週末ごとに夏の音!/ Sound of Summer somewhere every weekend!

Japanese Title (邦題): 「週末ごとに夏の音!」末尾に

 

Sound of Summer somewhere every weekend!

Good morning to the World and Kanmon!

Now is in the last half of July already.

We have very hot and humid night sometimes in Kanmon area.

In this season, we often hear rhythmical sound from outside of the window.

We go upstairs and look at the direction of the sound

summer201801

and we find beautiful flowers is being drawn on the Summer sky.

summer201802

Somewhere every weekend.

Thank you and you have a nice evening of Japanese Summer.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

週末ごとに夏の音!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

7月も後半に入りました。

関門エリアも熱帯夜の日が増えてきました。

この時期になって、窓を開けて過ごしていると、、、
どこからともなく小気味良いポンポンと弾ける音が聞こえてきます。

音のする方向の海峡の夜景を二階の窓から見ると、

summer201801

夏の夜にキレイな花が咲いています。

summer201802

関門海峡、毎週末どこかで、、、、

それでは、どうぞ素敵なにっぽんの夏の夜を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

けっしてカジノではないっ!/ The Happiest Moment!

Japanese Title (邦題): 「けっしてカジノではないっ!」末尾に

 

The Happiest Moment!

Good morning to the World and Kanmon!

As our guests who check out yesterday left perfect wonderful smile, we want to share that with you.

The guests are two Korean guys.
They looked around Kokura, Mojiko, and Hakata and Holiday Monday, yesterday, was the last day of their 3-day-trip.

But they seemed nervous yesterday morning.
They came down to this reception, saying “we want your advice”.

According to them, they found out that one guy lost his wallet in Saturday midnight.
After check-out, they were planning to board on the flight 14:00.
There was not only cash, but also license and many credit cards in his lost wallet.

First of all, I made them to take it easy and hear the situation how he lost his wallet. I explained them that most possible place to get wallet returned is police and we went together to the Police Department Office in Moji quickly.

When we arrived at Police Department and started to explain “They are guests from Korea and yesterday night they lost …”, police officers said “That must be …”.

Yes, his lost wallet was already delivered to the police department!

wallet01

Guest’s face with full of worries changed to happy smily face immediately.

wallet02

They both kept saying each other “This is the Happiest Moment of this trip” and “Kitakyushu is the most wonderful place to visit.”

 

I have felt since I started this business.

What has kept fascinating foreign tourist heart in Japan is honest, faithful and heart-warming character of local people, as well as traditional sightseeing spots. When they really felt it through real experience, they got highest impression of Japan.
(In their case, it was more impressive than any Japanese grommet foods.)

Such precious experiences have been spread to the world through human relations with the power of internet/SNS. That information distributed to many people who have never been to Japan, stimulated their curiosity and made them to visit this country.

Sales point that any other country cannot imitate Japan is such “special commonsense and conscience of Japanese”. It never be the Casino which current government want to imitate from other countries.
(Casino is the system which makes more unhappy people than happy people. Why they want to establish new Casino law in Japan may be that his wife or their friends want to start Casino business in SAR.)

Thank you and you have a wonderful day, which resonates to your heart not to your money.

P.S. The guy who return his wallet in the picture was the policeman, who is in charge to instruct safety to us and the one of the big supporter of TOUKA.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

けっしてカジノではないっ!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

昨日チェックアウトされたゲストさんが、最高の笑顔を残していってくれたので、おすそ分けしたいと思います。

そのゲストはイケメン韓流男子 二人組。
小倉、門司港、博多と結構グルメな旅行をされたようで、昨日祝日の月曜日チェックアウトの朝を迎えられました。

ところが朝からそわそわした様子。
「相談があるんだけど」と受付にやって来ました。

聞けば、昨晩遅くに財布を落としたということに朝になって気付いたとのこと。
チェックアウト後、帰国のフライトは同日14:00。
財布の中には、現金だけでなく、免許やクレジットカードまで入っていたそうです。

まあ、落ち着いてとなだめてから、落とした状況を聞き、一番見つかる可能性が高いのが、門司警察署にいくことだろうと判断して、説明。すぐに二人と警察署に向かいました。

署内受付に「韓国人のゲストが昨日の深夜、、、」と話し始めたら、即「もしかしたら」との反応。

そう、財布は深夜のうちに警察に届けられていたのです!

wallet01

心配でたまらなかった彼らの表情は、みるみるうちに最高の笑顔に。

wallet02

口々に「今回の旅行で最高の瞬間だ!」「北九州は最高の旅行先!」と何度も言い合っていました。

 

さて、この仕事をしていて常々感じてます。

外国人観光客の心を捉えてやまないのは、伝統的な観光地のみならず、にっぽんの地方に住む人の律儀で誠実でまごころ溢れる国民性であり、実体験を通じてそれを垣間見た時に最高の感動を得ているということです。(彼らの場合、どんな日本グルメよりも感動したようです。)

こうした最高の体験は日々口コミ・ネットで拡散し、日本のイメージを高め、まだ日本に来たことのない人達の興味をそそり、結果としてさらなる観光客の来日につながっているようです。

他国には真似のできない集客の鍵は、そうした良質の「ニッポンの常識・良心」であって、けっして政府与党が強行採決しようとしている「ひと真似のカジノ」ではないということです。
(カジノは良い思いをする人以上に、後悔する人の割合が確実に多いシステム。もしかしたらご婦人かご友人が特区でカジノホテルを開業したがっている、ご子息をカジノで採用してもらいたいのかもしれませんね。)

それでは、どうぞ金銭ではなく、ココロに響く素敵な一日を!

P.S. ちなみに、なくした財布を手渡している警察官。たまたまですが、当宿「灯火」の安全・警備指導担当をしていただいているイケメン警察官です。

*本来、当宿はそれが本来の目的ではないことからゲスト画像は掲載しないのですが、旅行者と日本人にとって良いエピソードであることから、ゲストの承諾を得て掲載しました。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

遠い記憶を呼び起こす!/ Memories of long time ago!

Japanese Title (邦題): 「遠い記憶を呼び起こす!」末尾に

 

 

Memories of long time ago!

Good morning to the World and Kanmon!

I remember one thing, when I saw TV program telling us about Leading Lighthouse in Kanmon Strait.

It seems TOUKA’s Lighthouse, “OOSETO Leading Lighthouses No.3”, used to locate at different place from now.

I found it in Memorial Trollies which used to run this town long time ago.

trolly01

In this spring, I had a chance to walk in the memorial trolly exhibited in Mojiko Retro area.
There are several pictures of trollies running in this town posted.

In the one of the pictures, I found a lighthouse. It is in front of Moji Hospital.
Now there is a pharmacy there but lighthouse.

trolly02

I said long time ago, but I used the trolly to commute to my high school. So I remembered the lighthouse vaguely.

Together with the lighthouse, I remembered one beautiful high school girl in the trolly I saw every morning. She wore uniform of another high school (used to be female only school) in same town. The way she stood in the trolly was really nice with skinny body line, which we could not see in my school. (Body line was created by the uniform, I believe (not to be blamed by my classmates).)

trolly03

There are no longer trollies, my alma mater and her alma mater in this town.

This fact makes me feel sad about my home town.

Thank you and you keep nice and precious memories in your mind forever.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

遠い記憶を呼び起こす!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

テレビで関門海峡の安全を守る灯台のことが取り上げられたので思い出しました。

当宿「灯火」の灯台である「大瀬戸 第三号導燈」は昔、別の場所にあったようです。

それを知ったのは、昔この地を走っていた路面電車の記念展示車両の中。

trolly01

この春、不定期に開放されているこの車両に入ることができたのです。
そこに掲示されていた、路面電車がまだ走っていた頃の数枚の写真。

その写真の中に灯台が写っていたのです。門司病院の前です。

trolly02

現在その場所には薬局が建っていて、灯台はありません。

昔とはいっても、実は自分が高校生だった頃。この路面電車を通学のため利用していて、おぼろげにこの灯台のことを思い出しました。

さらに灯台と一緒に、路面電車でいつも見かけていた、隣の高校(元女子校)の制服を着た年上の女子高生のキレイな立ち姿も思い出しました。
(自分の高校では見ることのない、キレイなボティラインのひと(女性)でした。ちなみにボディラインは制服の仕業ということにしておきます。クラスメイトのためにも、、、笑)

trolly03

今では路面電車も、自分の母校も、そのキレイな女学生の通っていた高校もありません。

そう思うとすこし哀しい我が故郷です。

それでは、どうぞ素敵な思い出をず〜っと胸に!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ