懐かしい味は、ちょっと残念な味!/ The taste of my good old days is gone Forever!

Japanese Title (邦題): 「懐かしい味は、ちょっと残念な味!」末尾に

 

The taste of my good old days is gone Forever!

Good morning to the World and Kanmon!

On the way back from Media Dome Kitakyushu, I visited one Ramen shop, I have been interested for a while.

The name of the shop is well known to my old friend who lived in same
town. And its taste was stamped on our mind.

ramen01

The shop in my home town was known to those in the know. However it was closed a few years ago and its taste is now legend among our friends. I have heard that there are shops with same name owned by the relatives of owner of original shop. But I’ve never been there, because the location is not so convenient.

The shop was located a little far from central area of the town. I went into the shop with my heart filled with expectation. Because the smell from the shop was quite nostalgic, but too strong odor for the people from outside of Fukuoka, who as never been accustomed to it.

ramen02

The taste reminded me of the original one, but it could not make me satisfied.

For example, it is like Burger King and MacDonald.
It is surely the taste of franchised hamburger, but not the same taste I wanted to have.
(Even though reunion with the special spice, sliced garlic picked in honey sauce, that I’ve never seen in other shops, made me very happy.)

ramen03

It seems that there is one more shop in this city which their relatives own. I will challenge to taste it, looking for the original taste.

Thank you and you have a unique but wonderful day like the unique taste of original shop.

from Yassan,
Manager of a Little Guesthouse under a Little Lighthouse TOUKA
( http://touka-kanmon.com )

 

懐かしい味は、ちょっと残念な味!

世界中に朝が、そして関門にもあさが来ました。
おはようございます。

北九州メディアドームからの帰り、以前から気になっていたラーメン屋に立ち寄ってみました。

そのお店の名前は、故郷「大里地区」の同世代なら、心に刻まれている名前、そして味だと思います。

ramen01

学生時代に通った本家本元のお店は、知る人ぞ知る有名店。ずいぶん前に閉店してしまい、昔からの友人の間ではもう食べることの出来ない味として、今や「レジェンド」化しています。親族の方が経営するお店が市内にあるということは知っていましたが、それほど便利な場所ではないこともあり、これまで行けていませんでした。

そのお店は賑やかな街の中心から少し離れたところにありました。近づくにつれつよくなるあの懐かしい、県外のよそ者には間違いなくきついであろう匂いを嗅ぎながら、期待いっぱいに店内に入りました。

ramen02

で、その味は?と言うと、、、

なんとなく懐かしさはありながら、正直いうと残念な感じ。

例えていうなら、そこには吉野家の牛丼とすき家の牛丼の差。
確かに求めていた牛丼には間違いないんだけれど、なんか違う、そんな感じ。
(他のどのお店でも見たことのない薬味、にんにくのはちみつ漬けはあの頃の記憶がよみがえるうれしいオプションでした。)

ramen03

聞くところでは、市内にはもう一店親族の方の経営するお店があるそうなので、いつかそちらにもチャレンジしようと考えています。

それでは、どうぞ(今は幻となった本店の一杯のように)クセはあるけど絶妙に素敵な一日を!

灯台下のちいさいゲストハウス「灯火」宿主 やっさん より
( http://touka-kanmon.com )

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ新しい旅探しへ

コメントを残す