秋と冬の狭間で / In between Autumn and Winter

Japanese Title (邦題): 「秋と冬の狭間で」末尾に

 

In between Autumn and Winter

Good morning to the World and Kanmon!

I had a video call with my family members in Tokyo yesterday.

I could see rain in the monitor behind them. They said that it have been very cold in Tokyo and showed me oil fan heater was ON.

Exif_JPEG_PICTURE

On the contrary, we had a fine autumn day here in Kanmon. Temperature was about 24 degrees C and I am feeling the most comfortable time of a year. (Because we have pollen in spring. smile)

Exif_JPEG_PICTURE

We had clear blue sky in daytime and beautiful altocumulus clouds in the evening. As this guesthouse stands on a hight, sky is just as same hight as our eye level.

Exif_JPEG_PICTURE

autumnsky-sheepcloud04

The topic of this beautiful clouds was mentioned in local TV news in Fukuoka. Weather forecaster explained that altocumulus cloud is made about 6,000m high by fast wind moving like waves. Usually on the day after this cloud, weather goes downhill, but he said that Tuesday, which is today, will be fine like Monday.

autumnsky-sheepcloud05

Yes, we want to enjoy Autumn a little more.

Thank you and you have a nice day, looking up at beautiful sky for a while.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

秋と冬の狭間で

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

東京にいる家族とビデオ通話しました。

画像の向こうの東京は雨模様の上に、ここ数日すごく寒いそうで、石油ファンヒーターが点いていました。

Exif_JPEG_PICTURE

対して、ここ関門はとってもいい秋晴れで、気温も24℃ほど。 一年で一番過ごしやすいと感じています。(春には花粉がありますからね。笑)

Exif_JPEG_PICTURE

昼間はスッキリ晴れて、日が傾いてくると、きれいな雲が浮かび上がりました。
高台に立つゲストハウスなので、雲が目に飛び込んできます。

Exif_JPEG_PICTURE

autumnsky-sheepcloud04

この雲がきれいだったことが、福岡のニュースでも取り上げられていました。高度6,000mほどの高い空で強い風が波打ちながら流れることで出来るらしいです。
通常、この雲の翌日は天気が下り坂だそうですが、福岡は今日火曜日も秋晴れだと予報していました。

autumnsky-sheepcloud05

まだもう少し秋を満喫したいですね。

それでは、たまにはキレイな空をぼんやり眺める素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

オーシャンビューで!/ Let’s enjoy ocean view!

Japanese Title (邦題): 「オーシャンビューで!」末尾に

 

Let’s enjoy ocean view!

Good morning to the World and Kanmon!

On Monday, we had fine day with reasonable volume cloud.

autumnyakiniku01

It was so comfortable weather that we had lunch outdoor.

We decided to cook YAKINIKU (Korean BBQ) outdoor.

autumnyakiniku02

We grilled beaf short ribs, chicken wings and foil wrapped vegetable with Yuzo-Miso.

autumnyakiniku03

Outdoor cooking with sunshine, sea breeze and view of strait/ships made us feel excited.

We can make our guest to rent various grills (for Yakiniku – American BBQ).
(However BBQ time is in daytime only to control noise for our neighborhood. So we recommend this service to our guests who stay more than two nights.)

Please try to enjoy sea breeze spiced grilled meat here.

Thank you and you have a nice day and enjoy grommet autumn.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

オーシャンビューで!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

週明けの関門エリアは適度に雲が広がる気持ち良い晴れ。

autumnyakiniku01

あんまり気持ちが良いので、外でランチ*することにしました。(*注:外食ってことではありません。笑)

で、せっかくだからと「焼き肉」にしました。

autumnyakiniku02
(ここではこのスタイルをBBQとは呼びません。)

メニューは牛カルビに鶏ドラムスティック、それに野菜のホイル焼き ゆず味噌風味。

autumnyakiniku03
(このあたりは食品の物価が安く、材料費は500円程度で済ますことが出来ました。)

海風と日光にあたりながら、海峡を行き交う船を見ながらの野外調理、なんかウキウキします。

当宿ではこうしたヤキニクから本格的な米式BBQまで各種グリルを取り揃え、宿泊されるゲストにレンタルしています。
(但し、近所迷惑を避けるため昼間限定です。連泊以上されるゲストさんは是非!)

どうぞ潮風の風味の効いたお肉、味わってみてください。

それでは、食欲の秋を満喫する素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

今できること、最善のこと!/ What we can do now, the best things we can do now!

Japanese Title (邦題): 「今できること、最善のこと!」末尾に

 

What we can do now, the best things we can do now!

Good morning to the World and Kanmon!

In the previous article, we introduced our remote office where is very safe from infection.
(Just in case, it is only the shop in our town. Other shops have full of young generation who has/scatter the virus.)

As we are in hostel industry, we are very nervous about infection presentation.

Now there is no use of cluster prevention, because there are community acquired infections everywhere in Japan. The person you just pass by might be infected. Nobody know it. The Japanese government, who never use the word “Second Wave”, has been negative to strengthen the ability of testing. And we are thinking it is because they want to hide the true number of infected people in this country.

Dr. Nishiura, a professor of Kyoto Univ. (former Hokkaido Univ.) famous for his theory “80 percent reduction of contacting with people is effective”, taught us that Avoiding Three Cs is no longer effective in Japan. It was effective only for the time of a few infected people. (Lately we are not seeing him as well as our prime minister. 80 percent theory may not be favorable any more to the government.)

So we think that the only way to protect ourselves is to avoid contacting with other people as much as possible. Specially be careful not to contact young generation and not to visit the place they gather.

As a conclusion, we decided to operate this guesthouse with limited one group of guests a day. It is to avoid the risk of guest to guest contact/infection.

Usually we entertain all guests staying in one night with petit fireworks festival, SENKO HANABI night. It is very unfortunate to both our guests and us.

senko01

But we have a strong will not to have any infection in this guesthouse, so we keep the operation with limited one group of guests a day whole this year.

This is our new protocol with COVID-19 virus in this country.

Thank you and you have a nice day with effective your new protocol.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

今できること、最善のこと!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

前回の記事の中で、感染予防に最適なリモートオフィスを紹介しましたが、、、
(念のため、それはわが町の店舗だけです。他店にはウイルスを拡散する世代が大勢です。)

宿泊業という職種から、感染対策については少し神経質になってしまいます。

もはやクラスター対策の効果がないほど、「市中感染」が広がっています。町ですれ違う人が感染者かもしれません。第二波とは絶対に言わない日本政府が、同じく検査体制の拡充に積極的でないのは、真の国内感染者数を見たくないからではないかと最近考えるようになりました。

自他共に認める8割オジサン西浦教授(なんと北大から京大に移籍されているようです)によると、「三密を避ける」はすでに感染拡大抑制の有効な方法ではなくなっているそうです。三密回避は感染者が少ない時に限った有効手段だったそうです。(そういえば、首相同様、西浦教授も最近見なくなりましたね。人とのコンタクトを8割削減するとなにか都合が悪いのでしょうか?)

そうなると、もう自衛するしかなくて「他人との接触を極力避ける」しかないということだと考えています。特にウイルスキャリアーの可能性が高い「若い世代」が集まる場所には行かないことでしょう。

当宿でも7月から「一日一組限定」で予約をとることにしており、ゲスト間・ゲスト同士のコンタクトによる感染リスクを回避しています。

本来であればこの時期は、たまたま同じ日に泊まっているゲストで「線香花火大会」などして、楽しい夏の一夜を過ごすシーズンなのにとても残念です。

senko01

けれども、当宿が原因で感染が広まることだけは避けたく、今年いっぱいは「一日一組限定」オペレーションを継続する予定です。

これが「灯火」が掲げ・実践する「With Corona」のニュー・プロトコル(新様式)です。

それでは、有効な新様式で素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )