明日に架ける橋!/ New Bridge over Fast Flowing Water!

Japanese Title (邦題): 「明日に架ける橋!」末尾に

 

New Bridge over Fast Flowing Water!

Good morning to the World and Kanmon!

I mentioned about “declining town” on the previous article.

There is a big project under consideration which may accelerate declining this town.

shimo-kita01

“Report was made about New Shimonoseki-Kitakyushu Route”(NHK 3/25)shimo-kita03

The view of straits will be completely different from now.

mountain05

There is a worry that new bridge may affect to shrinking population of this town, because our town will be out or the flow line of people. However is it true?

Does convenient traffic make population increase?

Traffic may increase, but on the contrary, people may not prefer to live in the town with too many car and people passing through.

In the first place, can people feel easy in the place with too many people?
(This idea always come up to my mind, whenever I see the many happy business man and OL(office lady) are commuting by super crowded train in Tokyo.)

This question may be quite similar to the question “Is rich people really happy?”

I believe that the most important thing is how we think/act in the place we live.

Thank you and you have a nice day, with recognize/utilize the value of precious things which you already have (ex. geography, water, wind, people and so on).

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

明日に架ける橋!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

先の記事で「衰退する町」について話題にしましたが、、、

実はそんな町をさらに衰退させる計画が現在進行中です。

shimo-kita01

 

「下関北九州道路 検討結果まとまる」(NHK 3/25)

shimo-kita03

きっと海峡の景色も大きく変わってしまうことでしょう。

mountain05

新しい橋が掛かると、わが町が交通の動線から外れることで、人口減少がさらに進むのではと危惧する声もありますが、そこには実は大きな勘違いがあるように感じています。

交通が便利になると人が集まるでしょうか?

通過する人は増え、せわしくなるだけで、反面、そこに住みたいと考える人は減ることもあると思います。

そもそも、人がめちゃめちゃ集まる場所が本当に住みやすいでしょうか?
(すし詰めの満員電車で帰宅する東京の幸せそうなビジネスマン・OLを見るたびに感じます。)

この問い「お金がいっぱいあるからしあわせか」という問いに似ている気もします。

要は、そこに住んでいる人間の考えよう。

それでは、どうぞ今すでに持っている掛け替えのないもの(地形や水や風や景色いろいろあります)の価値に気付き、しっかり活かす素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

コスパ沖縄 〜 誰もが知る人気スポットで混み混み状態なのをSNSする幸せ?/ Cost Performance, OKINAWA?

Japanese Title (邦題): 「コスパ沖縄 〜 誰もが知る人気スポットで混み混み状態なのをSNSする幸せ?」末尾に

 

Cost Performance, OKINAWA?

Good morning to the World and Kanmon!

This is about Style.

Through the period of high growth, bubble boom,
It seems long time has past since last big economic boom.

But this citizens are still brand-happy people,
and we are regularly cheated by a trick called marketing
which has grown under capitalism.
Is it only me who think like this?

Old) Text/Photo SNS at popular expensive spot with full of people.

My sense of value was completely changed.

New) Enjoy/monopolize comfort and happiness at the free place, not many people know, and report it without showing where it is.

okuokuma01

Is the time coming now, that everybody enjoy our own honest feeling of comfort and happiness?

This is a little different from “Cost Performance”.
But quite similar to what TOUKA has.

Thank you and you have a comfortable and happy day.

P.S. In Okinawa, I focus not to go spots in guidebook. but finding by myself or advised in guesthouses. (Pictures are free beach close to expensive beach resort. There is nobody else but facilities are perfect. Of course, not on any guidebook.)

okuokuma02

okuokuma03

okuokuma04

okuokuma05

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

コスパ沖縄 〜 誰もが知ってる人気スポットで混み混み状態なのをSNSする幸せ?

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

スタイルの問題です。

高度成長期から、バブルを経て、
好景気にはずいぶん久しい気がしますが、、、

この国民はまだまだブランド好きのようで、
資本主義のマーケティング戦略に、
まんまとハマっているように見えるのは自分だけでしょうか?

旧)誰もが知る人気スポットで混み混み状態なのをSNSする。

会社をやめた時点で、自分の価値観は逆転しました。

新)誰もが知っているわけでない穴場でひとり占めの快感を満喫し、
コッソリどこかわからないように行ったことだけ報告する。

okuokuma01

そろそろ心地よさ・幸せ感など自分の素直な感覚に自信を持てる時代が来るかな?

これは「コスパ」とも違う気がします。

けれど「灯火」の持ち味とは通じるものがあります。

それでは、心から気持ち良い・幸せな一日を!

P.S. 沖縄では宿で聞いたり、自分で探したり、とにかくガイドブックやメディアに頼らないスポット探しに努めました。
(画像は高級リゾートの有料ビーチ近くにある無料スポット独り占めの図。誰もいないけれど、施設は完備。もちろんガイドブックには載っていません。)

okuokuma02

okuokuma03

okuokuma04

okuokuma05

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ