祈り!/ Pray!

Japanese Title (邦題): 「祈り!」末尾に

 

Pray!

Good morning to the World and Kanmon!

As of AM11:02 yesterday, I had stopped cleaning this guesthouse, walk up to the foot of our lighthouse and pray toward south east, thinking various things.

kokurafire03

If atomic bomb had been dropped at the place which is not Nagasaki.
If U.S. could not complete the bomb that timing,

People of Nagasaki might be spending happier life in 1940s.
Whole people in Japan might be able to keep dreaming for winning.

The Imperial Army of Japan might be successful making less quality atomic bomb and attack somewhere else in the world with the bomb tied up to a KAMIKAZE plane .
They might be able to reverse the situation of the war.

Whole country crushing battle strategy might be executed in the mainland Japan.
All Japanese people in Asian countries might be able to fight with pride to the last.

Various idea will come up to our mind until the Memorial Defeated Day, Aug 15th.

Thank you and you have a world without nuclear weapon and peaceful future.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

祈り!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

昨日11時2分、ゲストハウス掃除を小休止して、灯台下で南西方向を向いて手を合わせました。手を合わせながら、色々なことを考えました。

kokurafire03

もし、長崎ではないところに原子爆弾が投下されていたとしたら、、、
そもそもアメリカで原子爆弾を完成することが出来なかったとしたら、、、

もしかしたら、長崎の市民はしあわせな1940年台を過ごせたかもしれません。全日本国民はもっと夢に酔いしれていられたかもしれません。

もしかしたら、日本軍が当時開発中だった「より質の悪い原子爆弾」を特攻機にくくり付けて、地球のどこか別の都市で炸裂させたかもしれません。戦況は逆転できたかもしれません。

もしかしたら、本土決戦で国民総玉砕作戦が実行されたのかもしれません。日本の進出先の全てのアジアの国々で、最期の一人まで誇りを持って戦えたのかもしれません。

長崎の日から、敗戦記念日まで、きっと色々な想いがめぐることでしょう。

それでは、どうぞ核兵器のない世界を、平和な未来を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

コメントを残す