旬ですっ!/ Now is the time

Japanese Title (邦題): 「旬ですっ!」末尾に

 

Now is the time

Good morning to the World and Kanmon!

The photo was taken yesterday at 18:45, August 29, 2020.

sunset15

View of west side from the windows of guest room and dining room in this guesthouse.

We wish many people enjoy this moment here feeling refreshed.

Thank you and you have a nice day clearing your mind in the sacred light.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

旬ですっ!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

昨日、2020年8月29日 18:45頃の西の空です。

sunset15

ちょうど、当宿の客室・ダイニングの窓の正面からの景色になります。

心洗われるひとときを一度体験してもらいたいです。

それでは、光りに包まれて無になる素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

もしも、もうひとつが、、、/ Guess where the third one might go?

Japanese Title (邦題): 「もしも、もうひとつが、、、」末尾に

 

Guess where the third one might go?

Good morning to the World and Kanmon!

Tomorrow is the Day of the Atomic Bombing at Nagasaki. All of us will pray at 11:02.

We, the citizen of Kitakyushu city, may have confused feeling with thinking it was good that the time was not 10:00. Because it is both sad whether 10:00 or 11:02.

kokurasky01I’m scared when I think that mushroom cloud might rise up in this sky.

A few days ago, TV documentary told us that there is another bomb in U.S. air force after Nagasaki.

kokurasky02

We all Japanese should think about the possibility of the third one on our own town toward the anniversary of defeat.

Not only thinking of those who died in atomic bombing, we should think why Japanese continued such war of insanity.

Thank you and you have a nice day thinking brutality of human beings and meaning of peace.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

もしも、もうひとつが、、、

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

明日、8月9日は長崎原爆の日。11時2分に黙祷をささげます。

それが10時でなくて良かったと、喜ぶでもなく、複雑な気持ちになるのは、北九州っ子気質なのかもしれません。

kokurasky01
この空にきのこ雲が立ち上がったかもしれないと考えただけでゾッとします。

先日テレビで報道されていました。実は、長崎の後、原爆はもう一発あったんだと、、、

kokurasky02

日本人は、それがもしかして自分の町に落とされたかもしれないと考え、敗戦の日を迎えるべきでしょう。

哀悼の想いにひたるだけでなく、どうしてあんな狂気の戦争をしてしまったのかを、、、

それでは、人間の恐ろしさと平和の意味を考える素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

ふるさとへのUターン 〜 本当の意義 / True meaning of returning to hometown

Japanese Title (邦題): 「ふるさとへのUターン 〜 本当の意義」末尾に

 

True meaning of returning to hometown

Good morning to the World and Kanmon!

Here in Kanmon area, it is very very hot in this August.

There are no fashionable articles like other guesthouse in this site. Let me talk about more unfashionable topic this time.

Actually for whole July, I had visited my parents’ house almost everyday, where is about 5min drive or 3min bicycle ride from here.

So, why my parents’ house?

It is because my mother passed out suddenly on the fist day of July. She was brought to a hospital and took serious brain surgery and has stayed there whole July.

newkomonji01

As I am her eldest son, I have been a window person to the hospital and managed information between the hospital and my family.

It cannot be made, if I were still in Tokyo.

Of course, I had thought about how to care my old parents when I resigned a company and started to think about new business. Honestly speaking, it is more important than “revitalization of hometown” and “regional activation” for me. It is one of main objectives to return to my hometown. Even when I was belong to previous company which is famous for generous benefits, I kept feeling uncomfortable about the role of special paid leave for nursing care and the death of family members as a child of human.

This summer, fortunately(?), we have quite less guest, because of COVID-19 infection and I could spend more than enough time to play the role as “the eldest son”. It is quite lucky for us that my mother started communicating this week, though it is not perfect communication yet, and she will be in rehabilitation stage this month.

When I looked back this one month, I remember that we could not make direct communication with our mother, because of COVID-19 virus control by the hospital. We could only meet with her through online Skype screen. If her condition got worse and I were still working in Tokyo, I could not even touch her or not talk any words with her before she left us. Just thinking about it makes me shudder.

We may be in the second wave of COVID-19 infection, as mass media broadcasting, It is my quite private opinion that COVID-19 virus may be the messenger of the god to make us think more about ourselves and our families.

Returning to hometown, it may be one of effective choice of life.

Thank you and you have a wonderful day with your precious family.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

ふるさとへのUターン 〜 本当の意義

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

関門の8月、、、今年はめちゃめちゃ暑いです。

さて、普段からこの場では今どきのゲストハウスっぽいお洒落なことは一切書きませんが、今回はさらにお洒落でない話題を、、、

実は7月はほぼ毎日実家に顔を出していました。宿主の実家はココから車で5分、自転車で3分のところにあります。

で、なぜ実家?

7月に入ってすぐ、突然、実家の母親が倒れて救急車で運ばれ、開頭するほどの大手術をし、そこからずっと入院しているからです。

newkomonji01

長男ということもあり、病院との第一連絡先になり、老いた父や兄弟家族の窓口として、振る舞ってきました。

もしUターンせずに東京にいたなら、出来なかった対応です。

もちろんふるさとでの起業を考えた際にも、両親のことを考えたことは言うまでもありません。むしろ両親のことは「ふるさとの町おこし」や「地域活性化」より重要な「Uターンの目的」でした。思えば、福利厚生が良いことでも知られている会社にいた間も、会社が提示する介護休暇や、親が死んだ際に取得できる特別休暇のあり方に(ひとりの人の子として)ずっと違和感を感じていました。

この夏は、幸運なことに(?) 新型コロナウイルスの流行でゲストも極限まで少なくて、十二分に自分の時間が取れたおかげで「長男としての機能」を果たすことが出来ました。幸い、母はまだおぼつかないながらも今週になってようやく会話ができるようになり、来週からリハビリのステータスに入ります。

振り返ってコロナです。このひと月、面会も直接対面では出来ずに、病院内でSkypeを使ってのオンライン面会です。もし病状が悪い方に転んでいたとしたら、そしてもし今なお東京で働いていたとしたら、母とは触れるどころか言葉も交わさずにお別れになったかもしれないと思い、ゾッとしています。

第二波に突入した感のある「コロナ禍」。あくまでも私見ですが、このやっかいなウイルスは、家族や自分自身の幸せを見つめ直すために、神様がこの世に遣わした使者なのかもしれません。

ふるさとへのUターン、、、今回紹介した話題は決してお洒落なものではありませんが、これからの人生におけるひとつの有効な選択肢かもしれません。

それでは、大きな意味で家族と素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )