水戸黄門以来?!/ Since the famous old SAMURAI drama?!

Japanese Title (邦題): 「水戸黄門以来?!」末尾に

 

Since the famous old SAMURAI drama?!

Good morning to the World and Kanmon!

On warm Monday after cold days, I watched TV without any car e. And the scene on the monitor made me surprise.

hiru-oyster01

hiru-oyster02

hiru-oyster03

It was the place I know.
(As my relative lives there, I noticed that.)

The program introduced speciality of this town, large size oyster with shell, TOUKA have recommended these days.

HIRU-BURA by NHK, Japan

But I was so bummed out that they didn’t introduce “raw” oyster, which I think the best. Raw oyster may be TABOO officially.

However I got precious information which I didn’t know.

hiru-oyster04

About 70% of their harvest is consumed at local direct sale stand or BBQ shed. It means that it is hard to taste the oyster outside or this town.

oysterbar01

At the end of program, Oyster Festival in next month was also introduced.

hiru-oyster05

Please try the taste of Kitakyushu at the event.

I remember that I had not seen the name of fisherman’s town on a national network TV since I saw it in an old SAMURAI drama, using it as a village of Japanse pirates.

Thank you and you have a seasonal nice day, specially for this region.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

水戸黄門以来?!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

週明けの月曜日。ぼーっとテレビを見ていると、見たことのある光景が画面に映りました。

hiru-oyster01

hiru-oyster02

hiru-oyster03

我が町がある半島の裏側にある港町です。
(親戚も住んでいるので、見慣れた光景だとすぐ分かりました。)

番組では「灯火」で紹介しているご当地名物、殻付き牡蠣が紹介されていました。

NHK ひるブラ「大粒!濃厚!豊前海一粒かき~福岡・北九州市~」

残念だったのは、やっぱり「生」での食べ方の紹介がなかったこと。公式にはやはりご法度レシピなのでしょうか?
(一番美味しいのになぁ)

ただ、番組の中で初めて聞く貴重な情報も得ることができました。

hiru-oyster04

ここで水揚げされるうちの7割は地元の直売所か、地元のカキ小屋で消費されるとのこと。東京のオイスターバーのメニューでは比較的安価だったのを見たことと、食べ慣れていることからその価値が分かっていなかったのですが、実はここでしか味わえないありがたいものだったのですね。

oysterbar01

番組の最後にはしっかり来月のイベントの紹介もされていました。

hiru-oyster05

ぜひぜひ是非、是非、ココに食べに来てみてくださいね。

そういえば、この場所の名前を全国版のテレビで見たのは、「水戸黄門」以来かもしれません。

それでは、どうぞ地域限定の旬で素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

本当に求められてるもの!/ The things really wanted here!

Japanese Title (邦題): 「本当に求められてるもの!」末尾に

 

The things really wanted here!

Good morning to the World and Kanmon!

After staying one place for a long time, we loose the feeling of what people outside really want here.

At TOUKA, we have keep recommending winter specialty of this area to our guests, but actually not so many guests had experience to enjoy them.

The first reason is the location and access of the shop/restaurant who serve them ,as I already mentioned here.

The other reason is more fundamental and essential issue!

What our guests want is this.

oyster31

and

What we are serving here is this.

kaki03

When we recommend oyster to our guests, the first reaction is “Oyster sounds good! We want to try them”.
And second question they ask us is always “Where can we eat raw oysters here?”

And this is the end of our conversation.

Specially people from western countries, Singapore, Hong Kong and Tokyo expecting “RAW” oyster. And I agree that it is the simplest and best way to eat oyster, “BUZEN HITOTSUBU KAKI”.

I always eat them raw after I got them from oyster farmer, by open and make them slide into my stomach.

oyster01

I do understand the risk of food safety.

If someone will open “BUZEN HITOTSUBU oyster bar” or “restaurant who serve raw local oysters at reasonable price”, TOUKA do recommend to our guests strongly. However it might be hard to make them happen with another difficulty of periodical issue based on oyster season.

We really hope the opening of such shop/restaurant, with strong support from local government who eager to make this town, the city of tourism.

Because both guests flying in this town and HITOTSUBU oysters growing big under them want best recipe to eat/be eaten.

oyster32

Thank you and you have one special day out of fresh, vivid and always-seasonal wonderful life.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

本当に求められてるもの

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

その土地にずっといると、外の人が本当に求めているものがわからなくなります。

当宿でもゲストに勧めている「ご当地名物」。実はなかなかゲストが実際に口にするまで至っていません。

最初の理由はすでに記事にしたとおり、美味しく、安く、そして雰囲気良く食べれるお店のロケーションと、そこへのアクセスの問題。

もう一つはさらに根本的で、本質的な問題!

ゲストが求めているものはこっち。

oyster31

けれども

この土地が提供しているのがこっち。

kaki03

勧めるとゲストの最初の反応は、「牡蠣かあ、いいね。食べたい。」
そして次に続く質問は「お手頃な牡蠣を『生』で出してくれるお店教えて?」

ハイ、会話はココでおしまい。
欧米や、シンガポール・香港、そして首都圏からのゲストが期待する食べ方は「生ガキ」。シンプルかつ人気ナンバーワンの食べ方です。

oyster01

自分が知り合いからおすそ分けしてもらう牡蠣はいつも『生』のまま、殻を開けてペロッと食べるので気にしていませんでしたが、確かに商売となると食品衛生のリスクと裏腹です。

そんなリスクに立ち向かって「豊前一粒オイスターバー」「生かきも提供するカキ小屋」が出現すれば、イチオシでゲストさん達にお勧めしたいのですが、、、先にあげたリスクに、営業期間が限定される難しさが加わり、かなり厳しいそうです。

観光都市として、この土地を盛り上げたい自治体の後押しも得て「『生』豊前一粒かき」の提供・販売、是非とも実現してほしいものです。

なぜなら、この地に飛んでくるゲストも、そのすぐ下で大きく育っている一粒かきたちも一番美味しい方法で食べたい/食べてほしいと思っているから、、、

oyster32

それでは、どうぞ新鮮で活き活きした旬の人生を謳歌する素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

人生 何事も、便利に、美味しく、そして楽しく!/ The Life should be Convenient, Tasty and Happy!

Japanese Title (邦題): 「人生 何事も、便利に、美味しく、そして楽しく!」末尾に

 

The Life should be Convenient, Tasty and Happy!

Good morning to the World and Kanmon!

The Oyster, I posted on the last article.

Its brand name is “BUZEN HITOTSUBU KAKI”.

As its name tells, its farming areas are east coast of our home town.
However, there is no rail road in east coast, the access is not so good.
(Nevertheless, the airport locates in east coast, furthermore it is on the ocean.)

Along the national road in the east coast, there are several “KAKI GOYA(Oyster BBQ Pit)” doing business. As the access is not convenient in east coast, it is very hard to go there specially for the tourists from overseas, who can only use public transportation.
(Someone have to make some improvement, if he want to introduce the oyster to global market.)

In such market condition for the oyster, there will be a nice event (even for the tourists) being prepared in the beginning of Feb.

kaki01

The place of the event is the biggest sightseeing spot in this city.

The price is a kind of reasonable, but it is convenient for us to have casual outdoor party, enjoying seasonal speciality food.

kaki02

kaki08

200 of small BBQ pit will be prepared there. And food supplying tents will surround the BBQ area. One of them will be local beer factory, which is famous among Korean tourists. It may be smart idea to enjoy their expensive beer in this event (with a little cheaper price?).

kaki06

kaki09

(upper pic: Is this really reasonable? Math questionnaire in 2017. )

“Oyster BBQ at waterfront” sounds not bad, doesn’t it?

kaki03

kaki05

If you are planning to visit Kitakyushu and Kanmon area in coming Feb, we strongly recommend you to stay here the first weekend. As this is our hometown and we want you to have good experience in our hometown, TOUKA will give you useful information such as “how was the festival last year”.

Thank you and you have a nice tasteful day, enjoying happy outdoor in cold winder.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

人生 何事も、便利に、美味しく、そして楽しく!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

先の記事で紹介したご当地名物の牡蠣。

ブランド名は「豊前一粒牡蠣」です。

ところがこの名前が示すように、その産地はわが街東側沿岸です。
実は東側には鉄道が走っておらず、多少アクセスが不便です。
(とはいっても空港も東側、さらに海の上ですけど、、、笑)

その東側の国道に沿って「かき小屋」という、牡蠣のバーベキュー小屋が点在しているのですが、公共交通機関しか移動の手段のない外国人観光客には至って不便です。
(だれかがなんとかすべきでしょうね。)

そんな状況下、観光客にもありがたいイベントが開催される予定です。

kaki01

開催場所は市内一の観光地。

価格はまあそこそこリーズナブル程度ですが、このイベントの良さは皆でワイワイやりながらご当地名物を堪能できること。

kaki02

kaki08

観光エリアの真ん中にある広場に焼き台が200台ズラッと並びます。それぞれのグループでワイワイ。BBQエリアを取り囲むように屋台も出ます。韓国からのゲストに人気の「地ビール」も出店するので、気軽にテイスティング出来るのは悪くないと思います。

kaki06

kaki09

(↑あれっ?本当にお得?! 算数の実践問題です。で、今年の価格に注目です。)

kaki03

ウォーターフロントで牡蠣のバーベキュー、、、このフレーズ悪くないでしょ。
(これは言っちゃあいけないことですが、昨年美味しいと思ったのは、、、実は特大サザエでした。)

kaki05

2月に北九州・関門観光をご検討中の方は最初の週末を“強力”にお勧めします。
「灯火」も我が町が自慢する名物を食べてほしいので、昨年どうだったかなどの情報を積極的に提供するつもりです。

それでは、どうぞ真冬だけど美味しくアウトドアを楽しむ粋で素敵な一日を!

*でもね、正直言うとこのイベント、旅行者に全然優しくないんです。チラシは日本語のペラ一枚だし、HP他の情報もない。さらにそのチラシの内容も不親切で、地図や料金情報すらない。

2018kaki00

日本人ですら、どうやったら美味しい牡蠣にありつけるのか分かりにくい。これは海峡花火と同様で(集客が見込めるからか)、わが町のセールスポイントでさらに強化すべき「旅行者に対しての親切さ」に乏しい(客観的には一見さんお断りにしか見えない)イベントなんです。興味あるゲストのみなさんには「灯火」がしっかり情報提供しますので、どうぞ「美味しくて、楽しい思い出」を作ってください。*

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ