関門エリアでつかまえて!/ Let’s catch it!

Japanese Title (邦題): 「関門エリアでつかまえて!」末尾に

 

Let’s catch it!

Good morning to the World and Kanmon!

We had group guests of high school friends traveling together with 2 girls and 1 boy.

They came to my office and gave me a wonderful gift.
It is a dream-catcher made of seashells.

dreamcatcher01

Immediately after I got it, I displayed it at the window of dining room. It is perfect match to this dining room.

They said “For you to make your dream come true!”,
but TOUKA’s biggest dream may be accomplished already.

Because our dream is “to meet with wonderful guests” like them.

dreamcatcher02

Thank you and you have a nice day, approaching little by little toward your wonderful dream.

dreamcatcher03

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

関門エリアでつかまえて!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

高校時代の友だちのグループ旅行だという女子2名・男子1名のゲストから、

「これプレゼントです」と、

貝殻で出来た素敵なドリームキャッチャーをいただきました。

dreamcatcher01

さっそくダイニングの窓に飾ってみると、これが良い感じです。

夢が実現しますようにと、いただいたのですが、、、

実は「灯火」の夢は、既にキャッチ出来ているのかもしれません。

なぜなら「灯火」の夢とは、、、

こちらのグループのような「素敵なゲスト」を獲得することだからです。

dreamcatcher02

それでは、どうぞ少しづつ確実に夢に近づく素敵な一日を!

dreamcatcher03

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

人のふり見てわがふり直せ!/ One Guesthouse’s fault is another house’s lesson!

Japanese Title (邦題): 「人のふり見てわがふり直せ!」末尾に

 

One Guesthouse’s fault is another house’s lesson!

Good morning to the World and Kanmon!

OBON holiday has just started and we are in the most busy time of TOUKA. But I can’t stop thinking about IT.

What is IT? It is about close-down of one guesthouse.

About 3 years ago, I felt something strange about open my guesthouse in Tokyo area and decided to open in my hometown. I checked the guesthouse market around here. And I found the guesthouse pioneer who open one year before.

He raise the fund by “Crowdfunding”, which were pretty new system that time.
( https://readyfor.jp/projects/TunneL )
The project was supported by many people with big amount of money. So I surprised.
Also there were/are more than 1,000 of funs in “Facebook”.
I admired that I cannot do like him.
(What happen to the supporter of the project with money?)

スクリーンショット 2018-08-12 0.06.01

The building of guesthouse is old Japanese house and used to be a red‐light district. It was so unique in Japanese guesthouse industry. As I couldn’t do like him, I worried about opening TOUKA here. I feel it was like yesterday, when I struggled about marketing target about two years ago.

The target of the guesthouse were “Mainly Japanese” “Intellectual Females”. So I considered to set ours, not to overlap it. (Anyway, it was lucky for me, because I am not good at these target.)

I re-visited to the guesthouse to meet with Mr. H to talk. However what I could see through glass window was cleaned up reception and I could not find him anywhere and no answer from the inside.

ghtunnel03

Yes, I can’t really stop thinking about it.

Thank you and you have a nice day, learning from someone else.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

人のふり見てわがふり直せ!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

お盆休みに突入し、書き入れ時なのに、、、気になって仕方ありません。

なにがって? 同業者の閉店が、です。

関東での出店に違和感を感じて、出身地・地元での出店に心が固まった時に調べた時に、すでにその1年前に出店を果たしていた先駆者。

資金集めもその頃はあらてのクラウドファンディング
多くの支援者を獲得、高額の資金を獲得されていたのに、驚いて、
フェイスブックにもゆうに千を越える支持者がいて、
自分にはここまで出来ないなあと感心していました。
(支援者から寄せられた期待って、こういう場合どうなるんだろう?)

スクリーンショット 2018-08-12 0.06.01

活用した建物は古民家で、それも昔は遊郭だったという日本のゲストハウスの中でもかなり特殊な物件。こりゃ太刀打ちできないなと、マーケティングのターゲット設定を随分悩んだ2年半前が、まるで昨日のことのようです。

こちらの対象顧客が「日本人」「意識高い系女子」等だったのを見て、重複しないように検討を重ねたことも思い出されます。(そもそも自分の苦手とする分野だったのが幸い)

オーナーHさんに少しでも話を聞ければと、今週再訪問するも、入り口のガラス戸越しに見えたのは、きれいに片付けられた元受付で、そこに彼はいませんでした。

ghtunnel03

気になるなぁ、、、

それでは、どうぞ他人(ヒト)から学ぶ素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

おかげさまで2周年!/ 2nd Anniversary!

Japanese Title (邦題): 「おかげさまで2周年!」末尾に

 

2nd Anniversary!

Good morning to the World and Kanmon!

As of next week, we will have 2nd Anniversary.

We thank to our guests, supporting people and neighbors who help us keep running this little guesthouse.

To celebrate our 2nd Anniversary, we will hold a open-house event here to enjoy breeze in Komorie and cool music. This is the invitation for the event.

flyer2018-03

We will continue making efforts to provide our guests “wonderful experience in small town of local area in Japan” with friendly style to this location/neighborhood.

Would you please come here to see a little strange hostel?

Under the lighthouse, which will guide safe course to all ships running Kanmon strait, we are running a little guesthouse, which will guide best and memorable Kanmon trip at the timing of guests’ visit and provide comfortable atmosphere of this town, Komorie. Please come to see us here.

Thank you and you have a nice day and wonderful trip.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

おかげさまで2周年!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

おかげさまで、このたび当宿も開業して2周年を迎えることとなりました。

これもゲストの皆さんをはじめ、地域の方々のご理解・ご協力あってのことと感謝の気持ちでいっぱいです。

この2周年を記念し、当宿を開放して、ご近所さん・お世話になった皆様と一緒に小森江の風・素敵な音楽と戯れる会を催しますのでご案内いたします。

flyer2018-03

巷では民泊新法(住宅宿泊事業法)の施行に際して、宿泊(観光)業界が揺れているようです。 当宿としてはこれからも変わることなく「地域に溶け込む」スタイルで、ちいさい宿ながらの良さを活かし、ゲストのみなさんに「にっぽんの地方のちいさい町の魅力」を存分に体験していただく工夫を続けていくつもりです。

ちょっと変わった宿のスタイル、一度見に来てみませんか?

関門海峡を行き交うすべての船に、安全な航行の道筋を示す灯台(導灯)の下で、世界中からやってくる旅人に、この町の気持良さと、その時々で一番楽しく思い出に残る我が町関門の旅を提案・発信することをウリにしている宿いかがでしょう?

それでは、どうぞ素敵な旅、素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ