コレやりた〜い。絶対に面白いよね!/ I want to try this. This must be fun!

Japanese Title (邦題): 「コレやりた〜い。絶対に面白いよね!」末尾に

 

I want to try this. This must be fun!

Good morning to the World and Kanmon!

Most exciting city in Japan, Tokyo.

Something new always happen there.

When I was walking in downtown Tokyo, I found this.

akibacart01

akibacart02

akibacart03

Not only in Kanda, but also in Marunouchi they are driving cart.

akibacart04

It seems to be very popular in Tokyo.
I wonder if they can feel like popular character in TV game.

We need this kind of fun idea in local town.

Thank you and you have a new and nice day.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

コレやりた〜い。絶対に面白いよね!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

エキサイティング・シティ、東京。

いつも新しい何かが起こる街。

街を歩いていると、こんな光景に出くわしました。

akibacart01

akibacart02

akibacart03

神田、そして丸の内でも、、、結構流行ってるみたいです。

akibacart04

テレビゲームの主人公になった気分になれるのかな?

こうした楽しい発想が地方にもほしいなぁ。

それでは、どうぞ何か新しくて素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

未来に向かって、か・わ・る!/ Let’s Change for Future!

Japanese Title (邦題): 「未来に向かって、か・わ・る!」末尾に

 

Let’s Change for Future!

Good morning to the World and Kanmon!

To tell the truth, I left Kanmon for Tokyo, because number of guests are low in April and I have family matter to take care.

I always feel something different whenever I visited Tokyo for several years.

The biggest surprise of this time was airport, Haneda Airport.

We used to use bus from airplane to terminal building. But we directly walk in the terminal by using boarding bridge.

haneda02

And there are big signs of “TOKYO 2020” on the side of all boarding bridges.

haneda01

It is two years to go. Everyone seems to excited about the coming big event.

I welcome this kind of positive change. So I want to visit Tokyo more frequently.

Thank you and you have a nice day, positive for the change.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

未来に向かって、か・わ・る!

世界中に朝が、東京に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

実は少し落ち着いたのと、ファミリー・マターがあるのとで、関門を離れ東京に来ています。

ここ数年の東京は行く度になにかが変わっています。

今回良い意味で一番驚いたのが空港。

以前は到着機から到着ターミナルまで移動していたのですが、
今回はボーディング・ブリッジで直接ターミナルまで歩いていけるようになっていてびっくりしました。

haneda02

そして、そのボーディング・ブリッジには大きくTOKYO 2020の表示!

haneda01

あと二年とちょっと、、、盛り上がってきているみたいです。

こうした前向きな変化は大歓迎で、これからもちょくちょく行きたいなと考えている今日このごろです。

それでは、どうぞ変化に前向き、素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

パートナー、見苦しくない?!/ Is your partner OK?!

Japanese Title (邦題): 「パートナー、見苦しくない?!」末尾に

 

Is your partner OK?!

Good morning to the World and Kanmon!

In the previous article, I report that both side of Kanmon area make effort to improve themselves to become more valuable area for tourists.

This is same for human, isn’t it?

In couples of tourists from certain country, most of female have good sense of beauty, but male is terrible and that make me have a strange feeling when I see them walking together in town. Men’s sense seems to be about 15 years behind from women’s sense.

imperial05

imperial04

(You don’t need to be in tourism industry. If you watch carefully, you will see many young couple tourists have this tendency.)

This theme often comes up to our chatting with our guests, and they (specially female) agree with this.

According to them, high sense female guests using TOUKA, the gap exists not only in their appearance, but also in their inside and it is unacceptable level for them to see.

(Probably Japanese couple used be like them. It is possible we still have huge gap.)

Thank you and you have a nice day, improving ourselves together with your partner.

P.S. There is no relationship at all between text and images.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

パートナー、見苦しくない?

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

ここ関門では対岸の町をパートナーと位置付けて、相互に努力してエリア全体の価値を高め合い、切磋琢磨していることを記事にしましたが、、、

それって人間でも同じです。

ある特定の国のカップル旅行客に見受けられるのですが、並んで歩く彼らを見ていると、女性はずいぶん美意識が高いのに、男性の方は大きく見劣りしていることがよくあります。男性のセンスは女性と比べると15年ほど遅れているように感じます。

imperial05

imperial04

(観光業界にいなくても、この傾向は街にいる観光客を注意深く見ると、容易に気付くことができます。)

このギャップについては、ゲストとのおしゃべりの話題にもよくのぼり、自分の見解は当該国のゲスト(特に女性)からも共感を得ています。

当宿をご利用いただく意識の高い女性によれば、ギャップは外見のみならず、頭の中、つまり内面性でさらに大きく、彼女たちにとって我慢できないレベルだそうです。

(おそらく日本人も昔は、いや、もしかしたらいまなお変わることなく、そのギャップは大きなままなのかもしれません。)

それでは、どうぞパートナーと意識を高め合い、共にハイセンスな素敵な一日を!

P.S. 本文と画像とは一切関係ございません。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com/index_jp.html )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ