今がチャンス!/ This is a big chance for Japan!

Japanese Title (邦題): 「今がチャンス!」末尾に

 

This is a big chance for Japan!

Good morning to the World, Hong Kong, Taiwan and Kanmon!

This week, we had guests from my favorite country, Taiwan.

One of the topics we talked here was “Demonstration in Hong Kong”.

Biggest worry is that same thing may happen in Taiwan and they are already seeing one phenomenon that Hong Kong people have been moving into Taiwan. We enjoyed talking about such topics.

According to him, the biggest reason why Hong Kong people choose Taiwan for the place to move is that both Hong Kong and Taiwan has similar cultural and geographical element and Taiwan is the place for Hong Kong people easy to move into.

This may be the good opportunity for Japan too.

With seeing our guest, we know that there are not a few Hong Kong people who really like Japan. So do Taiwan people. Taiwan people are also worry about the possibility the same thing may occur in their place. In such situation, it is a great opportunity for Japan and Kitakyushu to get highly eduacated and good quality work forces, if we can be qualified as the good place to move.

It is of course that may happen if we welcome them as a good neighbor friends.

taiwanworry01

This time, the guests are the people who is worry about the future of themselves and their child. So we made them super relaxed in TOUKA.

Thank you and you have a nice day with your good neighborhood.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

今がチャンス!

世界中に朝が、香港や台湾にも、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

今週のゲストは大好きな台湾からいらっしゃったゲストさん。

話題は、、、日本のニュースでも話題になっている、香港のデモのこと。

明日は我が身かも、という台湾独自の事情と、、、今、実際に台湾へと移り住む香港人が少なくなくて社会問題なのだそうです。

そんな話題で盛り上がりました。香港と台湾とは文化や地理的な要素が似ていて、香港の人には移住しやすいそうなのです。

もしかしたら、これは日本にとってもチャンスかもしれません。

ゲストを見ている限り、日本が大好きという香港人は少なくないし、それは台湾人もしかり。今香港で起きていることが、台湾でもそのうちに起きるのではという不安も少なくないようです。そんな時に労働人口不足の日本が、いや、もし北九州がその受け皿(移住先)になれるとしたら、教育水準が高く、良質な労働力をゲットできる可能性は低くないと思います。

もちろん良き隣人として歓迎するということですが、、、

taiwanworry01

今回はご自身と子供の未来に不安も持つゲストさんでしたが、「灯火」(ここ)にいる間は思いっきりくつろいでもらいました。

それでは、どうぞ隣人にめぐまれる素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

日本のビールはマズい!/ Japanese Beer taste awful!

Japanese Title (邦題): 「日本のビールはマズい!」末尾に

 

Japanese Beer taste awful!

Good morning to the World and Kanmon!

When we host our guests from foreign countries n this guesthouse, we have often noticed what we didn’t know that until that time. For example, many guests eat convenience store foods for their dinner.

One day, guests bought foods back from two convenient store. They ate the food in our dining room, talking each other. And they talked to me.

“Yassan, Japanese beer doesn’t taste good, does it?”

I saw what they were drinking and found out that it is not “beer”.

japanesebeer01

“You’re kidding. It is non-alcohol beverage!”

“Really?!” they were surprised and disappointed.

On the label of the can, there are big HIRAGANA sign of “Non-alcohol” but English sing is very small. It is not their fault that they bought wrong drink.

From now on, more foreign people will visit Japan and they may not be only tourists. I recognized that product development should not be only for Japanese, even for domestic market.

Thank you and you have a nice day, with reading near future and being flexible.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

日本のビールはマズい!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

外国から来たゲストをおもてなししていると、これまで知らなかったことに気付かされることがよくあります。例えば、「灯火」を利用されるゲストの夕食がコンビニ食ということは少なくありません。

コンビニで買ってきたものをダイニングで食べながら、ゲスト同士で談笑していた時に声をかけられました。

「やっさん、日本のビールはぜんぜん美味しくないね。」

よく見ると、彼らが飲んでいたのは「ビール」ではありません。

japanesebeer01

「おいおい、それはノンアルコールだぜ。」と教えてあげると、「しまったぁ」という顔になり、ガッカリしていました。

缶のラベルを見るとノンアルコールとは小さく書かれているだけで、それもカタカナが大きく、英語は小さく書かれている状態です。彼らが間違って買うのも仕方ないように思います。

これから旅行客だけでなく、さらに外国人が増えること、どんどんと新しい人が日本にくることを考えると、「日本人前提」の商品開発では対応できなくなるように感じた瞬間でした。

それでは、すこし先を読んでフレキシブルに素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

ココに気持ちがあらわれる!/ Their conscience can be seen on this!

Japanese Title (邦題): 「ココに気持ちがあらわれる!」末尾に

 

Their conscience can be seen on this!

Good morning to the World and Kanmon!

There was a important announcement for this town was made this week.

Yes, new timetable of JR trains were opened to public.

JRtimetable01

Unfortunately, there was no increase and we can see further decreasing train schedule.

According to the comment of JR management, they will reconsider by hearing users voices. We don’t think the majority of user agree with their change. So we can imagine that management staff of JR Kyushu is as same as Abe Cabinet who say that they stay considerate of feelings of people in Okinawa but completely ignore them.

As there is no arrival table at Mojiko was posted, we can see it in time table of Komorie station, which is the nearest one from TOUKA. How about only two train in an hour? As local people can use our car to transport, most affected people by this time table in daytime are “Tourists”. Specially tourists from foreign countries have no other way rather than public transportation. We can imagine their faces with surprising and disappointment.
(Nowadays, tourist not only be disappointed but spread their opinion through internet. This inconvenience will run the world immediately.)

Repeater guests visiting TOUKA are feeing the difference from the last time they visited here. We cannot know the inconvenience easily by comparing current and new time table. It can be obvious when we compare new table and table of three years ago.

JRtimetable02

If they bought BUS PASS, they will know that bus is time consuming and makes them exhausted. And they felt additional disappointment.

This is the Hospitality of Kitakyushu as an area.
(Most of private tourists who visited Kitakyushu are suffered this influence.)

Thank you and you have a nice day, working as a team for tourists’ smiling.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

ココに気持ちがあらわれる!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

今週、この町にとって重大な発表がありました。

そう3月16日からのJR鹿児島線の新ダイヤです。

JRtimetable01

残念ながら、増便は無く、全体でみてもさらに微減という内容になっています。

昨年の改正後のJR側のコメントは利用者の声を聞いて再検討するとのことでしたが、利用者のうち減便に満足している人はおらず、JR九州も「寄り添うと言っておいて無視する安倍内閣」と似たり寄ったりとガッカリしました。

門司港には到着便の時刻表はないので、「灯火」最寄りの小森江駅の上り(?)の時刻表が門司港到着便の頻度を表します。日中のダイヤが1時間に二本しかないのはどうでしょう。地元の人は車で移動する人も多いので、日中の利用者で一番インパクトを受けるのは観光客、中でも公共交通機関しか移動手段のない外国人観光客の驚きガッカリする顔が浮かぶようです。
(最近の観光客はただガッカリするだけでなく、「もの言う」観光客なので不便さは即座にネットを駆け巡ります。)

当宿のようにリピーターが利用する際は「前に来たときとの違い」という印象にのこるようです。現ダイヤと新ダイヤと比べても違いはなかなか分かりません。けれども「灯火」の開業した3年前のダイヤと比べるとその違いは一目瞭然です。

JRtimetable02

ネット情報で安いとしって路線バスのパスを購入しても、移動時間がかかってグッタリ、さらにガッカリ!
これが北九州という土地の「おもてなし」!
(この市を訪れるほとんど全ての個人観光客がこの影響を受けています。)

それでは、どうぞ「一致団結して」(観光客に)素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ