真の“恵方”を向いて! / Toward Happy Direction!

Japanese Title (邦題): 「真の“恵方”を向いて!」末尾に

 

Toward Happy Direction!

Good morning to the World and Kanmon!

Friday before last weekend was called “SETSUBUN”, which is Japanese calendar date, and Setsubun Events was held in many families and groups, all over Japan.

ehou02

Most famous event was “MAMEMAKI ( = Throwing Beans), but recently “EHOUMAKI ( = Happy Direction Roll) has become popular in Japan. This Setsubun, I was in my home town for the first time in 30years. My mother brought her handmade EHOUMAKI SUSHI to TOUKA. I was surprised that EHOMAKI habit came even in my parent’s house.

ehou01

EHOUMAKI habit is that people eat EHOUMAKI ( = Happy direction sushi roll) on Setsubun day. I have a lot of doubt about this habit. Because happiness is different from each other but praying for happiness toward only one direction is nonsense. This kind of habit is very suitable to Japanese who is happy with majority of people (taking one favor/flavor, cannot take long vacation differently from others, and so on). But it doesn’t fit to the trend of now and future “Diversity”.

Then, which direction is EHOU ( = happy direction) of mine?
Do you know which direction is yours?

I have been wondering for few decade, but I found it clearly.

“ 33°55’02.9″N 130°56’32.3”E ”

I don’t say many people have same direction but,
some guests have same direction.
(*Ships from Asian counties veer to this direction certain time of voyage.)

ehou03

Don’t you find your own happy direction, not the direction someone told you.

Thank you and you have a happy day, you start walking toward your true EHOU.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

真の“恵方”を向いて!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

この週末に先駆ける金曜日、日本では「節分」という季節の節目が訪れて、全国各地・各家庭で節分のイベントが開催されました。

ehou02

イベントとして最も一般的なのは「豆まき」ですが、ここ十数年でポピュラーになった習慣としては「恵方巻き」があげられると思います。
今回およそ30年振りに故郷で「節分」を迎えたのですが、近いとはいえ「灯火」まで、母が手作りの巻き寿司を持ってきてくれたのでビックリしました。
自分の実家にまでも「恵方巻き」文化が浸透していたなんて、、、

ehou01

この「恵方巻き」、節分にその年の「恵方」を向いて食べると幸せになれるという風習ですが、自分には疑問がいっぱいです。なぜなら幸せは人それぞれなのに、その向きが一方向だけというのは極めて矛盾しているからです。長いものには巻かれたい日本人にはいかにもウケそうな習慣で、「多様性」を重視するこれからの風潮とは相反しています。

それでは、自分自身の「恵方」はいったいどちらの方向でしょうか?
ご自身の恵方をご存知ですか?

自分の場合、何十年もその方向を悩んできましたが、、、、
今では、ハッキリ分かります。それは、、、

北緯33°55’02.9″ 東経130°56’32.3”

皆、同じとはいいませんが、ゲストの何人かも同じだったようです。
(*アジアの大陸からやってくる船も一時的にココを目指します。)

ehou03

寿司食う方向、人に言われた方角でなく「自分自身の本当の恵方」見つけてみませんか?

それでは、どうぞ真の恵方に向かって一歩を踏み出す記念すべき一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

お手伝いしたいなぁ! / I might be able to support!

Japanese Title (邦題): 「お手伝いしたいなぁ!」末尾に

 

I might be able to support!

Good morning to the World and Kanmon!

Last topic:
“No.1 city to move in for the people over 50 years old”

I have been looking for support I can provide for the people who are interesting to move into this town.

Yes, I can.

TOUKA is very convenient for the person who look for job in Kitakyushu.

First of all, this is 5min walk from TOUKA.

hellowork02

Yes, HELLOWORK (Government’s Employment Service Center).

hellowork01

Next, branches of two major outplacement companies (Pa__na Career and Re_ruit Career) are also convenient from TOUKA.
They both locate near Kokura station, which is the second stop from Komorie.

And of course, TOUKA has good and relax atmosphere to think about life and future.

How about considering yourself seriously?

Thank you and you have a nice second life.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

お手伝いしたいなぁ!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

前記事の話題「50歳から住みたい地方ランキング、全国1位」

正直 とっても良い称号だと思うので、自分なりになにか貢献できないか考えてみました。

で、近所を散歩してて見つけました。これだぁっ!

hellowork02

そうハローワークです。

hellowork01

「灯火」から徒歩わずか5分。便利でしょ。

他にも、再就職支援大手のリ◯ルート・キャリアも、パ◯ナ・キャリアも小倉駅のすぐ近く。
その小倉駅には小森江駅からたった二駅。灯火から小森江駅まで歩いて6分ほど。

そして、もちろん「灯火」自体も静かで リラックス出来る雰囲気のなか、人生や将来のことを考えるのに最適の環境です。
それでは、どうぞ(本来あるべき姿の)素敵なセカンドライフを!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

住みたい町、移住したい町! / Best town to Live, Best town to Move-in!

Japanese Title (邦題): 「住みたい町、移住したい町!」末尾に

 

Best town to Live, Best town to Move-in!

Good morning to the World and Kanmon!

This weekend, a mayor of the big city in this prefecture was proud of his city’s “Easy to Live” aspect in a TV program.

The city is remarkable about growth of population, specially that of young generations. Because the country, Japan, is now struggling with reducing its population in general.

On the contrary, another big city in this prefecture, our city of Kitakyushu, cannot prevent its population from reducing everyday.

However, there is No.1 in Kitakyushu too.

“No.1 city to move in for the people over 50 years old”

IMG_3984

I remember a news I saw last summer!

Wow, what a nice title!

One is for young generation, the other is for over 50.
I don’t think young people want to stay in the later.

Yes, I am the one of people who move (back) to Kitakyushu.

This phenomenon can be a temporary measure but…
we will become senior citizens soon.

Thank you and you have a nice the rest of life in the riviera of old people.
(This area may really become “the place closest to Heaven”.)

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

住みたい町、移住したい町!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

この週末、民放のTV番組にこちらの県の とある政令指定都市の市長サンが出演して、彼の町の住みやすさを自慢していました。

たしかに人口減少の我が国にあって、異例とも言える人口増加を遂げていて、特に若者層の転入が著しい状況には目を見張るものがあります。

対して、同じ県にあるもう一つの政令指定都市、我らがCity of Kitakyushu、人口減少にブレーキがかかりません。

でもね、、、自慢できるナンバーワンもあるんです。

IMG_3984

「50歳から住みたい地方ランキング 全国1位」
らしいです、、、ここ北九州市!!

昨年の夏頃、ニュースで見たことを思い出しました。

それにしても、片や若者、片や50歳以上。
これでは若者からは敬遠されるかもしれませんね。

かくいう自分自身も、全国一位は知りませんでしたが、
東京から、ここ郷土 北九州にUターンしてきた一人だったりします。

一時的に人口減少の対策になるとしても、すぐに高齢者比率UPですね。

それでは、どうぞ15年後は高齢者のリビエラで素敵な余生を!
( 冗談抜きで「天国に一番近い場所」になっちゃうかも、、ですよ。)

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ