ゲストハウス一番の悩み / Biggest headache of this guesthouse

Japanese Title (邦題): 「ゲストハウス一番の悩み」末尾に

 

Biggest headache of this guesthouse

Good morning to the World and Kanmon!

Guesthouse TOUKA is one of the smallest guesthouses in Japan but we have a problem.

It is volume of “Plastic garbage”.

Travelers tend to make more garbage during their trip, after guests stay, specially after group guests, they left big garbage. As the result. it gets hard for us to take out the trashes on garbage collection day. So we have tried one idea since 2 years ago.

It is the idea that we keep our staffs’ plastic garbage clean and neat and see what our guests do with seeing it.

Exif_JPEG_PICTURE

It means we rinse and dry plastic garbage like photo, and pile and compress them by size and put in trash box neatly.

plasticgbg02

Some guests who noticed the condition have usually asked us the right way to trust their garbage and we ask them just rinse their garbage.

There are a few guests who don’t mind it and trash them all with leftovers. But it is ok, cleaning guests’ garbage is our job. We take care of them and make them neat before taking out. As we think spontaneous notice and action are important, we never force them to do it.

Because I came back from Tama area in Tokyo, famous for strict rule to separate trash, I have no problem to do so. And I know that we can make our garbage compact and no need to worry about the smell. (Our plastic garbage may be the most compact and heaviest in this area. smile)

Coincidentally, I saw one TV program yesterday which is about plastic garbage as ecological problem.

“How should we accomplish recycling plastic garbage” NHK

Exif_JPEG_PICTURE

Plastic garbage seems to be not only our problem but also nationwide problem now.

Exif_JPEG_PICTURE

We want to have more strict separating rule considering high efficient recycling. Specially we want our government to set regulation about shape and size of plastic trays for easy piling and compressing. In the TV program, caster mentioned that we should have more capability to recycling. But we believe that our consciousness of creating minimum garbage is much more important.

Thank you and you have a nice day, being more eco-friendly.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

ゲストハウス一番の悩み

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

当宿「灯火」は日本でも最小クラスのゲストハウスですが、ちょっとした悩みがあります。

それは「プラスチックごみ」の量。

旅する人はどうしてもゴミが増えてしまうようで、グループの滞在後には大量のゴミが残ります。
結果、ゴミ収集日には大仕事になってしまうので、二年前からあるトライアルをしてきました。

それは、まずスタッフの出すゴミをキレイにして、それを見たゲストがどう対応するかをみてみようという試みです。

Exif_JPEG_PICTURE

つまり画像のようにすすいで乾かしたプラゴミを、出来るだけきれいに重ねてカサを減らし、ブラゴミ箱に入れておくという取り組みです。

plasticgbg02

これに気付くゲストさんは、どう処理すればよいかを尋ねてくれるので、水ですすぐことだけお願いして協力してもらってきました。

なかには無造作に残飯もそのままに捨ててしまう方もいましたが、それはそれ、宿屋の仕事としてキレイに分別してゴミ出します。気付きが大事なので、決して強要はしません。

宿主はもともとゴミ分別の厳しい東京多摩地区に住んでいたので、分別は苦ではないし、キレイに揃えることでカサも減り、ごみ捨てが楽になります。匂いも気にすることがなくなります。(その結果、おそらく地区で一番詰まっていて重いプラごみかも。笑)

こんな取り組みをしていたら、テレビでプラスチックごみが問題になっていると特集していました。

クローズアップ現代+「プラごみリサイクルどう実現?」NHK

Exif_JPEG_PICTURE

ちいさなゲストハウスの問題だと思っていたら、日本全体の問題でもあるみたいです。

Exif_JPEG_PICTURE

当宿としては、もう少し再生を意識して、分別を細かくしてもらえるとうれしいぐらいです。プラスチック容器の規格化してもらえると重ねやすくて有り難いです。番組では再生処理能力の向上が必要と言っていましたが、もっと重要なのは「ゴミを出す側の意識」なのではないでしょうか。

それでは、環境にも優しい素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

この国に見切りをつけた話 / The reason she abandoned to be in Japan

Japanese Title (邦題): 「この国に見切りをつけた話」末尾に

 

The reason she abandoned to be in Japan

Good morning to the World and Kanmon!

After we mentioned about the trouble in Tokyo Olympic organizing committee, one of our guests who have kept contacting us taught us about intolerance in Japan to diversity.

Exif_JPEG_PICTURE

She used to be an exchange student but left Japan several month after staying this guesthouse. Now she is studying in U.K.

According to her, what she experienced in Japan was the feeling that it is extremely hard for her as female asian to works in Japan successfully. And that made her feel stuffy. As the result, she convinced no her future in Japan and decided to left this country.

Most of Japanese people rarely face/understand such negative aspect of Japanese society and there is no statistical report about foreigners who abandoned Japan. So we have never felt guilty for them, however what we are loosing is incalculable. This can be one of the cause why Japan will loose is global position in several years.

Like the comment of female discrimination came not only from the chairman’s special character, this is not systematic problem of the schools which have invite a lot of exchange student from foreign countries. This is the problem of our society. We may have higher “invisible wall only by Japanese” than the wall Donald Trump want to build along the border.

We kept saying WELCOME, but we may be creating many Japanophobes in Japan by ourselves.

Now is the time for us to upgrade ourselves to the level with high equality and dignity from the lower lever where we call foreigners YOU and laugh at them who are in this country.

Thank you and you have a nice day with real diversity and equality, not that of lip service.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

この国に見切りをつけた話

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

東京オリンピック組織委員会の問題から、社会として日本が多様性に非寛容だという話題について、利用後1年以上経った今でも時折連絡をくれるゲストさんが教えてくれました。

Exif_JPEG_PICTURE

彼女は当宿に滞在した後しばらくして、日本での留学を切り上げて、今はイギリスで勉強中。

彼女が日本で体感したのは「アジア系の女性として日本で活躍するのは難しい」という現実で、息苦しさを感じたようです。そして日本では自身の将来性はないと確信し、この国を離れる決心をしたと打ち明けてくれました。

こうした日本にある「ネガティブな側面」に日本人はなかなか気付きません。この国を見切った外国人の数も統計に現れることはないので、今々私たちに痛みはありませんが、失うものは計り知れません。きっと数年後に日本が世界に取り残される原因の一つになるでしょう。

女性軽視の発言が組織委員会会長だけのせいでないのと同様、これは外国人留学生を誘致する大学の受け入れ姿勢の問題ではありません。社会全体の問題です。トランプが築こうとした壁よりも高い「日本人にだけ目に見えない壁」がすぐそばに存在することを我々は気付かなくてはいけません。

たくさん来てくださいと世界中の若者を呼んでおきながら、結局私たちが「日本嫌い」な外国人を大勢生産しているのかもしれません。

そろそろ日本に旅行に来た外国人を「YOU」と呼び指差し笑いする低次元から、公平性と品格のある共存共栄にレベルアップするタイミングではないかと痛感します。

それでは、口先だけの多様性ではない真の多様性と公平性が保証される素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

もしかしてコスパ最悪?!/ Cost performance of Japan may be the worst!?

Japanese Title (邦題): 「もしかしてコスパ最悪?!」末尾に

 

Cost performance of Japan may be the worst!?

Good morning to the World and Kanmon!

We got one e-mail from one of our guests who stayed here 3 years ago. She wondered how we are doing in Japan with COVID-19 pandemic. It is our great pleasure to receive such message from a young guest in other country.

I also wonder how is she doing. So I send reply message and investigate how her country is fighting against the virus. After that, I got shocked and felt big worry about my country and its future.

It is because:

1. After second emergency declaration in Japan, we have felt easy with news that have told us that situation is getting better. However, there haven’t been any special improvement in Japan, but similar trend can be seen globally.

スクリーンショット 2021-02-09 0.37.33
Graph1: Number of Infection in Japan

スクリーンショット 2021-02-09 0.32.28Graph2: Number of Infection in the world
(Source:  “COVID-19 Dashboard by CSSE at Johns Hopkins University” )

2. Japanese government keep telling us that we have better infection situation than western countries, however comparing with other east asian countries. infection measure and effect are not honorable ones. It may be the worst among the countries of the yellow race.

3. Mass medias (incl. NHK) in Japan doesn’t show us easy comparisons between global and Japan about COVID-19 infection. And I personally have a feeling of distrust about it,

As the result, I found that there is nothing better in measure and effect which Japanese and our government are carrying out. They may be the most inefficient in the world. To say in recent familiar words, cost performance of Japanese infection measure is very bad. Figuratively speaking to family activity, spending huge ratio of income to infection measure than any other families/countries, not paying back existing debt, but we have seen no remarkable effect yet.

_112156817_optimised-spending_covid-nc
(Source:BBC News  )

Japan should have advantage as island country from an epidemiological point of view. So we should be enjoying successful infection effect as similar/close island country, Taiwan. I feel like we were ripped off. About 6,500 dead Japanese people by COVID19 cannot rest in peace with seeing the performance of Japan.

Thank you and you have a nice day, even if viewed from various angles.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

もしかしてコスパ最悪?!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

突然メールが届いたと思ったら、三年も前に利用してくれたゲストから、状況を心配しての連絡でした。海外の若者から気にかけてもらえるなんてうれしいですね。

そんなことがあって、彼女の国のことも気になり、グローバルでの感染状況を調べてみたら、自分の無知にショックを受け、同時に不安になりました。

なぜなら、、、

1.緊急事態宣言後、国内の感染状況が好転している報道に安心していましたが、それは特に日本の感染対策が良いからとかではなく、世界中で同じような感染動向なんだということがわかりました。

スクリーンショット 2021-02-09 0.37.33
グラフ1:感染者数=日本

スクリーンショット 2021-02-09 0.32.28
グラフ2:感染者数=世界
(出典:米 ジョンズ・ホプキンス大学の発表  )

2.政府は欧米と比べて感染状況・被害が低いことを強調しますが、東アジアでみると日本の感染抑え込みは自慢できる状況ではありません。あえていえば、黄色人種の国では最悪の状況です。

3.NHKも含め、日本のメディアが海外と日本との感染状況を対比しにくい方法で公表していることにも不信感を感じます。
(「世界の感染者数・死者数(累計/多い順)」のランクに日本を表示しないなど)(出典:NHK 新型コロナ データ一覧  )

結論として、日本政府・日本人が実施していることは他国と比較して特別良い結果を生んでいるわけではないようです。もしかしたら、一番非効率な感染対策国なのかもしれません。現在人の好きな表現でいうと「コスパの悪い」感染対策です。家計に置き換えると、すでに借金漬けなのにその借金も返さずに、稼ぎから他の誰よりも一番感染対策につぎ込んでいるのに効果は人並み以下。

_112156817_optimised-spending_covid-nc
(出典:BBC News  )

日本は、疫学的にも有利な同じ「島国」でご近所の「台湾」のような対策と効果を享受しているべき国なのに。なんかとても損している気分です。これでは6,500人にものぼる亡くなった人たちが浮かばれません。

それでは、どんな見方をしても素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )