ぐるぐるぐるぐる みんなで乗ろう!/ Let’s utilize/communicate together!

Japanese Title (邦題): 「ぐるぐるぐるぐる みんなで乗ろう!」末尾に

 

Let’s utilize/communicate together!

Good morning to the World and Kanmon!

Do you know about new bus service in our town?
It is loop bus route service for the tourists from overseas, provided by local government and bus company. However I don’t see many tourists using this bus yet. ( http://www.kokuraloop.com/index.html )

kokuraloop01

Biggest weak and disappointing point of this service is:

“This service is only for the tourists from foreign countries.”

This doesn’t mean that I don’t like the policy. It is because the biggest strength of this town is PEOPLE living here. I recognized it after managing guesthouse for more than 2.5 years. What they are impressed most in this town is kindness of the people. They said that they cannot feel it in big cities. Good memories they experienced here was created, when they contacted with local people on the street, station, bus stop and so on.

Unfortunately, this bus service separate tourists from local people. Our strength is never appealed in this service. Even if tourists asked local people, local people can never advice this service, because they can never know/experience this. This is like night market or hot spring outdoor bath only for tourists. This town is special place where tourists can enjoy communication with us, local people. So I feel so disappointed.

Idea of this service might be planned by the people who have ever travel only Waikiki Hawaii. However this town needs the sense or idea from the experience of putting ourselves in tourists’ shoes.

I believe that all we need is to lead tourists into our local community and our daily life, not a orange wrapping bus prepare with expensive budget.

Thank you and you have a nice day getting maximum fun with smart idea, not money.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

ぐるぐるぐるぐる みんなで乗ろう!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

ご存知ですか?
昨年末から始まった外国人旅行者向けの循環バスサービス!
ご当地自治体と地方のバス会社とがタイアップし、インバウンドを地域の振興に取り込もうと試験的に始めたようですが、どうも見た感じ、利用されている旅行客は少ないようです。( http://www.kokuraloop.com/index.html )

kokuraloop01

このバスサービスの最大の弱点で最高にもったいないのは、、、

「外国人旅行客しか利用できないこと」です。

日本人に使わせないのが気に入らないのではありません。この街の一番のウリはここに住む人だからです。2年半外国人のおもてなしをしてきて分かりました。彼らが一番感動するのは、買い物ではなくてこの街に住む人の優しさです。大都市では感じられない感覚だそうです。そうした住民との接触は歩道や駅やバス停で偶然・何気なく起きているのです。

残念ながら、このバスサービスは外国人旅行者の動線と、地域住民との動線とを切り離していて、せっかくのウリが活かされることがありません。住民は尋ねられても知らないので、このバスのことを教えてあげることは出来ません。まるでガイジン専用の屋台、温泉露天風呂みたいですね。せっかく地域に受け入れられて溶け込む感覚が味わえる街なのに、残念でしかたありません。

ハワイもワイキキしか海外旅行したことのない人の感覚ではなくて、もうすこし旅する人の気持ちになって企画する姿勢が必要かもしれませんね。

お金をかけて派手にラッピングしたバスを準備するより、地域住民の動線に、外国人旅行客の動線を引き込めば良いだけなんですが、、、、

それでは、どうぞお金は出さずに知恵を出して素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

あぁ残念。でもこれイイね!/ It’s too bad. But I like it!

Japanese Title (邦題): 「あぁ残念。でもこれイイね!」末尾に

 

It’s too bad. But I like it!

Good morning to the World and Kanmon!

It is unfortunate that I didn’t know that useful information.

I found very interesting TV program by chance. It is the program of E-TV (Educational TV). It is to introduce useful English phrases to communicate with foreign guests in a guesthouse.

basicenglish01

The program seemed to start on April last year. I missed to watch 3/4 of its episodes.

As educational TV program, they will broadcast few times. I decided to check my English phrases with this program during the time guests will be out.

I recommend this program to all Japanese including the person who don’t work in tourism industry. Because no one can stop GAIJIN coming into our country. Don’t you prepare for it?

Thank you and you have a nice day, communicating with various people.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

あぁ残念。でもこれイイね!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

これまで知らなかったのが残念なお話!

普段見ない教育テレビを見ると、ゲストハウスでよく使われる英会話の慣用句をおもてなし英語として紹介している番組がありました。

basicenglish01

4月からやってたみたいなので、すでに3/4は見逃してしまいましたが、、、

教育番組らしく再放送も充実しているみたいなので、ゲストの外出中など居ない時にこれで自分のおもてなし英語力をチェックしようと思います。

ゲストハウスに縁のない方も、これから日本に押し寄せるガイジン旅行者は止めることができないので、今のうちに準備しませんか?

それでは、楽しいコミュニケーションで素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

もう一つの心地よい空間は、雲の中!/ How about staying in the cloud?!

Japanese Title (邦題): 「もう一つの心地よい空間は、雲の中!」末尾に

 

How about staying in the cloud?!

Good morning to the World and Kanmon!

The second comfortable place to stay in Taiwan is
a small hostel in the town of Chiufen where is the most popular place for day trip from Taipei.

2018taiwan56

The biggest sale point of this hostel is incredible view from its terrace of cloud level. I saw the town of Chiufen in front with beautiful background of Keelung port and sea, furthermore Mt. Keelung in its backside.

Owner is a wonderful lady with her mother maintaining three stories high hostel very clean. I heard that it is hard to get water in Chiufen area, but I could get enough hot water from the shower there. It was really comfortable stay.

Before visiting Taiwan, one of my friend from university time recommended me, “You should stay one night, if you will visit Chiufen”. And I recognized that her advice has a point. There were too many people in steep steps in the evening and no space even for my feet. The situation make me feel even danger. For me to stay one night there and I could have perfect relaxing time with enjoying Chinese tea ceremony in historic tea house.

To get really comfortable place to stay in Chiufen, where many hostel are doing business, you had better to use two keyword. (1) Airbnb, (2) Super-host, as I told you. With these keyword you won’t miss the choice and comfortable night was guaranteed for you.

Thank you and you have a nice day, listening advices carefully.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

もう一つの心地よい空間は、雲の中!

世界中に朝が、台湾にも、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

台湾での二軒目の宿は、、、
台北からの日帰り旅行として一番人気の「九份」の宿。

2018taiwan56

こちらの宿の一番のウリは雲の中のテラス。その前面には九份の町並み、さらに奥手には基隆の港と海、背後には基隆山、絶景の宿です。

女性オーナーがお母様と一緒に営まれている宿で、とても清潔です。水の確保が大変と言われる九份でシャワーのお湯も豊富に出て、快適なステイを楽しむことが出来ました。

大学時代の友人に旅行前から勧められていたのは「九份は黄昏時に人気の観光地で夕方から夜にかけて異様なほどの人であふれるのでその良さがわからない。行くなら一泊して朝の九份も味わうほうが良い」とのこと。

そのアドバイス、まさに的確でした。急な階段の町の黄昏時は足の踏み場もなくて、散策するのが怖くなるほど。一泊して、爽やかな朝にのんびり中国茶を楽しむこともできて、至福のひとときでした。

快適な九份ステイ。民宿の乱立するこの町での宿選びのキーワードは (1) Airbnb、(2) スーパーホスト 。これで快適な一夜が保証されます。

それでは、人のアドバイスは素直に聞いて、素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ