだけに、旗艦ともいえる百貨店がそう言ったことで、それに追従する商売人が芋づる式に出てくるのではないかと懸念します。

さぁ 北九州市、この負のスパイラルを止められるか?

それでは、どうぞ少子高齢化ニモマケズ、人口減少ニモマケズ、素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

クリスマスの月は もう二度と見ることのない場所で! / To watch the Moon from the place, we will never go again!

Japanese Title (邦題): 「クリスマスの月は もう二度と見ることのない場所で!」末尾に

 

To watch the Moon from the place, we will never go again!

Good morning to the World and Kanmon!

We are having very beautiful moon in this week.

I decided to watch it from my spacial place on the Christmas day.

1225sw02

1225sw03

There is one place in this city, which will close its history of 27 years at the end of this year.

Now many people are visiting there, looking back their own good memories.

1225sw04

1225sw05

Since the closing was announced, I’ve wanted to visit the place. Because it was opened just after my daughter’s birthday and we have had many good memories there. Finally I could visit in the last week of its closing.

1225sw06

I found many changes on their building and attractions. However a lot of good memories came out at various spots in the amusement park. So I felt that it was very lucky for me that I could visit there.

1225sw07

The very last moment will be at 26:00 of coming new year eve.

1225sw08

I want to recommend my friends, who have good memories of the amusement park, to re-visit there with their precious people.

Thank you and you have a nice day, you look back your good old memories.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

クリスマスの月は もう二度と見ることのない場所で!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

月がとってもキレイに見える今週。

その月をクリスマスは特別な場所で見ることにしました。

1225sw02

1225sw03

この街には、27年ものあいだ人々に愛され、惜しまれながらこの年末に別れを告げようとしている場所があります。

1225sw04

1225sw05

閉園を間近にして、市民はもちろんのこと、各地からこの場所に人々が集まってきています。

閉園が決まった時から気にはしていたものの、娘が産まれた頃に開園し、帰省の度に素敵な思い出を作ってくれたその場所を、自分もようやく訪問することが出来ました。

1225sw06

施設やアトラクションなど、当時とずいぶん変わってしまったものが多いなか、ところどころで懐かしい思い出が沸き上がる瞬間があり、閉園間際のタイミングで訪問することができて良かったと、しみじみと感じました。

1225sw07

最後のお別れは大晦日の深夜26時です。

1225sw08

この場所に良い思い出を持つ方は、是非もう一度、足を運ぶことをお薦めします。

それでは、どうぞたまには素敵な思い出にどっぷりと浸る一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

嗚呼、失ったものは大きい! 魂の喪失?! / Ah! Loss of our Soul?! The damage can be critical!

Japanese Title (邦題): 「嗚呼、失ったものは大きい! 魂の喪失?!」末尾に

 

Ah! Loss of our Soul?! The damage can be critical!

Good morning to the World and Kanmon!

Sad News for my old friends who love this home town.

When I visited Moji station, it has gone from platform #1&2.

What is it?

There was a “UDON Stand” there, but no longer there.

kashiwau01

Their KASHIWA ( = chicken) UDON is a kind of our SOUL FOOD.

But it is not so critical for myself.
That is because there was no UDON Stand in my high school days
and Moji is no longer my home station, but Komorie is.

HOWEVER, I was afraid and went there.

Yes, Platform #7&8 of Kokura station!

That platform is for the train to Mojiko and
UDON Stand there was very convenient for us to get reasonable light meal.
So we often used the stand after we played in Kokura.
It is the real SOUL FOOD for us, the residents of Moji ward.

Ah, the stand was covered by the board!

kashiwau02

But there was a patch of paper on the board.

kashiwau03

It was telling that the stand is being renovated and re-open in the autumn.
That made me feel easy.

This is pre-alert for my friends who are going to come back to this town in this summer and try to visit that UDON stand, when they feel hungry after getting off train/airplane.
(If you really want to eat that KASHIWA UDON in Kokura station, you can use another branch stand locates on platform #1&2.)

But unfortunately, the UDON Stand in Moji station doesn’t have a patch of paper like Kokura and it is really closed.

This is a affection of population decline in Moji ward, isn’t this?

Thank you and you have a nice day, thinking a great deal of your SOUL FOOD.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

嗚呼、失ったものは大きい!魂の喪失?!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

故郷を愛する同級生の皆さんへ残念なニュースです。

久しぶりに門司駅に行ってみると…
なんと、1・2番ホームから、な、なくなっていました!

何がって?

立ち食いうどんが です。

kashiwau01

駅の立ち食い「かしわうどん」といえば、まさに自分達のソウルフード。

ただ門司駅の立ち食いうどんについては高校時代にはなかったし、
自分にとっては今や新設の小森江駅が最寄り駅なので、ショックはそれほどでもないのですが、、、

もしやと心配になったので行ってみました、

そう、小倉駅7番8番プラットフォーム。

門司港駅行きのホームにある立ち食いうどんは、まさに自分たちにとってのソールフード。
街で悪さした後、帰りの電車に乗る前によく立ち寄った思い出の味。小腹の友。

あぁっ、板で囲われてる!

kashiwau02

ただ、よく見ると張り紙が、、、

kashiwau03

どうもこの夏の間に改装工事をするようです。秋にはまた再開するそうで、ホッと胸を撫で下ろしました。

以上、夏に向けて帰省される際、ちょっと小腹が空いたから寄ろうかな、と考えた人が驚かないように事前情報です。
(改札口にある駅弁屋に聞いたところ、1番2番ホームにも同じうどん屋があるそうで、マジであのかしわうどんを食べたくなった人はどうぞそちらへ。)

ただ、門司駅の立ち食いうどんには張り紙すらないので本当に撤退のようです。

人口減少の影響って、こういうところにも現れるんですね。
それでは、どうぞソウルフードを大切に素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ