予期できる事態 / Expectable situation

Japanese Title (邦題): 「予期できる事態」末尾に

 

Expectable situation

Good morning to the World and Kanmon!

In recent several years, it has been on a kind of trend that leaders use unexpected situation as their excuse in both political and economical world in Japan. But such excuses don’t work for us, the people who may suffer serious damage.

So we decided to utilize “Hazard Map” published by our local government with spending about 14million JPY.

We got some hazard maps which cover the areas where our guests may visit during staying here.

Exif_JPEG_PICTURE

At first, we fount that “Mojiko Retro Area”, the most popular spot, will be submerged completely.

Exif_JPEG_PICTURE

Specially, we are surprised at that evacuation sites in the area doesn’t function in water hazard condition. Not only evacuation sites in the Retro Area, but also those in mountain side of route #3 won’t work in emergency.

Exif_JPEG_PICTURE

Because there are a few tall buildings in the area and even they also have a risk of isolation by the water, we think that we should advice our guests in retro area to evacuate to the south of Mojiko station, the area around the city hall. From the area, they may be able to walk back to this guesthouse.

Thank you and you have a nice day controlling possible risks well.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

予期できる事態

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

ここ数年の日本の政治や、経済界では誰かが予想した状況が起きても、「予期できない事態」だったという言い訳するのが流行っていますが、致命的な被害を被る可能性のある国民目線ではそんな言い訳は通用しません。

というわけで、1,400万円もかけて自治体が製作した「ハザードマップ」を宿として最大限活用することにしました。

これまでのゲストさんたちの話から、彼らが立ち寄る可能性のあるスポットについて「ハザードマップ」を取り寄せました。

Exif_JPEG_PICTURE

まず観光で一番立ち寄る可能性のある「門司港レトロ地区」。残念ながら、ここは完全に水没するようです。

Exif_JPEG_PICTURE

さらに特筆すべきは、高潮時には地区内の「避難場所」は機能しないと予測されていることです。市街地では国道三号線のさらに山手になる「避難場所」も水没して避難不可になるようです。

Exif_JPEG_PICTURE

レトロ地区には高層の建物が少ないことや、高層の建物も孤立するリスクが高いことから、ゲストには万が一の際には駅の南手、区役所方面に避難するようにアドバイスしようと考えます。そこからであれば、宿まで徒歩で戻ってこれることもハザードマップから読み取れました。

それでは、人生で起こりうるリスクとは上手く付き合って素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

海辺にて / Al Mare

Japanese Title (邦題): 「海辺にて」末尾に

 

Al Mare

Good morning to the World and Kanmon!

It is not bad staying in a guesthouse and doing nothing, only watching calm sea and ships, I thought on Sunday.

Exif_JPEG_PICTURE

But the sea is not always calm and the nature is not always gentle to human beings.

We got this brochure by post mail in this month.

Exif_JPEG_PICTURE

We recognized that we have to take care for such risks as residents near the sea.

Fortunately with this information, we understand that this guesthouse will be OK even in case of water hazard and we already prepared ourselves to survive more than several days even in isolation. We cannot reach to the supermarket we always use, because it will be in the water. But we found that both my parents house and another supermarket near by are dry and accessible on foot or by bicycle or kick board, using minor road.

Exif_JPEG_PICTURE

There may be a low probability of such severe water hazards occurring. However we will be OUT without any preparation on both material and mental.

So we will prepare wisely with using this information for our guests’ and our safety and security.

Thank you and you have a nice day, being strong in storm surge and tsunami waves.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

海辺にて

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

海の見える宿から穏やかな海をぼんやり眺める休日も悪くないなぁ、と日曜の朝から海峡ライフを満喫しました。

Exif_JPEG_PICTURE

けれども自然はいつも人に対して穏やかな顔をみせるとは限りません。

今月、こんな一枚が郵便受けに届いていました。

Exif_JPEG_PICTURE

海のそばで営業するということは、こんなことも意識しておかなくてはならないんだなぁと再認識しました。

幸い、高台にある当宿には直接の被害が生じるリスクは低く、ライフラインもなんとか数日は確保できる備えです。食料品はいつものスーパーは水没しそうで車も出せそうにありませんが、水没を免れる実家とそのそばにあるお店には裏道を使って徒歩・自転車、もしくはキックボードでアクセスできそうだということがこの情報で分かりました。

Exif_JPEG_PICTURE

実際に起こる確率は低いかもしれませんが、万が一にでも起こって、もしも備えも心構えもなければ、O・U・T アウトです。

今回入手した情報を活かして、スタッフとゲストの安心・安全のためにさらにしっかり準備する所存です。

それでは、高潮ニモマケズ、津波ニモマケズ、素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

ゲストハウス一番の悩み / Biggest headache of this guesthouse

Japanese Title (邦題): 「ゲストハウス一番の悩み」末尾に

 

Biggest headache of this guesthouse

Good morning to the World and Kanmon!

Guesthouse TOUKA is one of the smallest guesthouses in Japan but we have a problem.

It is volume of “Plastic garbage”.

Travelers tend to make more garbage during their trip, after guests stay, specially after group guests, they left big garbage. As the result. it gets hard for us to take out the trashes on garbage collection day. So we have tried one idea since 2 years ago.

It is the idea that we keep our staffs’ plastic garbage clean and neat and see what our guests do with seeing it.

Exif_JPEG_PICTURE

It means we rinse and dry plastic garbage like photo, and pile and compress them by size and put in trash box neatly.

plasticgbg02

Some guests who noticed the condition have usually asked us the right way to trust their garbage and we ask them just rinse their garbage.

There are a few guests who don’t mind it and trash them all with leftovers. But it is ok, cleaning guests’ garbage is our job. We take care of them and make them neat before taking out. As we think spontaneous notice and action are important, we never force them to do it.

Because I came back from Tama area in Tokyo, famous for strict rule to separate trash, I have no problem to do so. And I know that we can make our garbage compact and no need to worry about the smell. (Our plastic garbage may be the most compact and heaviest in this area. smile)

Coincidentally, I saw one TV program yesterday which is about plastic garbage as ecological problem.

“How should we accomplish recycling plastic garbage” NHK

Exif_JPEG_PICTURE

Plastic garbage seems to be not only our problem but also nationwide problem now.

Exif_JPEG_PICTURE

We want to have more strict separating rule considering high efficient recycling. Specially we want our government to set regulation about shape and size of plastic trays for easy piling and compressing. In the TV program, caster mentioned that we should have more capability to recycling. But we believe that our consciousness of creating minimum garbage is much more important.

Thank you and you have a nice day, being more eco-friendly.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

ゲストハウス一番の悩み

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

当宿「灯火」は日本でも最小クラスのゲストハウスですが、ちょっとした悩みがあります。

それは「プラスチックごみ」の量。

旅する人はどうしてもゴミが増えてしまうようで、グループの滞在後には大量のゴミが残ります。
結果、ゴミ収集日には大仕事になってしまうので、二年前からあるトライアルをしてきました。

それは、まずスタッフの出すゴミをキレイにして、それを見たゲストがどう対応するかをみてみようという試みです。

Exif_JPEG_PICTURE

つまり画像のようにすすいで乾かしたプラゴミを、出来るだけきれいに重ねてカサを減らし、ブラゴミ箱に入れておくという取り組みです。

plasticgbg02

これに気付くゲストさんは、どう処理すればよいかを尋ねてくれるので、水ですすぐことだけお願いして協力してもらってきました。

なかには無造作に残飯もそのままに捨ててしまう方もいましたが、それはそれ、宿屋の仕事としてキレイに分別してゴミ出します。気付きが大事なので、決して強要はしません。

宿主はもともとゴミ分別の厳しい東京多摩地区に住んでいたので、分別は苦ではないし、キレイに揃えることでカサも減り、ごみ捨てが楽になります。匂いも気にすることがなくなります。(その結果、おそらく地区で一番詰まっていて重いプラごみかも。笑)

こんな取り組みをしていたら、テレビでプラスチックごみが問題になっていると特集していました。

クローズアップ現代+「プラごみリサイクルどう実現?」NHK

Exif_JPEG_PICTURE

ちいさなゲストハウスの問題だと思っていたら、日本全体の問題でもあるみたいです。

Exif_JPEG_PICTURE

当宿としては、もう少し再生を意識して、分別を細かくしてもらえるとうれしいぐらいです。プラスチック容器の規格化してもらえると重ねやすくて有り難いです。番組では再生処理能力の向上が必要と言っていましたが、もっと重要なのは「ゴミを出す側の意識」なのではないでしょうか。

それでは、環境にも優しい素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )