あぁ無情! 大阪・北海道だけじゃない / Les Misérables! Damages are not only in Osaka and Hokkaido

Japanese Title (邦題): 「あぁ無情! 大阪・北海道だけじゃない」末尾に

 

Les Misérables! Damages are not only in Osaka and Hokkaido

Good morning to the World and Kanmon!

Three day holidays was over.

To tell the truth, last half of these holidays are terrible.
Because we got family group’s cancellation due to the typhoon Kong-Rey approach to Japan/Korea. Various transportation, flight, ferry, Shinkansen and so on, to/from Fukuoka/Yamaguchi were cancelled on Saturday and Sunday. So, they cannot come here.

typhoon11 typhoon12 typhoon13

Group’s cancellation was critical situation for such a small hostel like TOUKA.

Several days ago, I had a chance to talk with people in foreign country who have never been to Japan.

According to her, she try not to to visiting Japan, because “Natural Disaster” is quite scary for her. News of several disasters attacked Japan and foreign visitors in Japan in trouble were broadcasted in several countries. So she don’t want to come to Japan.

Several TV stations in Japan have kept producing program concerning foreign travelers visiting Japan, saying historical volume of travelers visiting Japan. But such statistics are created in past. It may be reported next year that number of visitor to Japan decreased, due to natural disasters.

“FUKKOU Discout (government’s special travel discount)” may be needed more than Osaka and Hokkaido.

Thank you and you have a nice day with national commitment.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

あぁ無情! 大阪・北海道だけじゃない

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

三連休終わってしまいましたね。

実は、、連休後半は悲惨でした。
なぜなら台風25号の影響で各種交通機関が軒並み運休・欠航となり、ファミリーでいらっしゃる予定だったのグループ予約がキャンセルされたからです。

typhoon11 typhoon12 typhoon13

うちのような小さなゲストハウスではグループのキャンセルは痛いです。

先日、まだ日本に来たことのない外国人の方とお話する機会がありました。

聞けば、どうも日本は敬遠しているようです。なぜなら「自然災害」が怖いから。今年に入ってからの各種災害は、その際の外国人観光客サポートへの対応の悪さと併せて、海外でも報道されており、それを見て行く気がしないそうなのです。

現在テレビ等では「過去最高の海外旅行客」と訪日外人関連番組等で盛り上がっていますが、統計は常に過去のもの。もしかしたら、来年あたり「自然災害のため日本旅行を敬遠する旅行者が減ったため、旅行客は減少に転じました」というニュースが国内でも報道されるかもしれませんね。

「ふっこう割」が必要なのは、関西・北海道だけではないかもしれません。

それでは、どうぞ国をあげて素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

親ひとり子ひとりで宿泊、、、もう二度と泊まりません / Father and a little son. We will not stay here again.

Japanese Title (邦題): 「親ひとり子ひとりで宿泊、、、もう二度と泊まりません」末尾に

 

Father and a little son. We will not stay here again.

Good morning to the World and Kanmon!

“I think that we will not stay here again.”
It is not the comment about us TOUKA, but that is the comment we should not get from our guests.

A few months ago, there came a request for stay from a father and his small son in the midnight. We send positive reply, but they cancelled early next morning before I woke up. I have been curious about what kind of accommodation they used finally. I could know occasionally where they did stay.

I also read their comment about the place. It was as the title of this article “If I am asked whether I will stay again or not, I will answer never stay there again”.

As I felt same smell as myself, I bet that he is a single father. I did inform him of myself as a single father too. They, specially his son, must enjoy their trip to Fukuoka. So I felt sorry and regretted about their cancellation.

It is the condition that kids must stay with their guardian but we have a various ideas and tools to entertain kids to have fun staying here.

sled3

sled5

slide01

(Pics are one sample of all. Models are my brother and his son)

In this holidays, we will have a family guests of one mother and her kids.
We will make effort for the kids to have fun and good memories here.

Thank you and you have a nice holiday, with all family members.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

親ひとり子ひとりで宿泊、、、もう二度と泊まりません

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

「多分、もう二度と泊まりません」とのコメント。

もちろん「灯火」についてのものではありませんが、この業界で開業して以来、最も回避しなくてはいけないコメントだと恐れているものです。

先だって、ウチに泊まれるかと深夜に問合せを受けて、前向きな回答をするも、翌朝起きる前に予約申請取り消しをされた父ひとりとちいさな子ひとりのお客様。 結局どんなところに泊まられたのか、とても気になっていたのですが、ふとしたことでそれが分かりました。

その親子が宿泊先に対して残したコメントがタイトルの通り、「もしまた泊まるかと聞かれたら、二度と泊まりませんと答えます。」

問合せの際、同じ匂いがしたので、きっとシングルファーザーだったと思います。自分もそうであったことを伝え、こちらでお泊りいただければ、お子様にも楽しんでもらうつもりだったのですが、、。せっかく親子での旅行をされたのに、、、なんかとても申し訳なく、残念な気持ちになりました。

「灯火」では親同伴が原則ですが、大人だけでなく、キッズにも楽しんでもらえるよう仕掛けを色々考えています。

sled3

sled5

slide01(画像は一例。モデルは弟と甥っ子。)

この連休にも、親一人でお子様とお泊りになるゲストがいらっしゃいます。
是非、ここで寛ぎ、楽しんでいってほしいです。

それでは、どうぞ家族みんなで素敵な休日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ