インバウンド拡大に潜むリスク!/ Yellow Cab in Japan!

Japanese Title (邦題): 「インバウンド拡大に潜むリスク!」末尾に

 

Yellow Cab in Japan!

Good morning to the World and Kanmon!

As our home town is making effort to be better sightseeing spot, I have a little worry about one aspect.

I am afraid about one particular race.

It may disappoint you, but the race is not Chinese.

It is Western People, unexpectedly.

And the risk doesn’t exist on them.
They are just traveling with their own style.
The risk exists on us, Japanese people who are living in this town.

A guest from the Western Country, stayed in TOUKA was a party-like character. So conversation with him about his travel experiences was quite interesting for me but I felt worry about his impressions of Japanese girls in this town.

According to him, girls around here were “sociable, kind, KAWAII(pretty)”. Up to these points, they are OK for me but “Too Sociable, Too Kind” made me feel worry. Many girls were floating on air, when they talked with him speaking a little Japanese.

In these days, even in such a rural town, many tourists from Hong Kong, Taiwan, Korea, China etc. walking for sightseeing. So people are getting accustomed to foreigners who doesn’t look like GAIJIN. However blond, white, Caucasian is still new here, and young girls tend to show their excess hospitality way beyond global standard. It is almost crossing red line.

ycab03

This phenomenon will be seen not only this town, but also other rural/local cities in Japan. So I start raising an alert on this.

Thank you and you have a nice, balanced and safe day.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

インバウンド拡大に潜むリスク!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

郷土が観光地化するにあたって、一つ懸念事項があります。

ある特定の人種に対する不安です。

期待ハズレで申し訳ありませんが、中国人ではありません。

その対象は意外や(?)、欧米人です。

では、その欧米人にリスクがあるのかというと、そうではありません。
彼らは彼らのスタイルで旅行を楽しんでいるだけです。

リスクはこの地に住んでおもてなしする側に潜んでいます。

過日「灯火」に滞在していただいた「欧米人」ゲストさん。
欧米にありがちな、パーティ大好き人種だったようで、彼の会話・旅行談は非常に楽しいものでした。ただ、彼の持っていた当地の若い娘についての印象には、ある種の危機感を感じました。

彼に教えてもらった(?)この地の女の子たちは「社交的で、優しくて、可愛い」というところまではいいのですが、「超社交的で、優しすぎ」というのが気になったのです。どうも彼が片言の日本語で話しかけると舞い上がってしまうようなのです。

最近では、こんな地方都市でも香港・台湾・韓国・中国他からの観光客が増えていて、パッと見でガイジンでないアジア系にはみな結構慣れてきたようです。ところが金髪・コケイジャンのガイジンとなると、まだまだ免疫が足りないようで、若い娘たちは国際水準を遥かに超えるおもてなしをしがちな状況です。その様子はレッドゾーンすれすれ。

おそらく今後ココだけでなく、日本全国の「地方」で似たようなことが起こる可能性があるため、現時点で日本人のひとりとして、娘を育て上げたシングルファーザーとして、灯台下から警鐘を鳴らしておきたいと思います。

それでは、どうぞバランスのとれた、安全で、素敵な「お・も・て・な・し」を!

ycab03

P.S. 特に年頃のお嬢さんをもつ親御さんには、気をつけてほしいです。問題が起こった後で、ガイジンとの異性関係は想定していなかったと嘆いてもアトの祭り。恋愛後進国のこの国の実情は、慣れていないどころか、相手が日本人だとしても、男の良し悪しを見る目をもたない女性が少なくありません。自分が学生だった頃、欧米で揶揄された「イエローキャブ」という表現に、すごくガッカリしたことを思い出します。あれから「日本女性」は変わったのでしょうか? オリンピックを前に、運転慣れしていない黄色いタクシーがこの国の中を走る日が来ないことを望んでやみません。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

日本で一番のゲストハウスをタダで!/ Number One Guesthouse in Japan for Free!

Japanese Title (邦題): 「日本で一番のゲストハウスをタダで!」末尾に

 

Number One Guesthouse in Japan for Free!

Good morning to the World and Kanmon!

The headline article of the day is

“U.S. President visiting to Japan”, “Japan‐United States Summit”.

Geihinkan01

The place where Japanese government welcome him is

“GEIHINKAN AKASAKA RIKYU”

which is “State Guest House, Akasaka Palace” in English.

Yes, Guest House!

It is the biggest and richest Guest House in Japan.
(But the fee to stay there is Free.)

Geihinkan02

Geihinkan03

Geihinkan04

On the contrary, TOUKA is one of the smallest Guest Houses* in Japan.
(*Officially Approved Guest House)

However, we believe that the Heart of OMOTENASHI (Hospitality) is as good as GEIHINKAN.

Thank you and you have a great day at GEIHINKAN in Kanmon.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

日本で一番のゲストハウスをタダで!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

ニュースのトップを飾るのは、

米国大統領の訪日、首脳会談。

Geihinkan01

歓迎の舞台は「迎賓館赤坂離宮」です。

英語で表記すると「State Guest House, Akasaka Palace」

そう、ゲストハウス!

日本で最大、もっとも高価なゲストハウスです。
(けれども、おそらく宿泊費はタダ?)

Geihinkan02

Geihinkan03

Geihinkan04

対して「灯火」は日本で最小のゲストハウス*の一つです。
(*正規に営業許可を取得しているゲストハウスの中で)

けれども、おもてなしの心は「迎賓館」に負けてないつもりです。

それでは、どうぞ関門の「迎賓館」で素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

The おもてなし特区!/ Kanmon the special zones of OMOTENASHI!

Japanese Title (邦題): 「関門 The おもてなし特区!」末尾に

 

Kanmon the special zones of OMOTENASHI*!

(*OMOTENASHI = Japanese which means hospitality)

Good morning to the World and Kanmon!

We will share a little about wonderful episode of Kanmon.

She is a guest from neighbor country.
It was her very first solo trip to abroad.
She stayed here 4 nights and fully enjoyed Kitakyushu & Kanmon area.

Fully enjoyed?
What did she enjoyed very much?

According to her, she was impressed by the warm heart of local people here.

Following is the episode which she has experienced.

One hot and sunny day, she went to Shimonoseki for shopping and sightseeing.
After shopping at 100yen shop near the station, she took rest at a chair in front of the shop. And she saw a young shop clark running out shouting one Japanese word repeatedly.

Not bear that in her mind, she rode on a bus to Chofu where is the destination of the day. When she was in a souvenir shop, she found out that she lost her wallet somewhere. She talked with shop clark about it and one lady (one of clark, local person) suggested her to go back to the 100yen shop she did shopping and she drove her to station.
The guest was very very impressed by the ladies super kindness driving there.

As the result, she could find her precious wallet at 100yen shop.
After coming back this guesthouse, she told the story to me and recognized one thing and asked me.

“Yassan, what you call wallet in Japanese?”

Yes, she remembered the word 100shop clark shouting

“SAIFU, SAIFU, SAIFU*! ( Saifu = Wallet )”

Her episode is not only that.
She got impressed only in Honshu-side, but also in Kyushu-side.

When she was waiting for the train to go back TOUKA, she got strange feeling.
She looked around her place and one lady asked her what’s wrong.
That lady found out that she was on wrong platform and escorted her to the right one.
According to her, people may teach but never escort to the place.

Many guests stayed in TOUKA had experienced some kind of local hospitality here in Kanmon and Kitakyushu. It seems that “OMOTENASHI plus Alpha of this area” is fascinating tourists very much.

A guest staying right now said that LOCAL (not city) people’s heart warming kindness have made him travel here four times. He also said that North kyushu area is the best place among several Asian countries he have ever visited.

TOUKA is getting wonderful comments from guests and good scores from reservation site and those reputation is the result of high level OMEOTENASHI of whole this area, we think.

Before focusing “Minpaku-special area” or “Inbound”, local government and we have to think about the importance of OMOTENASHI, the real sales point. Only exchange money and duty-free items or only giving the room key are forgetting warm HEART of face-to-face and hand-to-hand communication.

suitcase02

We really hope that our guests walk down from TOUKA with their huge suitcase filled up with “warm heart of Kanmon”

suitcase01

Thank you and you have a nice OBON holidays touching a lot of warm hearts.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

関門 The おもてなし特区!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

関門の素敵な話を少しだけ、、、

彼女はお隣の国からのゲストさん。
20歳で最初の海外ひとり旅とのこと。
4泊5日間、当宿を利用されて北九州・関門エリアを満喫されました。

「満喫」、、、
さて、いったい何を満喫されたのでしょう?

、、、関門に住む人の優しさに心底感動したそうです。

ある暑い夏の日、彼女は下関に観光・ショッピングに出かけました。
駅近くの100均でお土産などを買ったあと、お店の前で涼んでいました。
すると店員が一人、なにか叫びながら表に飛び出して行ったそうです。

そのまま気には留めずに彼女はバスに乗り、その日の目的地、長府に到着。
観光しながらお土産屋さんで家族へのお土産を買おうととしたところ、
気付きました。財布がないことに、、、

事情を店員に話していると、それを聞いていた地元の人(店員の一人?)がなんと車を出して100均のある町まで連れて行ってくれたそうです。早いほうがよいだろうとの配慮だったようですが、そのために車に乗せてもらったことにゲストは感動したそうです。

その甲斐あってか、幸運にも、財布は100均にあったそうで、無事彼女の手に戻りました。
宿に戻り、そのエピソードを自分に話しながら、彼女はあることに気付きました。
そして私に質問します。

“Yassan, what you call wallet in Japanese?”

そう、彼女は思い出したのです。100均の店員が走りながら叫んでいた言葉を、

「さいふ! さいふ! さいふ〜!」と

話はそれだけ終わりません。本州側だけでなく、九州側でも彼女は感動しています。

小倉駅で宿に戻る電車を待っていたところ、どうもなんか違う雰囲気になったそうです。

そんな彼女の様子に気づいた女性がひとりいて、優しく話しかけてくれたそうです。
その女性は彼女が違うホームにいることを察知し、正しいホームに連れて行ってくれたそうです。
ゲストのお国では口で教えることはあっても、連れて行ってくれることはないそうです。

「灯火」に滞在されるゲストは、なにかしらそんなあたたかい感動をこの地で味わっているようです。そしてどうもこの土地の 日本水準+アルファな「おもてなし」が観光客の心を掴んで離さないようです。

今いらしゃるゲストさんも、九州の人の優しさに魅せられて、なんと訪問4度目。それも九州ばかりだそうです。これまで旅したアジアのどの国よりも日本が、それも北部九州が好きなんだそうです。

「灯火」はゲストの皆さんから好コメント、予約サイトから高評価をもらっているのですが、そうしたこともこの地域あげての「おもてなし」の賜物だと思います。

「民泊特区」だとか「インバウンド」とかいう前に、我々や行政は真のセールスポイントである「おもてなし」をもっと真剣に考えるべきだと感じます。免税品の代金の受け渡しだけ、部屋の鍵を渡すだけの「ふれあい」のない歓迎では心が置き去りです。

suitcase02

「灯火」の前の坂を降りていくゲストの大きなスーツケースには「関門のまごころ」をいっぱい詰め込んで、それぞれの国へ帰ってもらいたいと願ってやみません。

suitcase01

それでは、どうぞ温かなまごころにたくさん触れる素敵なお盆休みを!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ