けっしてカジノではないっ!/ The Happiest Moment!

Japanese Title (邦題): 「けっしてカジノではないっ!」末尾に

 

The Happiest Moment!

Good morning to the World and Kanmon!

As our guests who check out yesterday left perfect wonderful smile, we want to share that with you.

The guests are two Korean guys.
They looked around Kokura, Mojiko, and Hakata and Holiday Monday, yesterday, was the last day of their 3-day-trip.

But they seemed nervous yesterday morning.
They came down to this reception, saying “we want your advice”.

According to them, they found out that one guy lost his wallet in Saturday midnight.
After check-out, they were planning to board on the flight 14:00.
There was not only cash, but also license and many credit cards in his lost wallet.

First of all, I made them to take it easy and hear the situation how he lost his wallet. I explained them that most possible place to get wallet returned is police and we went together to the Police Department Office in Moji quickly.

When we arrived at Police Department and started to explain “They are guests from Korea and yesterday night they lost …”, police officers said “That must be …”.

Yes, his lost wallet was already delivered to the police department!

wallet01

Guest’s face with full of worries changed to happy smily face immediately.

wallet02

They both kept saying each other “This is the Happiest Moment of this trip” and “Kitakyushu is the most wonderful place to visit.”

 

I have felt since I started this business.

What has kept fascinating foreign tourist heart in Japan is honest, faithful and heart-warming character of local people, as well as traditional sightseeing spots. When they really felt it through real experience, they got highest impression of Japan.
(In their case, it was more impressive than any Japanese grommet foods.)

Such precious experiences have been spread to the world through human relations with the power of internet/SNS. That information distributed to many people who have never been to Japan, stimulated their curiosity and made them to visit this country.

Sales point that any other country cannot imitate Japan is such “special commonsense and conscience of Japanese”. It never be the Casino which current government want to imitate from other countries.
(Casino is the system which makes more unhappy people than happy people. Why they want to establish new Casino law in Japan may be that his wife or their friends want to start Casino business in SAR.)

Thank you and you have a wonderful day, which resonates to your heart not to your money.

P.S. The guy who return his wallet in the picture was the policeman, who is in charge to instruct safety to us and the one of the big supporter of TOUKA.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

けっしてカジノではないっ!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

昨日チェックアウトされたゲストさんが、最高の笑顔を残していってくれたので、おすそ分けしたいと思います。

そのゲストはイケメン韓流男子 二人組。
小倉、門司港、博多と結構グルメな旅行をされたようで、昨日祝日の月曜日チェックアウトの朝を迎えられました。

ところが朝からそわそわした様子。
「相談があるんだけど」と受付にやって来ました。

聞けば、昨晩遅くに財布を落としたということに朝になって気付いたとのこと。
チェックアウト後、帰国のフライトは同日14:00。
財布の中には、現金だけでなく、免許やクレジットカードまで入っていたそうです。

まあ、落ち着いてとなだめてから、落とした状況を聞き、一番見つかる可能性が高いのが、門司警察署にいくことだろうと判断して、説明。すぐに二人と警察署に向かいました。

署内受付に「韓国人のゲストが昨日の深夜、、、」と話し始めたら、即「もしかしたら」との反応。

そう、財布は深夜のうちに警察に届けられていたのです!

wallet01

心配でたまらなかった彼らの表情は、みるみるうちに最高の笑顔に。

wallet02

口々に「今回の旅行で最高の瞬間だ!」「北九州は最高の旅行先!」と何度も言い合っていました。

 

さて、この仕事をしていて常々感じてます。

外国人観光客の心を捉えてやまないのは、伝統的な観光地のみならず、にっぽんの地方に住む人の律儀で誠実でまごころ溢れる国民性であり、実体験を通じてそれを垣間見た時に最高の感動を得ているということです。(彼らの場合、どんな日本グルメよりも感動したようです。)

こうした最高の体験は日々口コミ・ネットで拡散し、日本のイメージを高め、まだ日本に来たことのない人達の興味をそそり、結果としてさらなる観光客の来日につながっているようです。

他国には真似のできない集客の鍵は、そうした良質の「ニッポンの常識・良心」であって、けっして政府与党が強行採決しようとしている「ひと真似のカジノ」ではないということです。
(カジノは良い思いをする人以上に、後悔する人の割合が確実に多いシステム。もしかしたらご婦人かご友人が特区でカジノホテルを開業したがっている、ご子息をカジノで採用してもらいたいのかもしれませんね。)

それでは、どうぞ金銭ではなく、ココロに響く素敵な一日を!

P.S. ちなみに、なくした財布を手渡している警察官。たまたまですが、当宿「灯火」の安全・警備指導担当をしていただいているイケメン警察官です。

*本来、当宿はそれが本来の目的ではないことからゲスト画像は掲載しないのですが、旅行者と日本人にとって良いエピソードであることから、ゲストの承諾を得て掲載しました。

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

教訓:誰しも被災するリスクがある!/ Lesson: Any one can meet with a Disaster!

Japanese Title (邦題): 「教訓:誰しも被災するリスクがある!」末尾に

 

Lesson: Any one can meet with a Disaster!

Good morning to the World and Kanmon!

One guest, who checked out this week, he came from the last stop, Hiroshima.

According to him, he arrived at Hiroshima airport on the severe rain day. He could meet with the host at the station and be picked up. However heavy rain cause falling rocks on the way to the hostel and they couldn’t arrive there. They had to stay one night in the car.

After that day, he could not get any public transportations and have to stay Hiroshima more than his original plan. He couldn’t visit sightseeing spot in Yamaguchi.

Anyway, both of us were happy with meeting at TOUKA without any serious injury
or damage. He seemed well but he might be very tired, because he kept sleeping at TOUKA till almost noon. In the super fine weather, he checked out with smiling for the next stop, UNZEN, Nagasaki.

ray11

We learned from his experience, that not only residents but also tourists have possibility to meet with serious disaster.

So I recognized that I should take care and prepare for various type of disaster at both time, when I will travel and welcome guests.

Thank you and you have a nice day paying attention to be safe.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

教訓:誰しも被災するリスクがある!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

今週チェックアウトしたゲストさん、彼は前泊地 広島からやって来ました。

大雨の日に広島空港に到着し、宿の人に駅でピックアップしてもらったまでは良かったもの、落石等で山間部にある宿には辿り着けず、宿の車で車中泊することになったそうです。

その後も交通機関がシャットダウンしたことで旅程は大幅に狂い、予定していた山口の観光地にも寄れず、広島から関門へ直行したそうです。

何はともあれ、無事だったことが幸いだと喜びました。想定外の災害に遭遇して疲れ切ったのか、「灯火」ではお昼近くまでぐっすりとお休みになられて、晴天の中、笑顔で次の目的地、雲仙へと出発して行きました。

ray11

いったん災害が発生すると、住民だけでなく旅行者も同様に被災することを彼から学びました。

自分自身が旅行する際も、ホストとして旅行者を迎え入れる際も、災害に対するリスクを認識して準備・心構えしなくてはと気付かされました。

それでは、常に身の安全を確保して素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

旅する新しい動機(わけ)!/ The New Reason to Travel!

Japanese Title (邦題): 「旅する新しい動機(わけ)!」末尾に

 

The New Reason to Travel!

Good morning to the World and Kanmon!

This is Yassan, a traveling guesthouse owner.

I just finished a trip, and I am looking back happy memories.

I’ve really loved traveling, but the reason to travel have changed since I started TOUKA.

It is good to look around sightseeing spot and eat local gourmet, but I am now enjoying more to meet with guests again who stayed in TOUKA and become good friends with us.

toyamasushi02

toyamasushi01
(Local material/fish sushi taste good, but better with wonderful guest.)

toyamasushi03

It is quite different from group tour, solo trip, or travel with somebody.

Thank you and you have your only one wonderful journey.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

旅する新しい動機(わけ)!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

旅する宿主、やっさんです。

旅をひとつ終えて、楽しかった思い出を振り返っています。

元々、旅をするのが大好きでしたが、
「灯火」を始めてからは、旅する理由が変わりました。

観光地やグルメも良いのですが、今楽しいのは「灯火」を利用してくれて仲良くなったゲストと再会すること。

toyamasushi02

toyamasushi01
(ブリや、ホタルイカだけでも旨いですが、ゲストと再会して一緒に食べるとまた格別です。)

toyamasushi03

ツアーとも、一人旅とも、誰かと一緒にいく旅とも、また違う趣きです。

それでは、どうぞオンリーワンの素敵な旅を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ