怖い国!/ The Country of Fear!

Japanese Title (邦題): 「怖い国!」末尾に

 

The Country of Fear!

Good morning to the World and Kanmon!

Everyday, a lot of news are broadcasted by mass-media.
We can understand each individual news, but we may wonder if it is good or bad, when we connect several news concerning same topic.

Recently one news that local government of Hokkaido is trying to promote recovery of tourism after the earthquake. The catchphrase the governor said was “We are doing well!”?
They will get tourists back to Hokkaido, she said.

“We are doing well”
(NHK Sep.28)

スクリーンショット 2018-10-01 2.52.32

However I remember one news broadcasted just after the earthquake. Tourists from foreign countries could not know where to to, where to escape that time. Even tourist information office was closed in Hokkaido. I imagined how they are worry and how bad their memories of traveling were in Japan.

スクリーンショット 2018-09-07 12.56.52

With such situation, the Nature caused another earthquake just after the announcement of “We are doing well”.

hokkaido-earthquake01

This earthquake may mean “you are NOT doing well.”, “did you decide how you support foreign tourists?”.

Such bad experiences will run through the world immediately by internet nowadays. With the trouble in Kansai, I have heard bad impression of Japan in the case of disaster from our guests. It is true that some foreigners, who have never been to Japan, is thinking Japan as country of natural disasters.

OMOTENASHI (hospitality) is most important in such disaster.

In normal time, local governments and people in tourism industry think and prepare how we will support guests from foreign countries in the case of disaster. I believe such hospitality will save the area in future.

Thank you and you have a nice day helping each other when you are in trouble.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

怖い国!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

毎日垂れ流すようにマスコミが報道するニュース。
一つづつをみるとなるほどと納得しますが、関連するニュースをつなげてみると首をかしげることが少なくありません。

最近、北海道の復興にむけての取り組みが報道されていました。
知事が掲げたキャッチコピーは「元気です北海道」?!
これで離れていった国内外からの観光客を呼び戻すということです。

道も「ふっこう割り」
(NHK 9月28日)

スクリーンショット 2018-10-01 2.52.32

ただ、ここで思い出すのは地震直後に報じらたニュース。
震災後しばらくの間、外国人観光客が逃げ場・行き場が分からず路頭に迷ったという話でした。頼みの案内所も閉まっていたそうです。誘致されてはるばるやってきたのに、災害時に放っておかれて心細かっただろうと想像します。

スクリーンショット 2018-09-07 12.56.52

こんなことだから、知事の復興宣言後にすぐまた大きな余震が起こるのかもしれません。

hokkaido-earthquake01

この地震は「まだ元気じゃないでしょ。災害時の外国人対応は決まったの?」と言わんとしているかのようです。

災害時に放っておかれた、どうしていいか途方に暮れた、というような悪い経験はインターネットを通じて即時に世界を駆け巡ります。
関空でのトラブルも併せて、ゲスト(過去・現在)から聞く評価は決して良いものではありません。そもそも日本に来たことのない外国人のもつ災害大国のイメージは強く、「怖い」と感じている外国人も少なくありません。

有事にこその「おもてなし」。

平時より各自治体・観光関係者は災害時に外国人にどうサポートするか検討・準備しておくべきでしょう。そうした取り組みや対応こそが、いつか将来「災い転じて福となす」結果を生むのだと信じます。

それでは、どうぞ困ったときにこそ助け合って素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

教訓:誰しも被災するリスクがある!/ Lesson: Any one can meet with a Disaster!

Japanese Title (邦題): 「教訓:誰しも被災するリスクがある!」末尾に

 

Lesson: Any one can meet with a Disaster!

Good morning to the World and Kanmon!

One guest, who checked out this week, he came from the last stop, Hiroshima.

According to him, he arrived at Hiroshima airport on the severe rain day. He could meet with the host at the station and be picked up. However heavy rain cause falling rocks on the way to the hostel and they couldn’t arrive there. They had to stay one night in the car.

After that day, he could not get any public transportations and have to stay Hiroshima more than his original plan. He couldn’t visit sightseeing spot in Yamaguchi.

Anyway, both of us were happy with meeting at TOUKA without any serious injury
or damage. He seemed well but he might be very tired, because he kept sleeping at TOUKA till almost noon. In the super fine weather, he checked out with smiling for the next stop, UNZEN, Nagasaki.

ray11

We learned from his experience, that not only residents but also tourists have possibility to meet with serious disaster.

So I recognized that I should take care and prepare for various type of disaster at both time, when I will travel and welcome guests.

Thank you and you have a nice day paying attention to be safe.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

教訓:誰しも被災するリスクがある!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

今週チェックアウトしたゲストさん、彼は前泊地 広島からやって来ました。

大雨の日に広島空港に到着し、宿の人に駅でピックアップしてもらったまでは良かったもの、落石等で山間部にある宿には辿り着けず、宿の車で車中泊することになったそうです。

その後も交通機関がシャットダウンしたことで旅程は大幅に狂い、予定していた山口の観光地にも寄れず、広島から関門へ直行したそうです。

何はともあれ、無事だったことが幸いだと喜びました。想定外の災害に遭遇して疲れ切ったのか、「灯火」ではお昼近くまでぐっすりとお休みになられて、晴天の中、笑顔で次の目的地、雲仙へと出発して行きました。

ray11

いったん災害が発生すると、住民だけでなく旅行者も同様に被災することを彼から学びました。

自分自身が旅行する際も、ホストとして旅行者を迎え入れる際も、災害に対するリスクを認識して準備・心構えしなくてはと気付かされました。

それでは、常に身の安全を確保して素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ