一番むずかしい復興!/ The most difficult recovery!

Japanese Title (邦題): 「一番むずかしい復興!」末尾に

 

The most difficult recovery!

Good morning to the World and Kanmon!

This weekend, three days holiday in Japan, we have a group of guests who are the exchange student from foreign country. Now they go to local university.

“Why did you choose local university, not Tokyo?” I asked.

And they replied after few second. “Our parents worried about it.”

When I first heard that, I thought that their parents are worry about big city life. But I understood real meaning after talking more with them.

It means that their parents/family are worry about “Fukushima”.

However I could not deny their understanding and I could not say that there is no problem there.

fukushima01

It is because of my experience of visiting Fukushima for volunteering 2 years after the big earthquake/tsunami. I saw there big difference of recovering speed between Fukushima and other tsunami damaged area and I could not want to go further than inspection gate to the nuclear power plants.

fukushima02

I felt that it is difficult to determine true and false. It is the most difficult to recover from invisible risk.

Now, eight and half years have passed since the big earthquake/tsunami, but I recognized that it is most difficult to recover from damage of both domestic and especially overseas people’s mind. Unfortunately our government, who don’t understand the meaning of snuggling up, may not be able to make the day happen, when anybody can trust the perfect safety from radio active of the power plant.

Thank you and you have a nice day you can feel true safety.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

一番むずかしい復興!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

この連休、海外からの留学生グループにご利用いただきました。留学先は地方の大学です。

「なぜ東京の大学ではないの?」と問いかけると、少し間をおいて、

「家族がとても心配したから」と返ってきました。

そう聞いた時、ご両親が「都会での生活を心配している」のかなと思ったのですが、話をするうちに分かってきました。

それは、どうも「福島が近いから」ということらしいのです。

それが分かった時、即座にそんなことはないと否定も、もう絶対に大丈夫だよと安全を肯定することもできませんでした。

fukushima01

震災の二年後、福島にボランティアに行った際、他の被災地と比べて道路・家屋の復旧がまったく手付かずだった現状を見たし、原発に続く道路の検問の手前まで行った時にも、その先に行ってみたいとは思いませんでした。

fukushima02

本当に安全かどうかなんて断言できないと身をもって感じました。目に見えない恐怖だからこそ払拭するのが非常に難しいのです。

震災から8年半、そんな(国内外の)人の心の復興こそが一番難しいと実感した週末でした。残念なことに「寄り添う」という言葉の意味も正しく理解していない人たちでは、内外に向けて真の安全を信じてもらえる日を実現出来ないかもしれません。

それでは、心から信じることの出来る素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

行きは良い良い、帰りは酷い!/ Comfortable on the way, Terrible on the way back!

Japanese Title (邦題): 「行きは良い良い、帰りは酷い!」末尾に

 

Comfortable on the way, Terrible on the way back!

Good morning to the World and Kanmon!

As our precious guests were really disappointed, I write this wishing this information will connect to the right people.

wallabies01

What they got disappointed is preparation/operation for the audience of Rugby World Cup game.

According to our guests, everything was fine on the way to the stadium. Terrible things appeared after the stadium. Specially everything was terrible after the game.

Because huge numbers of people started to move from stadium and downtown. They had to wait in long lines to ride any transportation. Furthermore, foods were bad. Foods was not hot and beer was warm but everything was expensive there. Everybody was starving when they arrived at station, but no food was left in any stores and restaurants. To make matters worse, they had to stand in the train about an hour whole way to Kokura, even after they passed several trains with full of people.

But our guests were so nice people that they worried about other people who will visit the next day (which is Sunday).

Thank you and you have a nice day, making your failure connect to future improvement.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

行きは良い良い、帰りは酷い!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

当宿の大切なゲストさんが、行き場のない失望感を抱かれていたので、どこかに届かないかと記事にしてみます。

wallabies01

で、何に失望したかというと、ラグビー・ワールドカップ観戦に際しての準備・対応についてです。

ゲストさんによると、スタジアムへ向かうまでは電車も駅もシャトルバスも整然と管理・運営されていて、非常に心地よかったそうです。がっかりしたのはスタジアムについてから、特に試合が終わってからが悲惨だったそうです。

スタジアムや町中から一斉に人が動き出したので、バスに乗るにも電車に乗るにも長い列。加えて食べ物、、、スタジアムの飲食は高いくせに食べ物は冷たくて、ビールはぬるい(ビール一杯千円もしたそうです)。行列の末町に着いた時には、お腹が減って仕方がなかったのに、どこの店でも食べ物・飲み物は売り切れだったそうです。トドメは帰りの電車。満員のため何本か乗り過ごした後で乗り込んだ列車は席はなく、1時間以上立ったまま乗って帰ってきたそうです。

土曜の試合で酷かったのが、きっと日曜の試合でも再現されるのではと、他人のことまで心配されていました。

それでは、どうぞ失敗を改善につなぐ素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

また訪ねたい町!/ The town I want to visit again!

Japanese Title (邦題): 「また訪ねたい町!」末尾に

 

The town I want to visit again!

Good morning to the World, Okayama and Kanmon!

musashi11

When I cleaning guest rooms, I saw shining blue strait and remember one town. (It seems that shining blue is the proof of the sea, not a river.)

musashi12

The town is (please refer the pictures) …

musashi13

Town/Village of one strong SAMURAI who fought on a small island in this strait.

musashi14

I found the town unexpectedly on the way to Tokyo last month.

musashi15

musashi16

Because I found it in the evening, all facilities which related to the Samurai were closed.

So I want to visit the town again someday.

Thank you and you have a nice and best day in Japan.

from the small town of strait we want you to visit (again) someday.

Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

また訪ねたい町!

世界中に朝が、岡山に、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

musashi11

ゲストルームの準備をしながら、窓の外に青く輝く海峡を見て、ある町のことを思い出しました。(青く見えるのは、それが川ではなく海である証拠だそうです。)

musashi12

その町とは、、、(画像参照)

musashi13

眼下に望む小さな島で戦ったあるサムライのルーツの町・村です。

musashi14

先日、東京に行く途中でふと見つけました。

musashi15

musashi16

見つけたのが夕方で、すでにゆかりの施設はすべて閉まっていたので、いつかまたじっくり散策してみたい町です。

それでは、どうぞ日本一の素敵な一日を!

いつか訪れてもらいたい・いつかまた訪れてもらいたい海峡の小さな町より

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ