日本のビールはマズい!/ Japanese Beer taste awful!

Japanese Title (邦題): 「日本のビールはマズい!」末尾に

 

Japanese Beer taste awful!

Good morning to the World and Kanmon!

When we host our guests from foreign countries n this guesthouse, we have often noticed what we didn’t know that until that time. For example, many guests eat convenience store foods for their dinner.

One day, guests bought foods back from two convenient store. They ate the food in our dining room, talking each other. And they talked to me.

“Yassan, Japanese beer doesn’t taste good, does it?”

I saw what they were drinking and found out that it is not “beer”.

japanesebeer01

“You’re kidding. It is non-alcohol beverage!”

“Really?!” they were surprised and disappointed.

On the label of the can, there are big HIRAGANA sign of “Non-alcohol” but English sing is very small. It is not their fault that they bought wrong drink.

From now on, more foreign people will visit Japan and they may not be only tourists. I recognized that product development should not be only for Japanese, even for domestic market.

Thank you and you have a nice day, with reading near future and being flexible.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

日本のビールはマズい!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

外国から来たゲストをおもてなししていると、これまで知らなかったことに気付かされることがよくあります。例えば、「灯火」を利用されるゲストの夕食がコンビニ食ということは少なくありません。

コンビニで買ってきたものをダイニングで食べながら、ゲスト同士で談笑していた時に声をかけられました。

「やっさん、日本のビールはぜんぜん美味しくないね。」

よく見ると、彼らが飲んでいたのは「ビール」ではありません。

japanesebeer01

「おいおい、それはノンアルコールだぜ。」と教えてあげると、「しまったぁ」という顔になり、ガッカリしていました。

缶のラベルを見るとノンアルコールとは小さく書かれているだけで、それもカタカナが大きく、英語は小さく書かれている状態です。彼らが間違って買うのも仕方ないように思います。

これから旅行客だけでなく、さらに外国人が増えること、どんどんと新しい人が日本にくることを考えると、「日本人前提」の商品開発では対応できなくなるように感じた瞬間でした。

それでは、すこし先を読んでフレキシブルに素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

ココに気持ちがあらわれる!/ Their conscience can be seen on this!

Japanese Title (邦題): 「ココに気持ちがあらわれる!」末尾に

 

Their conscience can be seen on this!

Good morning to the World and Kanmon!

There was a important announcement for this town was made this week.

Yes, new timetable of JR trains were opened to public.

JRtimetable01

Unfortunately, there was no increase and we can see further decreasing train schedule.

According to the comment of JR management, they will reconsider by hearing users voices. We don’t think the majority of user agree with their change. So we can imagine that management staff of JR Kyushu is as same as Abe Cabinet who say that they stay considerate of feelings of people in Okinawa but completely ignore them.

As there is no arrival table at Mojiko was posted, we can see it in time table of Komorie station, which is the nearest one from TOUKA. How about only two train in an hour? As local people can use our car to transport, most affected people by this time table in daytime are “Tourists”. Specially tourists from foreign countries have no other way rather than public transportation. We can imagine their faces with surprising and disappointment.
(Nowadays, tourist not only be disappointed but spread their opinion through internet. This inconvenience will run the world immediately.)

Repeater guests visiting TOUKA are feeing the difference from the last time they visited here. We cannot know the inconvenience easily by comparing current and new time table. It can be obvious when we compare new table and table of three years ago.

JRtimetable02

If they bought BUS PASS, they will know that bus is time consuming and makes them exhausted. And they felt additional disappointment.

This is the Hospitality of Kitakyushu as an area.
(Most of private tourists who visited Kitakyushu are suffered this influence.)

Thank you and you have a nice day, working as a team for tourists’ smiling.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

ココに気持ちがあらわれる!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

今週、この町にとって重大な発表がありました。

そう3月16日からのJR鹿児島線の新ダイヤです。

JRtimetable01

残念ながら、増便は無く、全体でみてもさらに微減という内容になっています。

昨年の改正後のJR側のコメントは利用者の声を聞いて再検討するとのことでしたが、利用者のうち減便に満足している人はおらず、JR九州も「寄り添うと言っておいて無視する安倍内閣」と似たり寄ったりとガッカリしました。

門司港には到着便の時刻表はないので、「灯火」最寄りの小森江駅の上り(?)の時刻表が門司港到着便の頻度を表します。日中のダイヤが1時間に二本しかないのはどうでしょう。地元の人は車で移動する人も多いので、日中の利用者で一番インパクトを受けるのは観光客、中でも公共交通機関しか移動手段のない外国人観光客の驚きガッカリする顔が浮かぶようです。
(最近の観光客はただガッカリするだけでなく、「もの言う」観光客なので不便さは即座にネットを駆け巡ります。)

当宿のようにリピーターが利用する際は「前に来たときとの違い」という印象にのこるようです。現ダイヤと新ダイヤと比べても違いはなかなか分かりません。けれども「灯火」の開業した3年前のダイヤと比べるとその違いは一目瞭然です。

JRtimetable02

ネット情報で安いとしって路線バスのパスを購入しても、移動時間がかかってグッタリ、さらにガッカリ!
これが北九州という土地の「おもてなし」!
(この市を訪れるほとんど全ての個人観光客がこの影響を受けています。)

それでは、どうぞ「一致団結して」(観光客に)素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

解決する気ある? ない?/ The Solution is..!

Japanese Title (邦題): 「解決する気ある? ない?」末尾に

 

The Solution is..!

Good morning to the World and Kanmon!

There is one typical story in Fukuoka pref. Japan. And we fully agree with it.

“Fukuoka city and Kitakyushu city see each other as a rival.”

However, now Fukuoka city is a high-flying local community and think nothing of Kitakyushu city. It is the sole winner all over Kyushu island.

On the other hand, new mayor was not selected at the election last month in Kitakyushu and there is no sign of positive evolution. We have seen expensive community PR but population has been flown out and this spring won’t be the exception.
( I personally like reducing population, because I can enjoy both space and time allowance very much here. So I’ve kept promoting our guest to move in this city with this sales points.)

No momentum of this city seems to affect various aspect. For example, city’s football team is on a losing streak last several seasons. They got a honorable title of lowest in lowest league last season. Since I came back home town, I have recognized the terror of negative spiral of the city.
( I was afraid that the team will demote again. But fortunately there is no league under current one. )

So I have proposed various strategies toward inbound market for my beloved home town to achieve dramatic recovery. Because we have heard from our guests that people are super kind in Kitakyushu and Kanmon but infrastructure for tourism was not developed yet. I kept quoting the idea from guests’ live voice to the officers, but there was no sign can be seen yet so far.

The biggest one of my proposals is:
“KITAKYUSHU TOURIST CITY PASS”.

We have no time to see Fukuoka city as a rival. We have been disappointed, every time we see used “FUKUOKA TOURIST CITY PASS” in our trash cans.

fukuokapass01

Why does the PASS exist in Fukuoka but Kitakyushu? According to my previous article, CEO of JR Kyushu understand the value of Kitakyushu very much. The thing we should do is that City of Kitakyushu become a promoter and coordinator with Nishitetsu Bus, JR Kagoshima-line and City monorail to connect all towns and spots. There is so many hidden spot to be explored by foreign tourists here. What they need is enthusiasm and motivation. Expensive investment is not needed now. Later, if they expand this scheme to Heisei-Chikuho-line, JR Chikuho-line and Hita-Hikosan-line, manifested issues may be solved by this activity.

I believe that this just “a piece of paper” can be the magic card of dynamic recovery/solution, including several fundamental issues local governments are facing now.

Thank you and you have a nice day without spending money but with using your brain.

P.S. Just before releasing the article, I double checked and found there was the trial of the PASS I am proposing now. The trial was done in 2013. We are very disappointed that there is no good staffs who can understand the fundamental difference between Fukuoka Pass and Kitakyushu Pass.

kitakyushupass01

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

解決する気ある? ない?

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

「県民あるある」でよく聞く内容で、自分も同感・納得している現象があります。

「福岡市民と北九州市民はお互いをライバル視していて仲が悪い」

今や、福岡市はあらゆる面で飛ぶ鳥を落とす勢いで、もはや北九州市は眼中にすらない状態です。九州全体で見ても「一人勝ち」の様相です。

当の北九州市はというと、先月の市長選挙でも現職の再選となり、変化の兆しもなく、全国誌に大掛かりな自治体広告を出すも、人口はどんどん流出するばかりです。
(おかげで空間的、時間的な余裕すら生まれ、そこをセールスポイントに、ゲストに「移住してみない?」と声かけしているこの頃です。)

街の勢いの無さはサッカーチームにまで影響しているようです。J3へ降格するや二年で勝ち点でブッチギリの最下位です。Uターンして以来、負のスパイラルの怖さを実感しています。
(さらに降格するかと心配したら、J4はないことを知りました。ホッ)

そんな大好きな故郷に起死回生・形勢逆転の一手を打ってほしいと役所に提案し続けているのが、外国人旅行客です。感想としてゲストからよく聞くのは、住人と触れ合って直感する気持ちの温かさでは北九州・関門エリアは群を抜いて評価が高いのに、インフラがついていってないことです。当宿の中で実感する気付きは役所だけでなく、新聞等も利用して訴えているのですが、動く兆しはありません。

なかでも、是非とも実現してほしいのが
「KITAKYUSHU TOURIST CITY PASS」

もはや ライバル視している状態ではありません。小森江のゲストハウスにあって、ゴミの中に使用済みの福岡市のパスを見つけるたびにガッカリします。

fukuokapass01

なぜ福岡市では実現できて、北九州市では実現できないのでしょう?JR九州の社長は北九州市の良さを分かっている強力な理解者です。あとは北九州市が推進・仲介者として、西鉄・JR鹿児島本線・自らが持つモノレールを繋ぎ、さらにそこから各町・スポットへと「絆」を拡げるだけです。そこには観光資源が眠っています。必要なのは熱意とヤル気。インフラ投資は決して大きくありません。もしさらにその後「絆」が平成筑豊鉄道やJR筑豊本線・日田彦山線にまで拡がるとしたら、、、

この「一枚の紙切れ」は地域の抱える問題も取り込んで、スパイラルも良い方向に形勢逆転する「魔法のお札」になる可能性を秘めています。

それでは、どうぞ金は使わず、知恵を使って素敵な一日を!

P.S. 発信する直前に調べたら、上記提案するようなパスは2013年10月12日~同12月8日の期間、試験的に導入されたことがあるようです。福岡市を真似したところまでは良かったようですが、外国人が視野にないこと、土日祝日だけという懐の狭さから、効果がなかったのか、継続されなかったようです。先見性・国際性・行動力の点で太刀打ちできないようです。残念っ!

kitakyushupass01

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ