『忘れまい』ではなくて『学ぼう』/ Study is more important than not forget

Japanese Title (邦題): 「『忘れまい』ではなくて『学ぼう』」末尾に

 

Study is more important than not forget

Good morning to the World and Kanmon!

In this time of a year, certain kind of TV programs are often broadcasted in Japan.

Yes, they are about 3.11, Great East Japan Earthquake and Tsunami.

They are produced with the purpose that we keep the affected area and people in our mind. It is important but I feel something strange, as I keep contacting those people whom I had met in Iwate pref.

My strongest impression after I heard tsunami episodes from old lady who was washed out by tsunami, man with disabilities who could escaped from tsunami in the central downtown damaged critically was how I should utilize their experience for my future. It means that I should understand possible disasters in my environment and think how I measure for those risks.

In the process of my studying hazard map, I found one moving picture which was made several years ago by local government, who published the hazard maps. It was a good program explaining enormous water hazard happened 68 years ago and I thought a lot of things watching the program.

waterhazard1953-00

“Memories of Great Water Hazard in Kitakyushu 1953”
produced by Risk controlling division, City of Kitakyushu

waterhazard1953-01

waterhazard1953-02

Recently the possibility of natural disaster is getting higher than ever, no matter earth quake, water hazard and so on. It is no longer “no way” but “someday”.

If you live without thinking, you will die.

Thank you and you have a nice day studying it as your own problem.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

『忘れまい』ではなくて『学ぼう』

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

この時期になると、日本のテレビではにわかにある種の特集番組がいくつも放送されます。

そう3.11、2011年の東日本大震災・津波に関する番組です。

被災地・被災者を忘れないという目的なのは分かりますが、常々岩手で被災された方々とコンタクトをとっている自分には、少し違和感を感じます。

被災された方、津波に流された方や、身体障害にも関わらず大被害の町で生き残った方の話を聞いて一番強く感じたのは、そうした経験を自らの環境や生活に当てはめて、どんな災害が起きる可能性があるか認識し、いかに対処するかを自分の問題として考えるべきだということです。

ハザードマップを読み解いていく過程で、マップを製作した自治体が数年前に製作したこの町で昔起きた甚大な自然災害についての動画を見つけました。とても良くできた動画で、いろいろ考えさせられました。

waterhazard1953-00

「昭和28年北九州大水害の記憶」北九州市危機管理室*
(* 100万人に届かない人口の町なのに、動画再生は1万以下。もったいないです。)

waterhazard1953-01

waterhazard1953-02

地震も水害も以前にも増して起きる確率は高まっています。自然災害は今や、まさか、ではなく、いつか!

ボ〜っと生きてたら、死んじゃいますよ。

それでは、自分の問題として学んで素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

予期できる事態 / Expectable situation

Japanese Title (邦題): 「予期できる事態」末尾に

 

Expectable situation

Good morning to the World and Kanmon!

In recent several years, it has been on a kind of trend that leaders use unexpected situation as their excuse in both political and economical world in Japan. But such excuses don’t work for us, the people who may suffer serious damage.

So we decided to utilize “Hazard Map” published by our local government with spending about 14million JPY.

We got some hazard maps which cover the areas where our guests may visit during staying here.

Exif_JPEG_PICTURE

At first, we fount that “Mojiko Retro Area”, the most popular spot, will be submerged completely.

Exif_JPEG_PICTURE

Specially, we are surprised at that evacuation sites in the area doesn’t function in water hazard condition. Not only evacuation sites in the Retro Area, but also those in mountain side of route #3 won’t work in emergency.

Exif_JPEG_PICTURE

Because there are a few tall buildings in the area and even they also have a risk of isolation by the water, we think that we should advice our guests in retro area to evacuate to the south of Mojiko station, the area around the city hall. From the area, they may be able to walk back to this guesthouse.

Thank you and you have a nice day controlling possible risks well.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

予期できる事態

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

ここ数年の日本の政治や、経済界では誰かが予想した状況が起きても、「予期できない事態」だったという言い訳するのが流行っていますが、致命的な被害を被る可能性のある国民目線ではそんな言い訳は通用しません。

というわけで、1,400万円もかけて自治体が製作した「ハザードマップ」を宿として最大限活用することにしました。

これまでのゲストさんたちの話から、彼らが立ち寄る可能性のあるスポットについて「ハザードマップ」を取り寄せました。

Exif_JPEG_PICTURE

まず観光で一番立ち寄る可能性のある「門司港レトロ地区」。残念ながら、ここは完全に水没するようです。

Exif_JPEG_PICTURE

さらに特筆すべきは、高潮時には地区内の「避難場所」は機能しないと予測されていることです。市街地では国道三号線のさらに山手になる「避難場所」も水没して避難不可になるようです。

Exif_JPEG_PICTURE

レトロ地区には高層の建物が少ないことや、高層の建物も孤立するリスクが高いことから、ゲストには万が一の際には駅の南手、区役所方面に避難するようにアドバイスしようと考えます。そこからであれば、宿まで徒歩で戻ってこれることもハザードマップから読み取れました。

それでは、人生で起こりうるリスクとは上手く付き合って素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

ナイス・ガイド!/ A nice guide, isn’t he?!

Japanese Title (邦題): 「ナイス・ガイド!」末尾に

 

A nice guide, isn’t he?!

Good morning to the World and Kanmon!

It was perfect winter weather on Wednesday in Kanmon. Strong wind blew around our port town with some snow.

Exif_JPEG_PICTURE

There was no one in waterfront shopping street. We were not sure it is because of cold weather or emergent declaration for COVID-19.

Exif_JPEG_PICTURE

Sea water is soaring up by a strong wind at the pier. Wind was so strong that even plovers could not fly.

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

At the pier, a minibus came and stopped at the wet corner by the sea. It was a kindergarten minibus. Driver/teacher might show kids the rough sea.

Exif_JPEG_PICTURE

The bus was almost wet by sprayed salt water. That experience may remain as a memory of one winter day in their hometown. They may glow up to be adults with great sensibility.

I like the kindergarten which has such a cool bus driver. (I was very curious what kind of conversation was talked in the bus.)

Thank you and you have a nice day which is neither hackneyed nor inflexible.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

ナイス・ガイド!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

水曜日の関門、我が港町は寒風吹きすさぶ真冬の様相。雪もチラチラ降っています。

Exif_JPEG_PICTURE

観光スポットは人っ子一人いない寂しい状況です。とはいっても寒気のせいなのか、コロナのせいなのかは???ですけれど。

Exif_JPEG_PICTURE

埠頭でも雪混じりの潮が舞い上がっていました。あまりの強風に浜千鳥たちも飛ぶのを諦めています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

と、そこに、、、

Exif_JPEG_PICTURE

一台のマイクロバスが、、、潮が飛び交うコーナーで一時停車。よく見ると幼稚園バスです。もしかして荒天の海峡を園児たちに見せている?

砂かぶりならぬ、潮かぶりの臨場感で、、、子どもたちの何人かはある日のふるさとの冬の思い出として記憶に残るかもしれませんね。感性豊かな人間に育つかも。

こんな粋なバスの運転手がいる幼稚園、良いですね。(車内ではどんな会話をしていたんだろうと興味がわきます。)

それでは、月並み・杓子定規でない素敵な一日を!

<主:英 / 従:日> #真冬の天気, #埠頭, #幼稚園バス, #荒波, #ゲストハウス, #宿泊, #灯火, #関門, #下関, #門司, #門司港