とてもとても美しくて、悲しい夕陽 / Very very beautiful and sad sunset

Japanese Title (邦題): 「とてもとても美しくて、悲しい夕陽」末尾に

 

Very very beautiful and sad sunset

Good morning to the World and Kanmon!

I am sorry for previous post without English translation or explanation.

One of my old friend was died in train accident.
We went to same junior high and high school, furthermore we went same cram school for English after junior high. So, our style of speaking English is pretty same.

To be accurate about train accident, he tried to save an old man, who try suicide hit by train in a railroad crossing near Haneda airport. Unfortunately both of them were hit by a train and died. My friend was not acquainted with the old man.

The accident was happened on Saturday morning. I saw the TV news with his name Tuesday morning.

He is a really nice and kind man.
I can imagine what kind voice he made from the crossing gate.
I can imagine how he acted to save an unknown man.

I don’t think that he want to be a hero.
He just want to save a man.
He cannot help saving a man.

Though he has happy family, he did it for unknown man.

He is such a man.

Now I know heavy rain on Monday in this town, which is his home town, was the tear of his home land.

I watched sunset on Tuesday. That was beautiful and sad sunset.

sadsunset

Thank you and you have a beautiful sunset, no matter with happy or sad feeling.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

とてもとても美しくて、悲しい夕陽

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

先の記事、英訳も説明も付けずに失礼しました。

実は先日鉄道事故で旧友がひとり亡くなりました。
彼は中高時代からの友人で、中学の時には一緒の英語塾にも通っていました。
そこで基礎を叩き込まれたので、おそらく今でも英語のスタイルは彼も自分も同じだろうと思います。

その鉄道事故をキチンと説明すると、、、
彼は高齢者の男性が自殺しようと踏切の中に入ったの助けようとして、列車にはねられて二人共亡くなりました。羽田空港からほど近い川崎の踏切でした。友人とその男性との面識はなかったようです。

その事故は土曜日の朝起きていて、全国版のニュースで報道され、火曜朝のニュースでその優しい会社員が自分の友人だったことを知りました。

とても優しくていいヤツでした。
その性格から、、、
彼がどんな声をあげて老人を引き戻そうとしたのか想像できるし、
彼がどんな風に踏切内の見ず知らず男に近づき、助けようとしたのかも想像できます。

彼はけっしてヒーローになりたかったわけではないと思います。
彼はただ単純にその男性を助けたかったのだと思います。
助けずにはいられなかったのだと思います。

彼には大切な家族がいるにも関わらず、死をも顧みず、見ず知らずの男を助けようとしたのです。

そう、彼はそんな奴です。

今 分かりました、月曜日中この町、つまり彼の生まれ故郷で激しく降った雨は、彼のふるさとが流した涙なんだと。

そして昨日、火曜日の夕陽はそれはそれはきれいで悲しい夕陽でした。

sadsunset

それでは、うれしくも、悲しくも、穏やかでやさしく沈む夕陽を見れますよう!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より

( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

水の中のファンタジー・ライツ / Fantasy Lights see-through Water

Japanese Title (邦題): 「水の中のファンタジー・ライツ」末尾に

 

Fantasy Lights see-through Water

Good morning to the World and Kanmon!

illusoryrain01

Monday, it rained whole day in Kanmon.

illusoryrain02

illusoryrain03

Rain was so hard that visibility became almost zero.
Even Ganryu-jima island cannot be seen.

illusoryrain04

Steep road in front of TOUKA was like stream and small water falls.

Even in heavy rain, soiree was held on schedule.

The Fantasy Lights glided through the strait.
Lights see-through rain looked like an illusion.

illusoryrain05

illusoryrain06

Don’t you come to see the show?

Next show is scheduled on Apr. 24th before dawn 2:35.
Thank you and you have a nice Tuesday which is not an illusion.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

水の中のファンタジー・ライツ

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

illusoryrain01

月曜の関門は終日雨。

illusoryrain02

illusoryrain03

あまりに激しく降るので、視界はほぼゼロ。
いつもは近くにみえる巌流島も見えなくなるほどです。

illusoryrain04

「灯火」の前の坂はまるで急流の小滝のようになりました。

そんな雨天でもソワレは予定通り開演されました。

海峡を滑るように流れていくファンタジー・ライツ。
雨越しに見る光はさらに幻想的です。

illusoryrain05

illusoryrain06

この光のイリュージョン、一度ご覧になってみませんか?
「灯火」のゲストであれば無料でご観覧いただけます。

次回の公演は4月24日未明の2:35を予定しています。

それでは、どうぞ幻想ではない素敵な火曜日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

北九州 ザ・サムライ・シティ / Kitakyushu the Samurai City

Japanese Title (邦題): 「北九州 ザ・サムライ・シティ」末尾に

 

Kitakyushu the Samurai City

Good morning to the World and Kanmon!

On a sunny Sunday,

I went there after sending guest off, cleaning and washing.

mkmatsuri01

The park locates on a hill above the tunnel which divides this town and neighbor town. Kanmon-kyo Bridge and the hill TOUKA locates can be seen from the park.

mkmatsuri02

The event held in the park was “Musashi Kojiro Matsuri (Festival)” which praise two famous Samurai who fought on a small island in this straits.

It is not flashy, no so famous and local colored festival but TOUKA want to recommend this event. It is because it has a quite long history and this year was 67th event, and we can feel strong support from this area.

This year 2017, all programs went under the blue sky.

Each program does not need explanation. Anyone can understand impact and beauty of Japanese culture they has.

mkmatsuri03

mkmatsuri04

mkmatsuri05

mkmatsuri06

In the festival, not only BUDOU but also SADOU NODATE ( = open air tea ceremony) was demonstrated. So I want to recommend this to the tourists from foreign countries.

mkmatsuri07

Before KENDO tournament, all students bowed to the both stone monuments of Musashi and Kojiro. I believe that it is very interesting experience to feel such Japanese politeness in Samurai. This is a good chance to know heart of Japanese BUDOU.

mkmatsuri08

mkmatsuri09
To this “Musashi Kojiro Matsuri” from TOUKA, it takes about 20min by using direct bus. Also their fighting field, “Ganryu-jima Island” can be seen clearly from guest room of TOUKA.

musashikojiro01

Thank you and you have a nice week, with Samurai Spirit in your heart

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

北九州 ザ・サムライ・シティ

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

晴天の日曜日。

チェックアウトのゲストを送り出し、掃除・洗濯を終えて、行ってきました。

mkmatsuri01

その公園はとなり町との区境にあるトンネルの上、関門海峡を見下ろす小山の頂上にあり、遠く関門橋や「灯火」のある丘の斜面も望むことができます。

mkmatsuri02

その公園で開催されたのは、かつてこの海峡に浮かぶ小島で、世紀の対決をくりひろげたサムライ宮本武蔵とサムライ佐々木小次郎とを称え、鎮魂を祈る「武蔵・小次郎まつり」

派手さはなく、知名度もそこそこ、地域志向の強い渋いイベントですが、「灯火」のオススメするお祭りです。なにより67回も続いていることに地域の支援、根強い人気を感じずにはいられません。

2017年は天気にも恵まれ、青空の下、奉納演武や剣舞、地区の小中学生剣道大会などが開催されました。

mkmatsuri03

mkmatsuri04

mkmatsuri05

mkmatsuri06

まつりの内容は解説するまでもなく、見ているだけで武道の迫力・美しさを感じることができます。武道だけでなく、茶道 野点(のだて)も行われ、海外からの旅行者にもイチオシです。

mkmatsuri07

剣道大会に先駆けて、全参加者が武蔵・小次郎の両記念碑に向かって一礼するなど、日本の侍文化の伝承を感じることも出来る良いイベントだと思います。

mkmatsuri08

mkmatsuri09

尚、「武蔵・小次郎まつり」へは、ここ「灯火」よりバスで一本、20分程で行くことができます。 さらに武蔵・小次郎 実際の決戦の部隊「巌流島(旧称 舟島)」は「灯火」ゲストルームから見下ろす事が出来ます。

musashikojiro01

それでは、心にサムライ・武士の心を抱き、どうぞ素敵な一週間を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ